沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 「朝鮮・琉球航海記」に登場する 琉球人の真実

<<   作成日時 : 2016/10/21 15:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0


 さすが、博物館は楽しませてくれます、、 あの 『 朝鮮・琉球航海記 』 に登場する 素敵な琉球人 真栄平さんは 「 真栄平房昭 (ぼうしょう)」 さんと おっしゃいました。  真栄平さんと一緒に 英語の習得に務めた もう お一人は 「 安仁屋政輔 (せいほ)」 さんでした。
これ以降、琉球では ≪ 異国通事 ≫ とする 通訳の役職ができました。


画像



 那覇市歴史博物館 「 バジル・ホール来琉200周年記念 ウランダーがやってきた!」 展 では、その航海記を もひとつ掘り下げて、好奇心を満足させる歴史エピソードを紹介していました。

 ちなみに ≪ウランダー≫ とはオランダのことですが、 琉球ではこの時代、押し並べて 西欧人のことを ウランダー と呼んでいました。




 真栄平房昭 は 唐名を 「 柯世栄(か せいえい)」 

 1787年生れですから、イギリス艦隊の対応にあたったのは 29才の頃です。
 1813年 に 「 平等所(ひらじょ=警察・裁判所) 大屋子(うふやく)」 の役職に任命されています。

 航海記には、真栄平さんの人柄によって すべての交渉や交流が 柔らかく噛み合い、よい結果を もたらしたのではと 思えるほどの記録が綴られていました。
 本人は、こんなことになっているとは 知る由もないですね、、
 



 府政大夫 「 向邦輝 」 として艦船に赴き、友好的な交流を持ちながらも 琉球王への謁見を断念させる成果を残した この高官。


画像


 今帰仁按司 朝基(ちょうき) 唐名 「 向鴻基 (しょう こうき)」 琉球王族でした。
 国王への表敬訪問を うまく断るため、仮の役職で 対応にあたっていたのでした。


 10月25日 臨海寺で 別れの宴を催し、 27日、アルセスト号とライラ号は 那覇の港を出航します。
 このときの対策は その後の 異国船への対応マニュアルとなったそうです。



画像

 宴のあと イギリス人を見送る琉球人



 ところで、通事として 交渉にあたった もう一人 安仁屋政輔 は、その後も 異国通事として活躍し、後に 牧志朝忠 (ちょうちゅう) に 英語を教授しています。

 通事となった牧志朝忠は、頻繁にやって来る 西洋船との交渉能力を 薩摩藩に認められ、結びつきを深めています。  また、琉球に漂流した ジョン万次郎の取り調べや、ペリー艦隊との交渉も担当して、琉球史に名を遺す人物です。


画像

 『 ペリー日本遠征記 』 に載る 牧志朝忠



 そして、イギリス海軍大尉として ライラ号に乗りくみ 「 クリフォード君 」 として 航海記に登場し、真栄平さんとも 交流を持った H・J・クリフォードは、後に ベッテルハイムを 宣教師として 琉球に派遣しています。


 牧志朝忠と ベッテルハイムには 言語の学習による 交流が生まれています。

 
イギリスと琉球間には 年月を経ても 文化の交流が 脈々と続いていたんですね、、 このエピソードは楽しめました。



二人が 琉球史に登場して ペリー艦隊が琉球に寄港した時代が、 小説 「テンペスト」 の時代考証になっていました。
 そして 牧志朝忠は あの 「テンペスト」 の主人公 真鶴のモデルとされた人物でした。

 ドラマ 「テンペスト」  たしか、、 少女時代の真鶴が、護国寺に滞在する ベッテルハイムから 英語を教わるかのような シーンがありました。  
 この件り 100% フィクションですが、 史実に存在する二人は ドラマにも描かれていました。




画像


 そうそう、こちらの方は 「毛廷器(もう ていき)」
 地方官という 仮の役職で 艦船に赴き 偵察をしていますが、久米村士族の高官でした。

 ちなみに 二人の坊ちゃんのうち、水色の紅型を着た少年は、髪型で 元服前であることが わかるそうです。

 
 記録、報告書であるのに楽しめる 『 朝鮮・琉球航海記 』 を、凝縮して解りやすく紹介してくれた展覧会でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「朝鮮・琉球航海記」に登場する 琉球人の真実 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる