沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦前の沖縄にタイムスリップ

<<   作成日時 : 2013/09/20 22:57   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 古い古い モノクロの写真を見るとき、 胸の奥がホッコリ温かくなって、感情がじわじわと胸を突き上げてきて・・・ 気づけば、写されたその場所に 必死に何かを探している自分がいます。
 リアルタイムで見ているはずもない場所なのに・・・


 ノスタルジーを誘う写真で、戦前の沖縄を紹介する展覧会を観ました。

 『戦前の沖縄観光 〜ディスカバー・オキナワ〜』



 数種類の絵葉書が展示されていました。

 沖縄らしさで括られた絵葉書には、亀甲墓や がじゅまるの木、琉装の女性など・・・
 沖縄の観光地を紹介する絵葉書には、首里城や守礼門、金城町の石畳など・・・

 今も昔も、沖縄を象徴するものに変わりはないようです。



画像


 この 『 首里城 』  廃藩置県の後、元王族 は貴族となって 東京に住まい、主を失った首里城は、なんと 沖縄神社として、正殿はその拝殿としてしめ縄が掛けられていました。


 

 龍潭池の側にあった、歴代の世子が住まった 『 中城御殿 』 の写真もみられました。
 重厚な石塀の向こうに赤瓦の瓦の波が見えています。

画像




 今 現在は、境内に池と階段を残すだけの、王家の菩提寺 『 円覚寺 』

画像

 これらの史跡には 建造物の復元計画も耳にしますが、現実になるならうれしいことです。





 『 波上宮 』

画像



 『 識名園 』

画像



 しばしの時間、モノクロの古い沖縄が 静かに語りかけてくる世界に入り込んでいました。


 「那覇市歴史博物館」 を 一歩出たら、、  そこは9月中旬、まだまだ真夏の日差しが照りつける 喧噪の駅前です。


画像

              ※ モノクロ画像はすべて展覧会のチラシから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
近かったら見に行くのに・・・
中城御殿は再建されるようなことを聞きました。
あの敷地がずっと空いたままなので、本当に再建されることを願っています☆
桜井夏風。
2013/09/20 23:03
中城御殿は復元されて、国宝の尚家関連資料を展示するなどの計画もあるそうです。
何年か後、首里城の周辺はずいぶん変わっているかもしれないですね。
パライバ
2013/09/21 07:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦前の沖縄にタイムスリップ 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる