沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 「港川人」 はどこから来たの?

<<   作成日時 : 2012/12/23 17:11   >>

トラックバック 1 / コメント 0

画像


 1万8000年前の人類 「港川人」 は いったいどこからこの沖縄にやってきたのか・・・
 クリスマスを前にして、 壮大なロマンのお話を聴く機会がありました。


 「港川人が語る東アジアの人類史」 と 題して、国立科学博物館の研究員が、港川人 をめぐる最新の話題をいろんな角度からお話し下さいました。



 古い人骨化石をイメージすると 北京原人やジャワ原人を思い浮かべますが、 港川人 は原人ではなく 私達現代人と同じ ホモサピエンス なんだそうです。

 化石を見比べたら一目瞭然!  原人は額が狭く、後頭部は長く、眉部分の骨が グッとせり出しています。



 北京原人の復元はこんな


画像




 港川人はこんな人、フツーに現代人です。 (あえて東洋人顔に復元してます)


画像



 私達の祖先はホモサピエンスというのですが、じゃ、原人はどこに流れていったの?絶滅したの?

 勇気を出して 質問すればよかったなぁ・・・




 ホモサピエンスは およそ5〜6万年前、アフリカから拡散と進化を始めます。

 4〜5万年前には ユーラシア大陸へ・・・

 およそ4万年前に 南東アジアに・・・
 海を渡ってオーストラリアへ・・・  この拡散は アボリジニへと繋がります。

 1万5000年前には アラスカからアメリカ大陸に渡っていきます。



 原人の分布は熱帯付近だけなのに、ホモサピエンスはなぜ世界中に拡がっていくことが出来たのでしょう。

 それは独特の創造性を持つ人類だったからだそうです。


 ホモサピエンスは洞窟に壁画を残し、わなも仕掛けることが出来た・・・
 その創造性で 寒さを克服して アラスカからアメリカ大陸に渡り、 又、航海技術を持って 海を越えることが出来ました。




 沖縄で発見された 港川人は現時点では 旧石器時代に アジア南東部から海を渡って琉球列島に来たと考えられています。

 港川人は、どこから来て、どこに渡っていったのか、日本列島に渡って縄文人になったのか・・・

 まだまだ謎の解明が続いています。


 そんな謎を、最新の解明で 膨らませたのが このお顔です。


画像


 この方も 港川人・・・  アジア南東部から渡ってきたと想定したら アボリジニ系のお顔立ちもありえます。

 同じ骨格を持っても、肉付けでこうも違ってくるのにはビックリ


 私の頭は 又、謎だらけになって、ロマンとミラクルが止まりません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「港川人」 新バージョン
 自然を相手の生活は 苦労も多いのか、深いシワを刻んで 表情は ちょっと険しい・・・  それまでの 大陸系の柔和なお顔立ちと 180度違う・・・ ...続きを見る
沖縄〜 パライバブルーな季節風
2014/02/26 23:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「港川人」 はどこから来たの? 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる