沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 最強の家系図で蘇った ご先祖様

<<   作成日時 : 2011/10/11 22:35   >>

トラックバック 1 / コメント 2

画像



 第二尚王統 王国時代に 士族に義務付けられていた 「家譜」

 沖縄県立博物館で、展示資料である家譜を 写真に撮ることが出来る・・という、 とてもラッキーな機会に遭遇です。


画像



 以下、展示のキャプションから〜

 ハワイ大学所有の 『毛姓(もうせい)家譜』  

 ハワイに移民した、唐名(カラナー)を 「毛」 と名乗った内間家に伝わる家系図です。
 この家系図は、沖縄戦を生き残り、戦後、ハワイに渡りました。
 写しは那覇市歴史博物館にあるものの、原本の所在は不明になっていました。
 内間家七世の 内間親方 安僓(あんたい)の次男である 八世 安繁(あんはん)から枝分かれした家系図です。


 更に、同じくハワイ大学所有の、 『宝永七年寅十一月十八日琉球中山王両使者登城行列』

 1710年の琉球使節の様子を描いた行列図で、その中に描かれている楽童子(がくどうじ)の 内間里之子 が、七世 安僓 であることが、家譜の修復に伴う文献調査で判りました。





 私のような初心者には、家譜は読み解けるものではなく、 歴史のイメージを簡単に作り上げられないものですが、このくっきりと描かれた姿には、なるほど ピンっときます。


 楽童子は 踊りや演奏を受け持つ男性で 皆、女性のようななりをしていたそうです。
 今でいう歌舞伎役者でしょうか。

 内間里之子 殿、よく見れば、ちょっと色黒です、、

 

 何百年経た後も こうしてご先祖様がくっきりすっきり目の前に現れるなんて、やっぱり 『家譜』 最強です。 



 ※ 『琉球初心者マーク 最強の家系図 「家譜」 』 に関連記事があります。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
琉球初心者マーク 〜 誇り高き文化外交  江戸上り 〜
 ため息モノのドキュメンタリー映画を観ました・・・ 『 よみがえる琉球芸能 江戸上り 』 ...続きを見る
沖縄〜 パライバブルーな季節風
2013/02/02 22:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。テンペストのロケ地をご紹介くださってありがとうございました。この夏、ドラマと小説にダブルではまって、まだはまっています。
真栄田岬にはぜひ行ってみたいです。あの海の色はぐっときますねえ。これまで「冬のソナタ」にはまっておられるお姉さま方を、少し揶揄してみていたのですが、土下座をしてお詫びしなくてはなりません。これを機に、琉球文化にどっぷり漬かりそうです。ブログを楽しみにしています。
ままりん
2011/10/14 22:08
ままりんさん、コメントを有難うございました。
テンペストによく登場したあの眺めのいい石垣は、真栄田岬展望台から右側に伸びる遊歩道を進むとあるそうです。私も是非行ってみたいです。
パライバ
2011/10/15 12:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
最強の家系図で蘇った ご先祖様 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる