沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 女で溢れかえった 「アジアをつなぐ− 境界を生きる女たち」展

<<   作成日時 : 2013/01/04 11:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


 画像の現代アートの作品は 「 PinkRoom 」
 ピンクは女の怒りや愛、美しさの裏には不安定もある
 ビー玉の床はきらびやかだが 誰もそこに立つことはできない
 椅子は私の体、女性としての誇りを持ち 欲望や希望もある
 鉄の爪は強さと不安定・・・


         (地方紙 文化面に掲載された解説から)


 作家は韓国を拠点に活動している女性アーティスト  ユン・ソクナムさん
 家父長制の根付く韓国社会で 「 女の人生 」 をテーマに制作を続けている




 沖縄県立美術館では、久し振りの現代アートが展開されていました。

 『アジアをつなぐ− 境界を生きる女たち1984〜2012』


 アジア諸国の社会的背景を見据えて、アジアの女性アーティスト 其々の立場から表現した作品
 ほとんどの作品が 映像やインスタレーションです。

 難解といわれる現代アートだけど、ひとつひとつの作品は 作家の背景や内面をストレートに表現しているようです。

 観る私が、其々の国の社会性や歴史・文化、女性の立場を知ることで、観方がもっと 広く深くなっていくのでしょう。



 個人的には 後味のいい作品や 展覧会が観たいのです。
 深層に、暗く重いものが澱んでいるような作品が多かった この展覧会は、私には後味は良くなかったけれど 気づきがありました


 
 何もなければ、何てことない真っ白なキューブの空間。
 絵画の展覧会なら 作品の羅列の展示が中心になるけれど・・  ( そんな展覧会をこの会場でも 多く観てきました )

 現代アートとなれば キュレーターと作家の力で、同じ四角い空間 にまったくの異空間を創り上げる・・・
 現代アートの面白さでもあるのでしょう・・・


 少し解りかけた 現代アートの目の付け所と面白さ・・・
 その発見はうれしいものでした。

 これって後味いいってことなのかしらん・・・


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女で溢れかえった 「アジアをつなぐ− 境界を生きる女たち」展 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる