沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 忘れたくない言葉 ターシャ・テューダー

<<   作成日時 : 2015/07/25 11:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像




 花ガラを摘みながら、 土を掘り起こしながら、 お茶を飲みながら、 絵を描きながら・・・
 ターシャ・テューダーは いつも低い声でゆっくりと、とつとつとした口調で語っていました。
 その 心地いい口調が語る、まるで 紡いでいるような言葉も また、胸にストンと落ちてくるのです。



 そんな ターシャの言葉をまとめた本 
 『ターシャ・テューダーの言葉 生きていることを楽しんで』




画像



 先日の ≪ターシャ・テューダー展≫ で もとめました。

 計4冊 刊行されているシリーズのうち、 ターシャの住んだ 「コーギコテージ」 の 輝いているような光景の写真と、ターシャの描いた挿絵が ふんだんに含まれていた特別編です。





 言葉、 少し 拾ってみますね・・・



 バーモントの冬は厳しく長いので、忍耐が必要です。
 でも、この忍耐の先には、いっせいに花開く輝きの季節が待っているの。
 冬の間、私はいつもそのことを考えているわ。
 辛い時こそ、想像力を枯らさないで。




画像





 いつまでも若くいたいという気持ちも、わからなくはないけれど、
 わたしは、いくつに見られようと気にしたことはありません。
 年齢とともに体が変化するのは当たり前。
 時計の針を戻そうとするのではなく、
 変化した自分を受け入れてしまえばいいのではないかしら。





 近しい人の死や、かわいがっていたペットの死は、
 これきりもう会えないのだと思うと、
 生前のことがいろいろと思い出され、悲しみにくれました。
 でも、この世は生きている人のものだと、気づいたのです。
 生きている人に必要とされている自分、
 その人達なしでは生きられない自分に。





 生きていれば、落ち込むときもあります。
 状況を好転できると思ったら、ぜひ努力すべきです。
 でも、変えられないなら、
 それを受け入れて歩み続けるしかありません。
 何があっても「生きていることを楽しもう」という気持ちを忘れないで。

     ・
     ・
     ・


 ねっ、、、 ほんの 一部。


 この先も ずっと忘れたくない人の 忘れたくない言葉です。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
忘れたくない言葉 ターシャ・テューダー 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる