沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夜中に 見知らぬ猫がベッドにいたら・・

<<   作成日時 : 2015/07/30 22:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像



 これ、ほんとの話・・・
 現在のマンションに引っ越した当日の夜のこと、 思い出しました。



 引っ越しを終えた当夜、私たちは ド疲れで 爆睡していたはずです。



 真夜中、何時のことだったか・・・ チリンチリンと 可愛い音が かすかに聞こえてきます。

 意識の半分は夢の中で 眼は開けられないまま・・・ 




 お父さんが 携帯をさわっているの?
 んっ?  お父さんの携帯に 鈴なんか付いてないよ〜



 しばらく 遠くに チリンチリンを聞きながら 重たい眼をあけましたら・・・




 うへっ??   猫?  猫?   ネコーッ?




 一瞬、 ゆるい寒気は走りました。


 その当時、 生まれてこの方 夫婦ともに 猫との縁はまったくなく、興味の対象にもならない存在でした。

 その猫が、見たこともない猫が、 掛布団に乗っかって 私のすぐ脇にいるのです。
 まったりと いるわけです。




 「お父さん・・ 猫や・・」

 猫を脅かさないように、不思議と冷静に、小さな声で 連れ合いを起こしました。



 その後が問題でした。

 初対面の手土産に ゴキブリを持ってきてくれていたのです。
 弱った ゴキブリが ベッドの上に・・・

 ありがとね、こんなりっぱなゴキブリ よく獲れたね、 でも・・ 

 なんなんだよ〜!!


 真夜中、どうやって あの でっかいゴキブリを排除したかは もう憶えていません。




 猫は朝まで 我が家で過ごしました。

 そのあと あまり気に掛けず また 眠ったことを思うと、猫への愛着が その頃すでに 私たちの内に生まれていたのかもしれません。



 猫には首輪がされており、飼い主の連絡先と ≪グレイ≫ と名前が書かれていました。
 白とグレーの ミックスの雄猫でした。

 人懐っこい 可愛い猫で、 家に 猫が居ることが新鮮に思えたものです。


 飼い主に電話を入れたら すぐに 引き取りにみえました。
 同じマンションの住人でした。


 網戸を開けるのが得意で すぐに脱走して困っているとのこと。
 そういえば 我が家にも 少し開いてた網戸から侵入した模様・・・

 グレイが元気過ぎて、一緒に飼っている もう一匹の猫と 犬が ストレスを感じているとか・・

 そして ひとこと・・・ 「よかったら グレイを飼いませんか?」

 どうやら 私は、よっぽど愛おしそうに グレイを抱えていたようです。



 その時は 丁重にお断りしましたが、そのあとも グレイはときどき 家を脱走しては 我が家を訪ねてきました。

 素性も知れて、安心して グレイを眺めました。
 (写真も撮ったんだけどな、 どこにいったのかな。。)

 ベランダにすわる姿を 見掛けるのも楽しみなものでした。

 その足も 遠のいて、 「最近、グレイ こないね〜」 と 淋しかったり 気になったり・・・ 




画像



 それから 数年後、 みるこ が来て、 こうこ が育って、まる が来ました。

 初めて この小さき仔達との縁をつないでくれたのは、、 久し振りに、思い出しました、 イケメンの グレイ君でした。
 今でも 元気で 走り回っているかしらん・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
びっくりな事件でしたね〜
猫好きのきっかけを与えてくれたグレイちゃんに
感謝です^^
タフィー104
2015/07/31 06:47
 今 思い出しても、ウソみたいに思えるほどです。
 猫を身近に感じたきっかけは、よく考えれば、ありえへん出来事でした(笑)
パライバ
2015/07/31 09:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
真夜中に 見知らぬ猫がベッドにいたら・・ 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる