沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都国立博物館 ≪平成知新館≫

<<   作成日時 : 2015/07/14 17:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 重要文化財でもある 京都国立博物館 本館 【明治古都館】 の存在感と バランスがとれる 現代的な建物って どんなだろう・・・



画像




 スタイリッシュでした・・・ だけど 落ち着きのある外観は 古都の風情にマッチして、 不思議と お隣に建つ 威風堂々の明治の建築物と 呼応しているように見えます。




画像



画像




 昨年9月に新たに開館した、所蔵資料の展示のための 【平成知新館】 を ようやく 訪れました。



画像




 はやる気持ちを抑えながら ゆっくり館内に入りました。

 あまり 時間はないのだけれど、せめて 心にゆとりを持って巡りたい・・ 
 



 見通しのいいエントランスと 高い吹き抜けが爽快です、 でも シックな色合いのインテリアが 気持ちを鎮めてくれます。



画像





 1階の 「彫刻」 展示室へ・・・  しばらくは 目を凝らさないと 足元も見にくいほどの 暗いフロアです。

 中央の 須弥壇を表現したような台座には、巨大な釈迦如来坐像が 浮かび上がるように 展示されていました。

 主に 仏教彫刻を紹介する、 天井が高く 広々した 彫刻フロアは、大規模な寺院の 本堂にいるかのような錯覚を憶えました。




 細かく分類された文化財は、各分野の 展示室で鎮まります。


 それらの展示室を連結する 通路と階段もゆったり、 まるで、移動しながら 気持ちをリセットできるみたいに・・・

 



画像



 3Fの 「陶磁」 展示室で見た ≪加彩婦女傭(かさいふじょよう)≫ の姿が印象に残っています。


 8世紀、唐時代の中国で作られた やきもの製の人形で、貴人の墳墓に 副葬されたものとか。

 子犬を抱いて立つ姿さえ 気品にあふれています。
 360度、どこから見ても しなやかな 美しいバランスで立っていました。


 『所蔵品図録』 によると  〜唐時代の最盛期の 玄宗皇帝が寵愛した 楊貴妃も豊満な美人であったことから、ふくよかな体型は 唐時代の美人観を反映しているよう〜





画像



 庭園と建物を融和するかのような 人口池越しに 明治古都館が望めます。


 時間が許されるなら 終日 ここにいたいと思ったほど しっくり馴染んでしまいましたが、展示資料を ゆっくり見つめることは出来ませんでした。

 今度は いつ 来られるかな・・・ 待つ楽しみが たくさんあるほど 人生は 愉快に決まっています。




 
 
 

 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都国立博物館 ≪平成知新館≫ 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる