沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS SEKAI NO OWARI に 泣き歌みつけた

<<   作成日時 : 2018/01/09 20:07   >>

トラックバック 0 / コメント 2


 ♪ Hey Ho  2016年に発表された楽曲らしい、、 昨年 知った、、 この時間差に 世代と年齢の差を感じて ちょっと情けない、、


 ≪ SEKAI NO OWARI ≫ セカオワは 若い世代の琴線を刺激して 大人気のバンドだ。
 ファンタジックな楽曲や、ピエロの被り物のメンバーがいる不思議な世界観は 印象には残っていた、その程度だった。


画像


 ♪ Hey Ho   
 テンポあるメロディは 気分をポジティブに盛り上げてくれる、 リズムは マーチのようで足を軽やかに進ませる。

 このリズムにのせて 逞しく寄り添ってくれる歌詞に 心を鷲づかみにされてしまった。


 小さなモヤモヤが胸に巣くっていて めんどくさいことが続いていた頃があった。
 自分には出来るのか 分かりもしないのに 進まなくちゃいけないことがあった。



ぼろぼろの思い出とか
ばらばらに壊れた気持ちも
大事にしたから大切になった
初めから大切なものなんてない

どこか遠い世界のことなど
どうでもいいやと呟いた
大事にしないと ああ、こんなにも
大切なものなんて無いんだなあ

嵐の海を渡っていく
世間は正義の雨を降らす
汚れた荷物、笑えるくらいゴミみたい
でも どうしようもなく 大切で

Hey Ho Stormy Seas

誰かからの SOS
ずっと耳を塞いできたこの僕に Whoa-oh

Hey Ho Stormy Seas
誰かからの Scream Of Silence
この嵐の中、船を出す勇気なんて僕にあるのかい

例えば君がテレビから流れてくる悲しいニュースを
見ても心が動かなくても
それは普通なことなんだと思う
誰かを助けることは義務じゃないと僕は思うんだ
笑顔を見れる権利なんだ 自分のためなんだ

君が誰かに手を差し伸べる時はイマじゃないかも
しれない
いつかその時がくるまで それでいい

Hey Ho Stormy Seas
誰かからのSOS
きっとこのまま「誰か」のまま放っておけば
忘れてしまうだろう

Hey Ho Stormy Seas
また聞こえるSOS
この嵐の中、船を出す勇気なんて僕にあるのかい

Hey Ho Stormy Seas
誰かからのSOS
ずっと耳を塞いできたこの僕に Whoa-oh

Hey Ho Stormy Seas
誰かからの Scream Of Silence
この嵐の中、船を出す勇気なんて僕にあるのかい



 背中を押してくれる、でも 焦ることないよ とも いってくれてる。

 ヴォーカルの Fukase が、 この嵐の中 船を出す勇気なんて僕にあんのかい! 君にあんのかい! いや 出来るはず! と エールを送ってくれている。



 動物殺処分ゼロプロジェクトを支援する曲らしい、、
 それを知って この楽曲が持つ 別の世界観も見えてきた。


 冷たい雨に打たれながら 茂みで震えている子猫が見えてくる。
 見て見ないふりしている自分も見える。
 だからって すぐ どうにもならない現実にも とらわれる。

 でも それでいい、その現実を生み出す社会を知ってくれたから と、ジレンマを抱えた心を慰めてくれる。



 この曲を聴きながら職場に向かう、テンポいいリズムに乗って 意気揚々と足を運ぶ、 でも この歌詞に慰められ 励まされて、実は 目を うるうる させながら歩いている。

 いい年をして 若い世代に励まされている、 けど それが 不思議と心地がいい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
セカイノオワリなんて意外です!
私は、嵐のワイルドアットハートという曲の一節を
時々思い出します。

♪背負い込みすぎたら捨てていこうぜ♪
そうできたらいいなぁと思いますが、
なかなかできません😢


あい
2018/01/10 20:40
あいさん
曲を聴いて その頃を懐かしむってことは よくあるけど、
曲に慰められるなんていうのは初めてです(笑)

嵐も元気をくれる楽曲が多いですね♪
パライバ
2018/01/12 07:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
SEKAI NO OWARI に 泣き歌みつけた 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる