沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS はくぶつかんのお庭

<<   作成日時 : 2014/11/05 07:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


 この民家の中で、 たしか・・ お庭に植えられている苧麻(チョマ)から 繊維を取り出し、糸を紡いで、その糸で布を織る と いう工程を体験する ワークショップが行われていました。
 機会があれば、次は是非 参加したい と 思っていることのひとつです。

 そんな 催しなどにも 利用されたり、縁側に腰掛けて ホッっと 息抜きもできる古民家も、博物館のお庭には建っています。


画像



 よくよく見れば、お庭には 面白い資料がたくさん 展示されていました。





画像


 代々の世子の住居であり、琉球処分後は 元王族が住まった 中城御殿(なかぐすく うどぅん) の庭におかれていた灯籠。
 沖縄戦を経て ここに立っています。

 中城御殿は 首里城近く、龍潭池のほとりにあって、今現在は 外壁を残すだけとなりましたが、復元の計画もあるようです。






 まるで 現在アートの彫刻のような でっかいシーサーは、1975年、沖縄国際海洋博覧会の 沖縄パビリオンの正面で 来館者を迎えていました。


画像



画像






 とある、由緒ある御殿から でた 灯籠。
 可愛いバランスに 愛着を感じてしまいます。

画像






画像


 なんとも 味わいある 愛くるしいシーサー。

 どうやら 屋根には上がらなさそうな姿、 こんなシーサーが玄関に坐っていたら 「ワンッ」 って 言ってやりたくなるな〜
 出処の表記はなかったです。




 ほかにも いろいろ・・・  大切な資料が さりげな〜く 置かれている芝生の上、 ゆるりと巡れば 愉快な気分になれる 沖縄県立博物館のお庭です。


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はくぶつかんのお庭 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる