沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 結核のこと知ってください (1)

<<   作成日時 : 2015/11/09 20:32   >>

トラックバック 0 / コメント 4


 「排菌が確認されたので 入院していただきます。」
 「えっ、入院ですか? 今? すぐに?」
 「そうです、今 すぐに! 2か月かかると思って下さい。」


 診断は 肺結核。
 いきなり耳にすると 「うそ 今どき?」 って 普通は思ってしまいます。



 毎年 健康診断を受けて、成人病の数値に気を配り、 それなりに 体力や筋力を保つ努力をしていたつもりでした。
 こんな自分に まさか 結核が 寄り添ってきていたとは・・・



 この頃 微熱のある日が多くなって 疲れやすくなっていました。 以前にはなかったことなので 外来を受診して 肺のレントゲンと喀痰の検査をしたところ、速やかに専門病院への転院を促され、その日のうちに入院となったのでした。


 平均的な入院期間は2か月! 咳もなく痰が絡むということもなかっただけに まさに青天の霹靂です。



画像



 家族と 周りにいて下さる方々に理解をしていただき 甘えさせていただく、そして 甘えさせて頂いたことを忘れない・・ 必要な所に電話やメールを入れつつ そんなふうに 頭を ≪入院≫ に切り替えていきました。



 いちばん辛かったのは 私の周りにいた方々に 感染させていないかということでした。

 どんなに悩んで気に掛けたところで どうすることも出来ず、出来ることは 感染させていませんようにと ひたすら祈ることだけです。

 その日のうちに 病室に 担当保健師さんが訪ねてくれました。


 これからは 医療と保健所と患者が 連携をとりながら、気掛かりの解決と 完治を目指します。

           ・
           ・
           ・

 入院生活は 患者自身が 結核という病気を理解し、投薬の必要性を 一から教わる生活でもありました。

 その指導は 結核という病気に不可欠な 治療の一環でした。

 しぶとい結核菌に立ち向かうのには、患者自身が意識して自覚することが いちばん重要なことでした。



 結核は、けっして ≪過去の病気≫ではなく、結核菌に至っては あちらこちらに存在し、気が付かないうちに感染しているということも 大いにあるということでした、私がそうだったように・・・  (2)につづく




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
読みました。 人生何が起こるか予想もつきません。
私も覚悟して生きます。「せいてんの霹靂」今日まで
”晴天”とばかり思ってました。一つ賢くなりました。
マッコウ
2015/11/10 10:31
マッコウさん
 ほんとうに生きていると思いがけないことがあるものです、この度は実感しました。
 健康のありがたさや、人の体は正直で繊細だってこともあらためて実感しましたよ。
パライバ
2015/11/10 16:59
ブログ再開ですね。
待っていました!

今は充電の時と思い、ゆっくりされてください。
待ってますよ〜。
あい
2015/11/10 18:56
あいさん、心配をお掛けしました。
私も 知ってるつもりで よく知らなかった結核のこと、ブログを利用して少しでも理解していただきたいと思い立ちました。
充電しながらボチボチとね(^_-)
パライバ
2015/11/11 10:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
結核のこと知ってください (1) 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる