沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS ぜいたくな、首里城 「中秋の宴」

<<   作成日時 : 2013/09/22 23:38   >>

トラックバック 1 / コメント 2

 大陸に向かっているはずの台風19号が、不安定な天候と強風を いつまでも沖縄本島に届けてきます。
 雨のぱらつく夕暮れ、空を見上げて悩んだ末に 一念発起して 重い腰をあげて出掛けた先は・・・ 首里城です。


画像



 毎年、中秋の名月を愛でながら古典芸能を楽しむ 「中秋の宴」 が催されるのです。  
 それが、なんと無料で観覧できるのです。

 しかも、会場は 通常なら有料エリアの 首里城 御庭(ウナー)・・・
 しかも しかも、出演者は第一線で活躍されている・・・  なんと、人間国宝の方々も その至高の芸を披露して下さるのです。




 会場内は人で埋め尽くされていました。
 私は はじっこから 立ち見で・・・


 宴は 琉球古典舞踊から始まりました。

 今回、初めて拝見したのが 『 醜童 (しゅんどう)』


画像


 美女二人と醜女二人が絡む舞踊が新鮮で、仕草が愉快で ついつい笑顔になってしまいます。

 ちょいとブスだけど 愛嬌のある二人が、とりすました美女を ちょっぴり妬んで、からかって笑わしてやろうとしているように見えたのですが・・・ 




 歌三線の人間国宝、城間徳太郎さん、照喜名朝一さん、西江喜春さんの演奏・・・
 其々の持ち味を聴かせてくれます。

 御庭から見上げる四角い空を流れていく 雲にのって どこまでも遠く響いていくようでした。




 本日の演目、いちばんの目玉・・・   
 歌三線の 照喜名朝一さんと西江喜春さん、琉球舞踊の宮城能鳳さん  

 人間国宝、御三方が紡ぐ古典の世界・・・  琉球古典舞踊 『 瓦屋 (からやー)』  

 月見を題材にした 舞踊だそうです。


 この日 21日は、強めの風が吹いていました。
 宮城能鳳さんが羽織った、美しい紅型の打掛が風に舞うのです。

 古典芸能にかなり疎い私も ため息しかでません・・・  見入ってしまいました。



画像



 その昔、王国の時代、中国からの冊封使 を七つの宴で歓待したそうです。

 その宴のひとつ、「中秋の宴」 を再現して 琉球を、歴史を、古典芸能を身近に感じさせてくれました。

 ときどき、御庭の空に目をやって、冊封使の気分に浸ってみました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
首里城、黄金御殿 姿現す 3月にも完成
世界文化遺産に登録されている首里城で、国王の寝室などがあった黄金御殿など4施設の復元作業が大詰めを迎えている。全部で4万5千枚にもなる瓦を敷き詰める作業が2日、上空から確認できた。新築の施設は早ければ2014年3月までに完成する予定だ。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2013/10/05 21:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
思えば沖縄には何度となく行っていますが、
夏の沖縄しかほとんど知りません。
夏以外の沖縄の風物も見てみたいものです。
それにしても無料とはすごいですね。
桜井夏風。
2013/09/23 12:22
秋の首里城周辺はイベントの目白押しで、二日間にわたる「中秋の宴」や、このイベントで選出された、今年の国王と王妃が主役で登場する「首里城祭」もあります。
琉球に浸れる機会なんですよ♪
大規模な産業物産展も催されて、夏のリゾート色とは一味違う沖縄が楽しめます。 是非、又、秋にも・・
パライバ
2013/09/24 13:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぜいたくな、首里城 「中秋の宴」  沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる