沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 永遠の マーガレット

<<   作成日時 : 2015/10/11 19:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 創刊号の表紙です。
 マーガレットの花が たくさん載っていたと 記憶していました。
 50円だったんですね、、 低学年の小学生には 毎週 買えるはずもなく、近所の 大きいお姉ちゃんが読んだあとに 廻してもらっていたのを思い出しました。

 見せてもらう立場なのに、手にする瞬間まで 何も手につかないほど 待ちきれなかったのを しっかり憶えています。


画像



 浦添市美術館 マーガレットの創刊50年記念 『わたしのマーガレット展』



画像



              わたなべまさこ ≪ガラスの城≫
              水野英子 ≪白いトロイカ≫
              西谷祥子 ≪レモンとサクランボ≫
              木内千鶴子 ≪白い雪のように≫  
                      ・
                      ・
                      ・

 懐かしい、、、  作家の 代表作品の原画の一部が 展示室に並びます。
 色彩が きれいに残っていて、ストーリーも紹介されているので、記憶が 鮮やかに蘇ります。


 ≪ベルサイユのばら≫ に繋がる スケールの大きな作品も、この時代にすでに 生まれていたと思えば、先達の偉大さが よく分かります。




 ところで 私は、花びらの先がギザギザの 小さな赤い花は 悉く キライです。

 〜入院のお見舞いに届いた 赤い花が、小さなヘビの頭に変わって うごめき 襲いかかってくる〜
 こんな件があった 古賀新一 の作品が、いまだに トラウマになっているようです。

 リアルに描かれたヘビや蜘蛛が えげつないほど 出てくる 原画を見てしまって、、 やっぱり 今 見ても 怖かった〜




画像



 そうして、 くらもちふさこ・槇村さとる・池田理代子・一条ゆかり・大島弓子・・  そう、紡木たく。

 魅力的な作品が 綺羅 星の如く 次々に 発表された時代。
 今も 眩い作品の 原画に取り囲まれて 幸せのひととき・・・



画像






画像

              ≪等身大のオスカルとアンドレ≫
        ストーリーのクライマックスに、確か こんなシーンが


 この先、どれだけの時が過ぎても ≪ベルサイユのばら≫ は 永遠でしょう。




画像


 帰宅して、思わず 手元のコミックを引っ張り出しました。
 タイミングで購入したものですが、今や 宝物となった 『 好きな漫画 』 です。


画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
永遠の マーガレット 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる