沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS むか〜し むかし 久高島はね、、

<<   作成日時 : 2016/09/30 10:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0


 むか〜し むかし 久高島はね、、
 まるで そんな語り口で 引き込まれるように過ごした 小さな展覧会 『 未来への羅針盤 山崎紀和作品展 』
 明るい陽が差す 桜坂劇場の 2Fの雑貨屋 ≪ふくら舎 ≫ には 思いがけなく 小さなギャラリーが誕生していて、自然と足が向いてしまって、 しばらく その なんとも言葉で言い表せない 、、  うんっ! 小宇宙のような世界に 浸ってしまいました。


画像

 ≪ うるわしき久高島 ≫



 2010年に 久高島に移り住んで、 島の風景や、地元のおじいちゃんやおばあちゃんから聴く 昭和の始めや、 戦前の久高島を 絵にしたためています。
 その 制作の経過報告の作品展だとか、、


 聞き語りを メモや スケッチに起こした絵も 資料展示されていて、戦前の 平和で穏やかな時代の思い出を コツコツと 丁寧に聴きためてこられた様子がうかがえます。



画像



 写真も残っていない かつての久高島。
 おじいちゃん おばあちゃんの思い出が 未来へ引き継ぎます。


 おじいちゃん おばあちゃん達は子供でした。

 赤瓦の小学校の先生は二人でした。
 大木に ブランコをいくつも括り付けて 皆で 遊んだこと、
 サバニから手を伸ばせば、サンゴに届きそうなくらい 海が澄みきっていたこと、、


 まだ着物姿の時代、 元気いっぱいの島の子供たちには 毎日 楽しいことが いっぱいありすぎて、うれしすぎて、そのうれしさが 余って 画面から溢れてきてるみたいな絵が並びます。



画像


 月夜の浜辺に、みなで ゴザを持ち出して、満天の星と月光に包まれて 浜辺で寝たこと、、
 浜の 磯辺では 島のおばぁが イラブー(うみへび)を 捕っていたって、、

 その絵は 画像の右端に 少し写り込んでいます (*_*; 
  気持ちいいー 仲間に入りたいーって、顔がほころんでしましました。



画像


 水彩やクレパスを使っているように お見受けしました、 なので、なおさら 素朴で じわりと 胸に染みてきます。
 優しい時間をいただきました、 また 拝見する機会はありそうで 楽しみにしています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
むか〜し むかし 久高島はね、、 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる