沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 「目からウロコの大生き物展」 ヤマネコ話 (1)

<<   作成日時 : 2013/08/24 22:28   >>

トラックバック 1 / コメント 2

画像


 こちら、 イリオモテヤマネコ

 沖縄八重山諸島 西表島、 ベンガルヤマネコの西表固有亜種。
 小鳥やネズミだけでなく、昆虫やカエル、カニなど多様な食物を食べ、食糧資源の限られた島での生活に適応したと考えられる。
 絶滅が心配されているが、交通事故死が なかなか減らない。
                         
                                  (キャプションから)



画像


 こちら、 ツシマヤマネコ

 長崎県 対馬に分布、 南アジアから東アジア分布するベンガルヤマネコの対馬固有亜種。
 かつては食用にされていたが、近年は環境の悪化や交通事故により 固有種が減少し絶滅が心配されている。

                                  (キャプションから)



 日本に生息する 「ヤマネコ」 と 呼ばれるのは この2種だけ ということで、 沖縄県立博物館で開催中の 『 目からウロコの大生き物展!〜生物多様性ホットスポットJAPAN 』 では、この珍しいヤマネコを 揃えて展示していて、 しかも撮影OKなんて〜♪




 展覧会のキャッチフレーズは 『 は? 生物多様性!? 』
 確かに! なんのこと?

 地球上に存在する すべての生命そのもの をいうんですって! もちろん人間も仲間!



画像



 日本が、 更に琉球列島が、 地球上での生物多様性のホットスポットとして高い位置にあることと、 自然からの恩恵や、維持していくことの重要性を 改めて知る機会の展覧会。


 沖縄では見ることのないヒグマが迎えてくれたり、本物の毛皮を着て クマに成りきれたり・・・
 地球上での 最初の生命誕生から、絶滅危惧種の希少な生き物から見えてくる、未来を見据えた展示まで・・・

 地球の未来を担う子供たちに 見て、知って、楽しんでもらえる会場内は子供達の熱気もいっぱいでした。



 そしてこちら、那覇市に生息する、貴重な、大切な 我が家の こうこ


画像


 ビビりやで我儘、果てしない好奇心は 今現在、家の中に出没するヤモリに向けられていて、夜ともなれば野生が目覚めるのか、ひたすら天井を見上げては 遠い祖先のDNAを呼び起こす毎日。

 そうそう、大生き物展 では、ヤモリの 目からウロコな情報も紹介されてました・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イリオモテヤマネコの住む島
 ジャングルを流れる河辺で、いきなり 川面に頭を突っ込んで、なんと潜って、一瞬で魚を捕えた イリオモテヤマネコ。  闇の中で撮られた映像でも はっきりと生態がみてとれて 思わず見入ってしまいました。  NHKBSプレミアムで紹介された 南西諸島の自然の一コマです。 ...続きを見る
沖縄〜 パライバブルーな季節風
2015/08/18 07:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。北海道在住です。ヤマネコって絶滅の危機にさらされているんですね。ヤマネコと言っても、『イリオモテヤマネコ』と『ツシマヤマネコ』は全然違うんですね。可愛いな〜っと思って見ていたら、最後のネコさんは更に可愛いかったです! 
ぬえ
2013/09/22 11:17
ぬえさん
初めまして、コメントをありがとうございます。
北海道にお住まいなんですね♪
大生き物展では、熊の剥製や本物の熊の毛皮を羽織れるコーナーが盛り上がってました。 沖縄では、真逆の環境にいる北海道がなにかと大人気ですよ。
最後の家猫は超貴重です(笑)
パライバ
2013/09/23 08:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
「目からウロコの大生き物展」 ヤマネコ話 (1) 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる