沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 弘法大師のもとに眠りたい (4)

<<   作成日時 : 2018/06/11 13:19   >>

トラックバック 1 / コメント 0


 賑やかな 門前町で 昼食と買物をすませ ≪ 奥の院 ≫ に向かいます。
 ≪ 奥の院 ≫ は 弘法大師の御廟と、 御廟までの 約 2km の参道に、名だたる戦国武将や大名から 一般庶民まで、20万基を超す墓碑が並ぶ聖域です。
 それにしても 高野山は 欧米系の外国人が たいへん多いです。 欧米では体感しようもない神秘性が 欧米人の心を 掴むのかもしれません。

 

 高野町の中心部にある バス停 「千手院橋(西) 」 から 「 一の橋口(奥の院口) 」 間は歩ける距離ですが、 このあと 奥の院参道を歩くことを踏まえ、ここはバスで移動します。


画像



 バス停 「一の橋口 」 で降りると ≪ 奥の院 ≫ の入口です。 

 終点 「 奥の院前 」 まで行くと 弘法大師御廟に いちばん近いのですが、足が元気なら、 是非 「 奥の院口 」 から参詣を、、


画像



 橋を越えて 参道へ入ると 程なく 参道は二股に、、 左へ行くと 歴史上の人物の墓所が多い方向です。



 樹齢何百年を経た老杉と 苔むす墓石群が じわじわと 時代を遡らせていきます。


画像

 ≪奥州 伊達家≫


画像

 ≪加賀 前田家≫

画像

 ≪山口 毛利家≫

画像

 ≪初代紀州藩主 徳川頼宜≫

画像

 ≪紀州徳川家 二代光貞 三代綱教 四代頼職 六代宗直≫

画像

 ≪武田信玄 勝頼 親子≫

画像

 ≪伊達政宗≫
 あとを追って殉死した20名の墓が取り囲んでいます。

画像

 ≪薩摩 島津家 初代家久 二代光久・綱久≫



 帰った後で 参詣し忘れた墓碑があることに気付きました。
 高野山に参拝するときは、奥の院に眠る人物の名前を 前もって 調べていくといいかもしれません。


 今回、墓所の確認をするにあたって、参考にさせていただいたサイトです。 
 『 高野山奥の院 かなり完璧ガイド 』 個人運営だそうですが、とても 丁寧で詳細なサイトです。
  

 ところで、高野山 奥の院に眠る 歴史上の人物の墓は、遺骨が納められているわけではなく ( 中には 遺骨の一部や遺髪が納められている場合もあるかもしれませんが ) 一般的には 参詣用の 「 参り墓 」 だそうです。
 


 信仰している宗派は? と尋ねられると、即時に答えられない私ですが、 こうして 空海さんのもとに眠りたいと、高野山に心を寄せた 多くの人物の墓を掃苔する人々の中には 自身もいて、 日本人の内面で育まれている信仰心は、実は 気付かないままに、とても 根強いものなのではと、 鎮まる墓石に囲まれながら思ったものです。

 天空の霊地から下界へ(5) につづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
金剛峰寺のホント (3)
 古色蒼然とした ≪ 金剛峰寺 ≫ は シャクナゲの花の中にありました。 ...続きを見る
沖縄〜 パライバブルーな季節風
2018/06/11 13:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
弘法大師のもとに眠りたい (4) 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる