アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「沖縄」のブログ記事

みんなの「沖縄」ブログ

タイトル 日 時
美しかったろうな 100年前の沖縄 (2)
美しかったろうな 100年前の沖縄 (2)  大きく引き伸ばされた 100年前の沖縄の風景写真が 並ぶ 「 ウィルソンが見た沖縄 」 の展示室内は、まるでその風景を 実際に 眼前にしているような 錯覚を覚えます。  モノクロ写真ではあっても、くっきりと鮮やかな 100年前のその場所は 隅々まで手に取る様です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2017/09/16 16:05
ウィルソンが見た沖縄 (1)
ウィルソンが見た沖縄 (1)  写真を見たときは この風景が 沖縄とは思えなかったものです。  天を突き刺すような どこまでも伸びやかな大木は 「 リュウキュウマツ 」  松に 沖縄のイメージを持ったことはなかったです。  そう、こんなふうに どんどん忘れ去られていく、 かつての、100年前の沖縄の風景を、写真で見せてくれる展覧会が始まりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/11 18:44
おはよう
おはよう  涼しい朝です。  朝ご飯を食べて お腹いっぱいになったのか、猫がゆったりと くつろいでいるのが見えました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/06 09:02
沖縄にアニメの聖地誕生
沖縄にアニメの聖地誕生  金城哲夫   ウルトラマンファンなら もちろんのこと、 沖縄を発想して生み出された 怪獣の名称や、 シリーズの中でも 秀逸といわれる 数々の脚本を手掛けた脚本家 と言われれば、 思い起こす人も 多いのではないでしょうか、、  その金城哲夫さんの、生前の仕事場だった ≪ 金城哲夫資料館 ≫ が  「 訪れてみたい日本のアニメ聖地 88 (2018年度版)」 に 選定されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/31 22:41
探しやすいブログに整理整頓
探しやすいブログに整理整頓  ブログ記事が 22日現在 787件となりました。  よく 綴ってこられたなぁ と 思う反面、 テーマ別の記事数も それに準じて 多くなり、 興味ある記事を スムーズに探していただけないことが気掛かりでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/22 15:02
どうしてこんなに暑いんだろう
どうしてこんなに暑いんだろう  この夏休みを、 お盆休暇を、 沖縄に過ごした方々は 沖縄らしい光景を満喫したことでしょう、、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/19 16:57
秘密の居酒屋
秘密の居酒屋  キンメダイ の姿造り と、 もう一品は クレミーバイ と 聞きました。  ピチピチの魚を食べさせてくれる 有り難い 存在の居酒屋で、 しょっぱなに オーダーした お造りメニューです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/04 13:42
沖縄初上陸だ! 岩合さんの ねこ展
沖縄初上陸だ! 岩合さんの ねこ展  不安気ながらも ≪ おまえ 何もんやねん!≫ 好奇心は止められない みたいな 猫 と、 この後の展開を 隣の相棒に ≪ 任せたっ!≫ みたいな 気弱そうな 犬 の ツーショットに のっけから 顔がゆるんでしまいました。 『 ねこ 岩合光昭 写真展 』 の エントランスです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/26 13:19
チームラボが創る 未来の遊園地ってどんなの?
チームラボが創る 未来の遊園地ってどんなの?  「 ウルトラテクノロジー集団 チームラボ 」 が 生み出した、デジタルアート作品の中で 遊ぶ! 学ぶ!   ≪ チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地 ≫ 大人だって 気になる 気になる、で、 沖縄県立美術館に行ってきましたー♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/19 23:24
真夏のゴールデンシャワー
真夏のゴールデンシャワー  緑陰を創る 天然記念物の 大アカギの向こうに 降り注ぐ イエローシャワーは、これも 沖縄の盛夏を彩る 樹木 ≪ ゴールデンシャワー ≫ です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/13 18:07
黄金やさん、美味い天ぷら食べさせて!
黄金やさん、美味い天ぷら食べさせて!  「 平和通り商店街に 美味しい天ぷらを食べさせる店があるのよ、、」    「 行こ 行こ! 」   これで決まり!  那覇市壺屋 ≪ 黄金や ( くがにや ) ≫ に GO! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/30 10:07
貸別荘シャローズに 別邸誕生☆
貸別荘シャローズに 別邸誕生☆  驚くほど リーズナブルなのに、驚くほど グレードの高い貸別荘、 大人気の ≪ シャローズ ≫ に 別邸が 完成しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/26 09:25
初蝉の鳴きて 陽に舞う シーツかな
初蝉の鳴きて 陽に舞う シーツかな  窓の外で セミが鳴き出しました。  梅雨が明け、 最初に聴く セミの声。  ひと夏の生命力を これから ぶつけてくるんだな、、 受けて立つ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/23 12:47
大雨洪水警報の夜
大雨洪水警報の夜  この一週間 ずっと 雨天続きで、 昨日は そのピークでした。  荒梅雨は 梅雨の終わりの豪雨を表す 季語、 まさに 昨日。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/20 22:12
博物館の70年を大公開
博物館の70年を大公開  戦禍をくぐり抜け 守られてきた資料や、 混沌の中にも蒐集されてきた資料から スタートを切った 沖縄県立博物館の70年が ギュッと詰まった 企画展 「 博物館 70年のあゆみ 」 が 開催中です。  すべてが 沖縄県民のお宝、 そのお宝と 博物館のチカラと魂を 拝見! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/19 17:00
初公開の首里城は鳥肌もの
初公開の首里城は鳥肌もの  高さ 1.7m  幅 3.07m  奥行き 2.34m   見事な完成度に 放心状態で しばらく眺めた展示資料、、 沖縄県博で 初めて見ます。  なんで 今まで 展示されなかったんだろう、、 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2017/06/16 22:49
遠雷と猫
遠雷と猫  昨日から 遠雷が響く 不穏な天気が続いています。  強烈な梅雨前線が 沖縄本島の真上に かぶさっていて、 油断のならない天候の一週間。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/13 16:52
なんて やんばるは美しい、、
なんて やんばるは美しい、、  気配を感じて 木を見上げて こんな仔と 目が合ってしまったら 、、 もう どうしましょう♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/11 13:05
「為又」 読みの不思議
「為又」 読みの不思議  沖縄の地名は読めない、難しいとは 誰もが知るところですが  ≪ 為又 ≫ 読めますか?  過去に 「 沖縄歴史教育研究会 」 の 歴史検定の問題にも 登場しました。 私は不正解 (ノ_<) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/07 14:28
ヤオトンと 赤瓦の二階建て民家
ヤオトンと 赤瓦の二階建て民家  行ったことも 住んだこともない場所なのに やたらと気に掛かり、 その情報が欲しくて アンテナを張り巡らせたり、 セッセと検索する ってこと、 覚えのある方がいますか、、  不思議な懐かしさを感じて、 胸がときめく風景が ふたつ あります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/03 15:54
生涯 街のBIGな写真家さん
生涯 街のBIGな写真家さん  テレビなどで お顔を拝見しては、 どんな人生を生きてきたら このような 表情になれるものなのかと 思ったものでしたが、 戦争に召集され シベリア抑留の体験も お持ちの方でした。  あの柔和な表情は 痛みを知るからこそだったのでしょうか、、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/29 17:21
27000年前の日本人
27000年前の日本人  昨晩の 「 報道ステーション 」 で 大々的に 紹介されてましたね、 もちろん 今朝の地元紙でも 当然 一面トップで 大きく扱いました。  石垣島、白保竿根田原洞穴遺跡から 発見された 27000年前の ≪ 白保4号人骨 ≫さん、 ご本人に 逢いに行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2017/05/20 23:50
レストラン≪ピザハウス≫ NEW
レストラン≪ピザハウス≫ NEW  かつて 浦添市城間の国道58号線沿いに、そこだけ場違いに見えるほど 荘厳な洋館がありました。  元々は アメリカ総領事館だったという その素敵な洋館は、 アメリカンレストラン ≪ ピザハウス ≫ となり、 私も 一度 訪れたことがあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/16 21:49
南部のドライブに便利 「南の駅やえせ」
南部のドライブに便利 「南の駅やえせ」  「 ここだっ! ストーップ!」   かの 「 港川人 」 に代表される、 日本人類史発祥の 古〜い歴史を抱える 八重瀬町に出来た 国内で 最も新しい(かな?) 道の駅、 4月27日に OPEN したばかりの ≪ 南の駅 やえせ ≫ までやってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/13 21:45
猫も大好き! 世界ネコ歩き
猫も大好き! 世界ネコ歩き  一年を通して、京都の四季と そこに暮らす猫を追った ≪岩合光昭 世界ネコ歩き≫  まったりの午後、 二匹の猫と 一緒に見ています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/09 21:50
ミュージアムCafe 《カメカメキッチン》 OPEN
ミュージアムCafe 《カメカメキッチン》 OPEN  ≪ カメカメキッチン ≫ って 店名のイメージそのままの 可愛いミュージアムカフェが 沖縄県立博物館・美術館に オープンしました。  沖縄の食材が ふんだんに使われているメニューにそそられて 早速 行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/04 21:08
祭りのあと
祭りのあと  キャッチフレーズ ” 島ぜんぶでおーきな祭 ” のとおり、県内あちこちのイベント会場で 有名人が躍動した 5日間、 その場に行かずとも メディアを通して情報が飛び込んできます。  9 回を迎える ≪ 沖縄国際映画祭 ≫ が、23日 終了しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/25 15:40
タカエズトシコのしだれ桜
タカエズトシコのしだれ桜    桜前線は どこまで北上したのでしょう、、   タカエズ トシコ と いう名を ご存知でしょうか?  咲くはずがない沖縄の地に、見事な 枝垂れ桜を 咲かせてくれた人です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/22 23:19
眠たい 眠たい
眠たい 眠たい  お父さんに向かって 文句 云ってます。  「 お父さん どいて!  ここ ボクの場所! 」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/19 20:40
300年前の首里城下へようこそ
300年前の首里城下へようこそ  大きく引き伸ばされた ≪ 首里古地図 ≫ のパネルの前では 皆さん一様にしばらく足を止めます。  だって、現在の住宅地図ではと 見まがうほど 詳細に描かれた、まさに 300年前の首里城下の住宅地図です。  この地に縁のある人なら なかなか 目を外せないだろう リアルな地図です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2017/04/16 12:02
時空を超えて沖縄がみえる
時空を超えて沖縄がみえる  ≪ 時空を超えて沖縄がみえる ≫  この キャッチフレーズが冴えてて、そのまま タイトルに頂きました m(__)m 展示資料が膨大で こんな 稚拙なブログには 抱えきれません、、 ほんの一部ですが ご紹介! 展覧会は 沖縄県立博物館 企画展 「 琉球・沖縄の地図展 」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/12 14:45
幻の クメノサクラ
幻の クメノサクラ  寒緋桜と違い、はかなげな薄桃色の花びらで、 しかも 本土の桜のように ひとひら ひとひら 散る桜 と いうのですから、いつか 実物を愛でたいと思っていました。  久米島の固有種で、久米島まで行かなければ見られないと思っていました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/06 16:18
山元恵一展 まなざしのシュルレアリスム
山元恵一展 まなざしのシュルレアリスム  戦後の沖縄美術を、 ニシムイ美術村から 牽引していった画家のひとり 山元恵一さん。  今も、唯一 その場所に アトリエを構える画家の 「 山元恵一展 まなざしのシュルレアリスム 」 が 沖縄県立美術館で 開催中です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/01 21:25
三重城 ひねもすのたり のたりかな
三重城 ひねもすのたり のたりかな  那覇市 三重城 (みえぐすく) の マリーナです。  通称 白灯台を横に見ながら 埠頭に 大型クルーザーが入ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/29 21:41
今こそ おきなわの春爛漫
今こそ おきなわの春爛漫  ご近所の庭先が 霞んでいるようでした。  フブキバナが 道路まで あふれんばかり、、  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/24 17:39
今年はお見事、黄色のイペー
今年はお見事、黄色のイペー  3月、街を歩いていても あちこちの植物が目を楽しませてくれます。  南国らしい彩りが 街にあふれてきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/21 11:08
スマホでオールナイトニッポンが聴けた!
スマホでオールナイトニッポンが聴けた!  ニッポン放送 「 オールナイトニッポン 」 長く聴いていないこの番組を、無料アプリで なんとか聴けないものかと あれこれ 検索していたら、、 見つけました♪  沖縄で、 ニッポン放送を スマホで聴くための 必須アプリは ≪ radikker≫  黒と白の アイコンです。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/20 21:56
「ドラマ 尚巴志」 ロケ地は最高
「ドラマ 尚巴志」 ロケ地は最高  琉球王国の創始者 尚巴志の半生を描いた 「 ドラマ 尚巴志 」 一話が 放映されました。  沖縄本島 南部地域、 南山の佐敷を治める按司として 領民の信頼を集め、力を伸ばしていく過程が描かれていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/16 22:23
梵鐘の音色 響く博物館
梵鐘の音色 響く博物館  ごぉ〜ん 〜〜〜  胸の奥まで 響いたように感じました。  キョロキョロと 音色の出処を探す方もいます。  梵鐘の音色が響く 博物館の展示室を 想像してみて下さい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/11 17:37
こんなところに 青い宝石?
こんなところに 青い宝石?  カワセミです、、 よね?  こんなところに、、  翡翠、、 こんなに美しい漢字が あてがわれることに 納得の姿、 見とれてしまいます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/08 17:34
復元工事進行中?
復元工事進行中?  山のてっぺんに立つ城、 平地に立つ城、、  様々な立地の城がありますが、 首里城が 丘陵の頂上に立つ様、 その外観と立地がみせる 絶妙のバランスは 眺めているだけで爽快感を覚えます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/03 13:25
待ってましたっ 尚巴志、テレビドラマ化
待ってましたっ 尚巴志、テレビドラマ化  古琉球の 戦国時代を乗り超えて、 初めて 琉球を統一した 「 尚 巴志 (しょう はし)」 に スポットをあてた ドラマが、 3月15日放映に向けて にわかに盛り上がりを見せています、 私も 楽しみでなりません。  尚巴志 って どんな人?  放映を前に ちょこっと予習を・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/28 01:05
球場を見下ろしながら・・ バリテラス
球場を見下ろしながら・・ バリテラス  丘陵が連なる 沖縄本島は、 海景をはじめ、あちらこちらで バラエティに富んだ眺めが 楽しめるところでもあります。  球場を見下ろしながらの食事はどうでしょう、、  浦添市仲間 の高台にある ≪ ダイニング バリテラス ≫ で ランチはどうでしょう、、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/26 22:10
5年ぶり (^o^)丿
5年ぶり (^o^)丿  到着ロビーで そわそわ待つこと 20分・・  来たっ!  5年前と まったく変わらない風貌に こりゃ 元気だ♪ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/22 11:23
≪キャンプタルガニー≫ 世界一小さな現代美術館
≪キャンプタルガニー≫ 世界一小さな現代美術館  「すぐにでも行きたいっ!」 って 気持ちが逸るほどの美術館って そうあるものではないと思うのですが、 新聞に掲載された ギャラリーの一角を見ただけで、 この美術館には 早く行きたかった、、   名称 ≪キャンプタルガニー≫  糸満市米須、 静かな集落に突然の別空間、 小さいながらも本格的な美術館、 興味深い 私設の美術館です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/20 17:30
【プロ野球キャンプ】 ドラゴンズ 頭二つ出てた新外人
【プロ野球キャンプ】 ドラゴンズ 頭二つ出てた新外人  北谷球場まで来ました、中日ドラゴンズのキャンプです。  いきなりの 強い通り雨に ちょっと少なめの見物客。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/17 23:06
【プロ野球キャンプ】 ベイスターズの隠れファン
【プロ野球キャンプ】 ベイスターズの隠れファン  横浜DeNAベイスターズのキャンプ地は 外海を望める 広大で 開放的な公園エリアにあります。  手入れの行き届いた 公園には、 こんなふうに たくさんの 🐈 ちゃんが住んでいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/15 22:53
【プロ野球キャンプ】 筒香選手のパワーは規格外
【プロ野球キャンプ】 筒香選手のパワーは規格外  いい天気♪ 所用ついでに ちょっこっと ベイスターズキャンプを見にいこう・・  軽い気持ちで出掛けた 横浜ベイスターズのキャンプ地 宜野湾海浜公園の球場は、ラッキーなことに 筒香選手の打撃練習が始まるところでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/14 18:11
喜屋武千恵展 〜やわらかな水、つよき土〜
喜屋武千恵展 〜やわらかな水、つよき土〜  このギャラリーに掲げられた この絵画をみたくて、 この絵画を抱いている この空間を体感したくて、糸満市までやってきました。  「 喜屋武 千恵 展 〜やわらかな水、つよき土〜 」 が 観たくて、 世界一小さな現代美術館 ≪ キャンプタルガニー ≫ まで、、 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/13 02:04
こりゃ 真冬だ
こりゃ 真冬だ  午後2時、外は真冬に様変わりしていてました。  思わず ジャケットのボタンを 首までしっかり止めて、強い風の吹き抜ける街に踏み出しました、、  が、こりゃ 大変! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/09 17:17
琉球初心者マーク 〜 THE 琉球 〜
 昨日 放映された TBS 『THE世界遺産 』 を見ました。  私自身、 不思議なほど 今までに学んだ記憶がなく、 多くを知らなかった その歴史に カルチャーショックを受けた 琉球史が、 こうして 全国放映で紹介されることは 誇らしくて 爽快でした。  そう、世界遺産なんだ、、 唯一無二の 【 琉球王国のグスク及び関連遺産群 】 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/06 23:57
【プロ野球キャンプ】 球春くれば思い出す、、
 プロ野球キャンプが始まりました。  地元新聞社から届いた キャンプ特集号の一面を飾るのは 各チームの昨年の顔、顔、顔。  いつも 活躍を注目している 広島カープの野村投手が含まれています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/02 06:53
内村航平君 ばりの、、
 ただいま 吊り輪、 或いは 鉄棒の 空中回転の真っ最中の感覚です、、  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/01 00:11
この懐かしさはどこから カフェ marumi house
 通りに面した ビルの 1階 ≪ marumi house ≫ に来たのは初めて、、  トックリキワタの並木が有名な 旧市街地 与儀、 街路樹に 染まるようにある様子は、ちょっと 見落としやすいかもしれません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/26 21:55
美術館の目玉コレクション 「 夢の美術館 」展
 「 夢の美術館 −めぐりあう名画たち−」 展  最後に足を踏み入れたギャラリーの真正面に、 サルヴァドール・ダリの ≪ ポルト・リガトの聖母 ≫ が 掲げられているようすは、まるで 祭壇を見上げるようでした。  275.3×209.8 の大作、 正面のソファに掛けて しばらく眺めていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/21 22:55
美術館コレクションの耳寄りな話
 奮起して購入、 オークション、 寄贈、、  様々な かたちの収集と、その作品を絡めて 美術館の特性を 打ち出す企画と、、  美術館に携わる 学芸員の方々の、気迫の本音を聴く機会がありました。  そして自分自身を 戒めました・・  コレクションを見ずして 美術館に行ったと いうんじゃないよ!   ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2017/01/17 23:53
真っ黒 天ぷら
 松の内も とっくに過ぎたというのに、 最後まで 冷蔵庫に残っていた おせちは 今年も 黒豆、、 毎年のこと。  ひと粒つまんでは また ひと粒、 、 こんな食べ方では 残ってしまうのは いたし方ありません。  一度に ガッツリと食べられる 料理にアレンジ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/12 23:37
うわさの県民 歩こうよー
前回のブログで紹介した ≪ 護佐丸の墓 ≫ は 中城城跡の近くにあるのですが、 詳しい場所が分からず 管理棟の職員さんに その場所を尋ねました。  「 護佐丸の墓までは 歩いていけますか?」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/09 11:43
ここだっ 護佐丸の墓
 中城城址公園の駐車場を出て 道路を右方向へ、 テクテクテクと 約10分。  大きなカーブの 下り坂の先に海が見えて 赤い屋根の民家が見えたら、 民家の手前を 左の脇道へ、、  少し進むと 道路わきに 石碑と階段がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/07 21:59
成田山に初詣
 年が明けて4日、今日も うららかな陽がさして、日中は半袖でも快適な日和の 沖縄の松の内です。  ようやく 初詣に、、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/04 16:58
ドタバタ 新春
 2017年は 仕事始めから 始まりました。  まっ 頭を切り替えれば、気持ちを引き締めて 一年のスタートを切れるってもんです、、 (負惜しみ 含む) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/01 21:33
2016 大晦日
 いよいよ 大晦日、 おせちの準備も終えて、迎春のお飾りも 昨日のうちに設えました。  掃除は 一カ月ほど前から 少しずつ重ねていたし、 買い物も昨日で終えて、今日は ちょっとのんびり♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/31 14:02
面白かったなぁ 「港川人の時代とその後」 展
 地球上に存在した 最古の人類、 700万年前の チャド猿人。  320万年前、 二本足で しっかりと アフリカの大地を歩いていたんだね、 小さなアファール猿人 可愛いルーシー。  180万年前、アフリカを出た原人も、 そして旧人 ネアンデルタール人も いつか絶滅して、 4万年前以降、新人類(ホモ・サピエンス)が 知能をフルに生かして さらに世界に広がっていく。  知恵を絞って 氷河期を乗り越え、 クロマニョン人は ラスコーの洞窟に芸術を遺し、 南方の人類は海を渡った。  そして 3万6千年前... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/12/26 23:40
クリスタル ☆ ツリー
 クリスタルで出来ているような 煌きもまぶしい クリスマスツリーが出現しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/23 20:53
マーク・ロスコ があった 、、
 ロスコや 、、  うそっ、 ロスコがある、、  ここで 本物に逢えた、、  ロスコや、、 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/12/22 22:58
イルミネーション ☆ ニュースポット
 「 わっ きれ〜い!」 と、 小さな悲鳴を あげてしまった ここは、 どこでしょ〜か (´▽`)  昨年までは、大きなショッピングセンターと 広い ショッピングエリアに挟まれて、夜ともなれば ちょっとした ブラックホールの様相だったかも、、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/17 21:41
ここは人類史の宝箱
 日本列島には 38000年前には ホモ・サピエンスが暮らしていたことが分かっています。  35000年前〜38000年前までの3000年間に ( スケールの大きさに頭がフワフワします、、) 日本全域に かなりのスピードで拡散していることは 全国の遺跡が物語っています。  ただ 北海道ではこの年代に人類がいた痕跡は見つかっていないのだそう、、 寒いのは苦手だったのかな、、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/14 13:17
ニンニク、、 カズラ
 紫の花が てんこ盛りに咲いて 散歩道が賑やかになりました。  せっかくの満開を 「 てんこ盛り 」 とは ちょっと失礼な言い回しですが、 花の名は ≪ ニンニクカズラ ≫  可憐な花に もっと 失礼! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/06 12:27
日向ぼっこより 幸せなことってある?
 思い込んでいるだけかもしれませんが、、 沖縄仕様のマンションに住んでいます。  奥行きのあるベランダ、 深く張り出した ひさし、 台風の暴風と 強い紫外線を防いでくれます。  ようやく 日差しが座敷にまで届き、 サンルームでは 猫たちが 日がな 日向ぼっこをする季節が巡ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/03 11:49
2万年の安眠の場 港川フィッシャー
 ≪ 港川人 ≫ と 固有名詞を持つ古代人が 2万2千年ものあいだ 静かに眠っていた、 ここが ≪ 港川フィッシャー ≫ です。  祠のある場所が 港川人の化石が眠っていた場所、 うつ伏せの状態で発見されました。  ほぼ全身の骨格が発掘されている、世界的にも貴重な人骨化石です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/11/26 13:59
68年ぶりのデカさ・・
 スマホで撮った 話題のスーパームーンを アップしようと パソコンに向かった横で 「報道ステーション」 に 見事なスーパームーンが映しだされて 意気消沈!  いいやっ! 68年ぶりという このデカさ、いつ出すの 今でしょ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/14 22:27
伸びやかに 健やかに
 大安の日曜日、抜けるような蒼空のもと、波上宮は いつになく華やいで、あちらこちらで 笑顔の花が咲いていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/13 21:02
沖縄県立博物館に歴史あり
 8回も 名称を変えてきた博物館は、全国に そう あるものではないのでは、、  那覇市おもろまち の 「 沖縄県立博物館・美術館 」 は 2007年11月に開館しました。 いよいよ10周年ですね♪  この節目に、博物館が辿ってきた 歴史を識る講演会がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/09 21:39
満開の サクラ?
 この季節の風物詩、 トックリキワタでした。  那覇新都心公園の駐車場で、 これほど 一斉に咲く トックリキワタは 初めて見ました。  サクラのよう、、  なるほど、南洋桜とも呼ばれる ゆえんです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/05 18:20
有名になってしまった ≪隠れ家カフェ清ちゃん≫
 あの空寿崎の 岬の根っこにあたる地域には 外人住宅地の名残が残されていて、 そのうちの一軒が ≪ 隠れ家カフェ 清ちゃん ≫   外人住宅の魅力と、岬の立地を活かして 人気のカフェです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/28 17:03
空寿崎はどうなったろう、、
 昔からの姿をとどめる 浦添市 空寿崎の海岸は、 市内で唯一 遊ぶことができる 大切な海ですが、 西海岸道路の開発とともに その風景が変化をみせています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/25 23:55
恥知らずの不届き者へ
 たぶん、沖縄の事情も 経緯も分からず、 知識も まったく持たず 送り込まれたんだろう 若い機動隊員が 吐き捨てた言葉、、   記すことすら 嫌悪を感じる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/22 12:48
「朝鮮・琉球航海記」に登場する 琉球人の真実
 さすが、博物館は楽しませてくれます、、 あの 『 朝鮮・琉球航海記 』 に登場する 素敵な琉球人 真栄平さんは 「 真栄平房昭 (ぼうしょう)」 さんと おっしゃいました。  真栄平さんと一緒に 英語の習得に務めた もう お一人は 「 安仁屋政輔 (せいほ)」 さんでした。 これ以降、琉球では ≪ 異国通事 ≫ とする 通訳の役職ができました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/21 15:26
平和が生まれるところ
 戦争を知らずに育った人々が 、リアルに 戦争と平和を考える場所といえば 全国に そうあるものではなく、 ここ 糸満市摩文仁の 平和祈念公園 ≪ 平和の礎 ≫ は、 訪れた すべての人に、平和を誓う種を 心にひとつ 植え付けてくれているよう と 思ったりします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/18 17:28
こんどこそ お月さまだわっ! 
 今朝 6時15分 西の空に 日の入り、、、  いやいや 夕方じゃねえし!  お月さまだわっ!   薄雲に隠れて なかなか顔を出さない太陽をいいことに、 西の空を 我が物にしていた 満月の月の入りでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/17 07:26
変わらないね、、大度海岸
 「 ひめゆりの塔 」 を過ぎて、米須の信号機と ファミリーマートを過ぎたら すぐ、、 右手の ≪ 大度海岸 ≫ と、以前はなかった ≪ ジョン万ビーチ ≫ の 表示が差す 脇道を道なりに、、  サトウキビや 菊栽培の 畑の先の ≪大度海岸≫ の 表示どおりに 左に折れると、、 ジョン万次郎が漂着した 歴史にちなんで 地元では 「 ジョン万ビーチ 」 とも 呼ばれている 「 大度(おおど)海岸 」 に到着です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/14 17:22
懐かしい沖縄よ・・ 『沖縄の工芸展』 (2)
 奥さんが座る車椅子を ご主人が押しながら、高齢のご夫婦が 展示された写真に見入っています。  「 ここは、、 あっ あそこよっ 」    「 どこだったかね、、」  お二人は、私とは 比べものにならないほどの 込み上げる想いとともに、懐かしい場所を 駆け巡っているはず、、  昭和10年代の 沖縄の風景を撮らえた モノクロームの写真が 壁いっぱいに並ぶ 『 沖縄の工芸展 』 の展示室です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/11 12:14
宝物の里帰り 『 沖縄の工芸展 』
 私達は宝の山に入ったような想いだった。 本土の どの地方でも これほど固有の文化が こく残るところはない。  「 日本民藝館 」 の創始者 柳宗悦が残した感想そのままに 疑似体験をさせてもらったような  『 沖縄の工芸 柳宗悦と昭和10年代の沖縄 』 展 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/10/07 21:58
行きたいねん、、
 「 早めに買い物 行こか、、」  「 昨日 ぜんぶ買った、、」  「 もう買うモン ないんか、昼からは外に出られんで、、」  「 ない!」  「 ・・・ 」  「 行きたいの? 」  「 行きたいねん、、」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/04 00:01
むか〜し むかし 久高島はね、、
 むか〜し むかし 久高島はね、、  まるで そんな語り口で 引き込まれるように過ごした 小さな展覧会 『 未来への羅針盤 山崎紀和作品展 』  明るい陽が差す 桜坂劇場の 2Fの雑貨屋 ≪ふくら舎 ≫ には 思いがけなく 小さなギャラリーが誕生していて、自然と足が向いてしまって、 しばらく その なんとも言葉で言い表せない 、、  うんっ! 小宇宙のような世界に 浸ってしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/30 10:38
ちょっとさみしい ブログ6周年
 ブログ開設 6周年ですよ〜 って、 毎年 この節目に お便りが届きます。  私を通した内容ではありますが、沖縄の旬と、歴史と、、 猫と、、  そんなこんなを綴って 早や 6年、、 早いものです、、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/27 08:03
サキタリ洞 化石発見の 何がスゴイのか!
 「 サキタリ洞の、 約2万年にわたる 継続利用が明らかになった。  当時の人類は 一時は全滅したのでは との議論もあったが、 生活の痕跡から、資源の少ない環境で 生き延びるすべを持っていたことが立証された。 」  大発見にあたっての 識者の談話の一部です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/23 22:40
スゴイ発見! すごい サキタリ洞! 凄い 沖縄!
 今日の朝刊を開いたとたん、一面トップに 「 なんじゃ こりぁ!」  で、 ビックリドッキリ!  南城市の観光施設 ≪ ガンガラーの谷 ≫ 内の 「 サキタリ洞 」 で 発見されたのは、 なんと 2万3000年前 世界最古となる 釣り針など! ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/09/20 22:06
自力壁紙張替え ビフォーアフター
 和室のふすまは 和紙をイメージしたらしい 猫には最適の 爪とぎ仕様のようでした。  私はやってない! と、無視をかます こうこちゃんは 確かに無実です。  尻もちついて、 しれっと こちらを見つめる まる君が 襖を ギザギザ模様に変えました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/17 09:47
美しい絵図 ≪間切図≫と≪琉球国之図≫
 18世紀以降に作成したと推定される ≪ 琉球国之図 ≫ ≪ 間切図 ≫ の 本物が、今、沖縄県立博物館で見ることができます。  8月18日、正式に 国の文化財に指定されたのを 記念しての公開、 私も 初めて目の当たりにしました。  現在の地図と重ねても、狂いがないほどの 精密な出来栄えに驚いてしまいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/14 21:06
雨上がりのアイツ
 秋雨前線が 列島に居座って、沖縄も 鬱陶しいこと この上ないです。  一昨日には 首里の一画で 道路が陥没する災害が出たほど、、 沖縄も 長雨が続いています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/09 16:19
素敵な琉球人
 詳細に綴られた日誌と、記録画でもある リアルな挿絵が、 1816年の琉球に タイムスリップさせてくれた 『 朝鮮・琉球航海記 』  厄介な 外国からの来訪者に、なんとか 速やかにお帰り頂きたい と、 策を講じたであろう 琉球側の人物のなかには、印象に残る 素敵な琉球人がいました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/09/08 21:49
パワースポットだ (^◇^) 焼肉きんぐ
 ” 灯台下暗し ” とは よく言ったもので、 那覇新都心の中心部にあって かなり目立つというのに ≪ 焼肉きんぐ ≫ に足を運んだのは 初めてでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/02 12:06
阿麻和利は 実はいい人!?
  「 護佐丸・阿麻和利の乱 」 は、古琉球史を楽しむ ツボのひとつだと思います。  ”事実は小説よりも奇なり”  スペクタクルな史実は 芸能の演目などにも取り入れられ 人気を博しています。  けれど 数百年の間に、事実が歪曲されていないだろうか、曖昧に伝えられていないだろうか、、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/30 20:41
ふしぎ 不思議の 線刻石板
 解明ができない沖縄の歴史資料のなかでも、 どうやっても 「 謎!」 と しか 公表 出来ないのが ≪ 線刻石板 ≫ です。  謎 過ぎて、うっかり 見過ごしていましたが、 この謎を ブログでも愉しんでみます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/27 13:31
東京オリンピック、始まりは 開鐘で・・
 リオオリンピック閉会式の ≪ TOKYO 2020 パフォーマンス ≫ 素敵でした☆  リオの閉会式を凌駕するほどの、日本の魅力満載のアピールに目を奪われて、心はすでに 4年後に向かってしまいました。  たった 10分間だったのに、、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/22 19:46
お月さまじゃ ねぇわ!
 連れ合いも 眺めながら ぽろっと 「 お月さま 」 って 言いかけました。  「 お月さまじゃ ねぇわ!」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/20 20:24
田芋のから揚げに ハマり過ぎ
 スーパーに 旧盆の準備の売り場が設けられると、そこには必ず、茹でて 下処理された 田芋が 種類も多く 並びます。  「あ〜 、田芋のから揚げが食べたいっ!」  ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2016/08/18 11:28
エイサー最高!
 わっ 聞こえてきた! エイサーだ!  音が近い、、  無意識のうちに スマホ持って、バタバタと 家を 飛び出していました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/16 11:48
ご先祖様 に 、、
 お盆ですね。  浄土真宗の 我が家のお仏壇も 例年に倣って、母に倣って、 盆飾りを供えました。  お仏壇のお掃除をして、夏野菜と 果物と 嗜好品と 、、  還ってくる魂を 満たしてあげたい 気持ちの顕れなんでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/14 22:14
錦織圭に泣かされたー
 今朝6時、もう とても テレビを見ていられず、 ここで敗退と 得心したとたん、、   世紀の大逆転と言っても 過言ではない、しびれる試合展開で、 錦織圭は リオオリンピックの準々決勝を勝利した。  メダルの重みに 匹敵するくらいの試合を見せてもらった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/13 23:44
桜坂劇場で観た 『 団地 』
 レトロな味わいが魅力のシアターで、 味わいある映画 『 団地 』 を 観た。  そのタイトルと、 主役が 藤山直美と 岸部一徳、 コテコテの関西人と いうところも気になっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/08 22:03
沖縄発祥 「 空 手 道 」
 先週あたりから 如何にも 屈強な体格の外国人を 市内で よく見掛けています。  県立武道館で 『 世界武道祭 』 が 開催されていたのです。  「 国際沖縄剛柔流空手道連盟 」 が主催して、 4年に一度 開催される今大会には、なんと 46ヵ国 1000人もの空手家が参加したそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/05 13:57
夕暮れ散歩
 東方向に歩いていました、、 午後7 時過ぎのこと。  あれっ!  ほぼ ピンク一色の 虹だ 、、  待てよ、 虹が ピンク色ってことは、、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/04 20:45
沖縄も 不安定な空模様
 昨日の昼過ぎ、 ベランダに出て いつものように 首里城に目をやったら 首里の丘は真っ黒!  大雨の雨脚のなか、首里城のシルエットが 辛うじて 浮かび上がっています。  おまけに 降雨の境目が くっきりと分かれて、自然が創り出す光景から しばらく目が離せませんでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/02 13:07
奥武島に シーズン到来
 トビイカの 天日干しが始まった! と 知れば、イカ好きの連れ合いは とたんに 胸がワサワサーして その頭の中は 奥武島でいっぱいになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/28 22:35
ゴッホも モネも セザンヌも 『 巨匠たちの奇跡 展 』
 ゴッホ、 モネ、 セザンヌ、、  ゴーギャン、 マネ、 コロー も、、  巨匠と呼ばれる作家の作品が 一堂に見られる 奇跡のような展覧会 『 巨匠たちの奇跡 』  ゴッホの ≪ アルルのはね橋 ≫ に 至っては 日本での公開は 2度目、 沖縄ではもちろん 初お目見えと聞きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/25 23:29
幽玄の世界 「河内祭」の御舟行事
 ホタルの光が チラチラと舞う 茂みに覆われた小道を、 懐中電灯を頼りに 川原へと下りていくと、 かがり火の向こうに 川面を たゆたう 御舟が見えました。  和歌山県串本町 古座 「 河内祭 」 の 宵宮 でのこと 、、 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/21 11:13
涼風の お裾分け
 和歌山県南部、熊野の地域を流れる 「 古座川 」 から 涼風が届きました。  マイナスイオンに覆われる 清流域の涼やかなこと♪ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/19 21:06
丸ごと フェルメール
 ヨハネス・フェルメールの作品 全37点 「 リ・クリエイト 」 と 名付けられた 最新の画像技術と 印刷技術で 作成された 複製ではありますが・・  フェルメールが描いた 当時の色彩の再現。  原寸大で、所蔵美術館と 同じ額装。  フェルメール作と 認識されている 全作品が 一堂に揃う、しかも 描かれた時系列で。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/11 14:12
夏っこ
 猫は暑さに強いと いいますが、 沖縄生まれの 我が家の二匹も、 連日の 30℃越えにも 負けずに元気!  ほとんど エアコンを 使わない昼間でも、それぞれの とっておきの場所で くつろいでいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/07 21:57
山田五郎さんの愉快な西洋美術史
 面白かったな〜  楽しかったな〜   昨日、 現在 沖縄県立美術館で開催中の 「 巨匠たちの奇跡 」 展 に関連して 「 山田五郎のアート トーク 」 と題した 講演を聴講しました、、  それが 楽しかったのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/03 19:29
琉球張り子 今昔
 琉球張り子作家 豊永盛人さんの ≪ 干支張り子 申 ≫ 出来上がりました〜♪  中国の伝統も匂わせて 孫悟空を彷彿させる 力強さと、お茶目な 面白さも感じます。  しなやかで 伸びやかな成長を 護ってやって下さいね、、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/02 11:18
早起きのご褒美
 6月も末だというのに 未だに 台風の影響を 一度も受けていない 今年の沖縄。  十数年 住みますが、 こんな年は 私は初めて、、 ひたすら 強い紫外線が降り注ぐ 真夏日の日々です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/28 19:38
博物館のチカラ 『 新収蔵品展 』
 沖縄県立博物館では 27年度の 新収蔵品を 展示中です。  様々な分野で 新たに収蔵された資料が 紹介されているのですが、 なかでも 美術工芸部門の着物に 見とれてしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/25 07:17
子供の幸せ ユッカヌヒー
 ≪ ユッカヌヒー≫ は ≪ 四日の日 ≫  旧暦の 5月4日は 沖縄での 「子供の日」  今年は 6月8日でした。  子供の日を祝って、桜坂の 「ふくら舎」 では こんな おもちゃアート市 が開催されていました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/06/21 11:29
『 お荷物小荷物 』 と沖縄
 「 もう一度 見たいと思う ドラマは何? 」 って 聞かれたら 『 お荷物小荷物 』 と 答える。  そのタイトルを聞いて ピンときた方は、すでに 人生の半分以上を過ごしてきた方が ほとんどでしょうか (笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/15 22:28
パキラの花 だったのか、、
 昨日の、地元紙の 季節の花の記事に 今度は 目がテン (゜.゜)    《 コンロンカ 》 《 テンニンカ 》 に続いて、今回も 教えていただいて ありがとうございま〜す♪ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/06/09 06:53
真夏でしょ!
 昨日の午後、読谷村から見上げた空です。  どでかい入道雲が湧きあがっていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/08 08:54
『 朝鮮・琉球航海記 』 を楽しむ
 久し振りに 大琉球を、200年前の沖縄を、生き生きと描かれた リアルタイムの琉球人を、ワクワク 楽しんでいます。  長いあいだ 背表紙ばかりを眺めていた本です  『 朝鮮・琉球航海記 』 ベイジル・ホール著    ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/06/06 15:06
初めまして・・
   万緑に 未来つかめり 小さき手 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/02 23:52
アジサイの 煌めき招く やんばる路
 さすがの亜熱帯の深緑も、舞い上がるような 梅雨の湿り気に包まれて、やんばるは 鈍色の世界。  あれっ! 道路に面した 植栽が 輝いています。  (茶畑に次いで) 「 停めてー!」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/31 09:55
核兵器のない世界を追求する勇気
 勇気・・  勇気・・  核兵器を保有する国の リーダーに問われる勇気・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/28 15:33
ピンクのイジュは 《 テンニンカ 》
 昨日、イジュの 花の記事を綴りました。  そうして、イジュに似た ピンク色の花を見たことも、、  今朝の地元紙に掲載された 花の記事に 目はくぎ付け! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/25 08:03
梅雨のやんばるで・・ ピンク色のイジュ?? 
 これが イジュ の花、、  沖縄の 梅雨に咲く花、、  ウチナーンチュの心にも咲く花、、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/24 11:26
嵐山展望台から
 今帰仁村目指して 国道505号線を北上中、地味に立てられた 《 嵐山展望台 》 の看板が目について ちょっと寄り道。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/21 12:19
茶畑を見つけてしまった、、
 絵に描いたような茶畑に 出くわしたのは やんばる 呉我地区。  羽地内海 を展望できる 《 嵐山展望台 》 に 向かうべく、 やんばるの新緑に包まれながら 車を走らせていた時でした。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/05/18 20:07
志村ふくみ 母衣への回帰
 こんなふうに表現するのは 失礼にあたるでしょうか、、  まるで 屏風絵を鑑賞するように 作品に対峙しました。  こんなに 美しい日本を 見せていただいたことへの お礼の気持ちで いっぱいになった 『 文化勲章受賞記念 志村ふくみ 母衣への回帰 』  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/15 15:58
コンロンカ を ありがとう
 今日のブログ、 執筆した記者さんに、お礼の気持ちを込めて アップしました。  私には 天使の羽根に見えた 白い がく片が 印象的な 《 コンロンカ 》 が、 朝刊 に紹介されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/11 10:21
ミッキーマウスの木が進化した
  なるほどね、、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/10 10:15
宮良瑛子 いのちの展覧会 
 とにかく 絵の力が強くて、そのエネルギーに 弾かれてしまいそうなほど、、  こんなに 強い絵を描く方だったんですね。  81才の今も 現役で、 沖縄を拠点に 創作を続けてられる 宮良瑛子さんの個展が、沖縄県立美術館で開かれています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/05 16:24
ミッキーマウスの木
 どうやら 花の頃を 素通りしてたってこと?   それほど この実が インパクトあったってこと!  で、近寄って 名前をみたら 《 ミッキーマウスの木 》 だって!!  楽しい木を 見つけてしまった♪ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/05/01 17:51
真っ黒 焼きそば
 春野菜をいっぱい買いたくて 糸満市の 道の駅 「うまんちゅ市場」 に GO!  ここに行くたび 買わずにいられないのが、いかすみを練り込んだ 《 西崎そば 》    これも 沖縄そばです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/26 13:46
寒緋桜のサクランボジャム
 4月8日の 🍒 のブログに頂いた グーちゃんおかん(さん) のコメントに 居ても立っても居られなくなって、 恨めしい長雨が上がるのを待って 大急ぎ!  「 寒緋桜のサクランボ 摘んだどーっ 」 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/04/14 16:59
こんなに美味しそうなのに、、
 寒緋桜の実が どっさり、、   こんなに つやつやして美味しそうなのに ついばむ鳥の声も聞こえません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/08 15:37
食えるよ クワンソウ
 スーパーで売られているのを見つけて、即 買いました クワンソウ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/05 14:16
港町食堂 閉店してました、、
 沖縄ローカルとはいえ、センセーションを巻き起こした あの 港町食堂 が 閉店していました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/01 16:04
世界に3点 ゲルニカ・タピスリが 沖縄に来た!
 ニューヨーク国連本部、 フランス、 そして 群馬県立近代美術館。  ピカソ本人の監修、指示のもと、伝統的な技法で織られた 《 ゲルニカ・タピスリ 》 は、世界に たった 3点。  その 群馬県立近代美術館が所蔵する、タピスリが 沖縄で公開されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/27 16:30
春分の この日
 朝から うららかな陽がさして 日傘が 外せない一日になりました。  午前8時の 那覇 新都心公園です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/20 18:10
祝 ・ 国指定重要文化財
 ≪ 琉球国之図 ≫ と ≪ 間切図 ≫  沖縄の 二件の歴史資料が 国の重要文化財に指定されることが決まりました。  遅すぎるくらい、、   んっ? 国宝では? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/13 11:16
沖縄で 本格ジンギスカンを・・
 人生初の 本格ジンギスカンを 沖縄で食べるとは思いませんでした。  お初記念日は ここ、 那覇市松山 にある 『 北海道ジンギスカン倶楽部 』 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/10 11:22
那覇の底力 《 ブラタモリ 那覇 》
 《 ブラタモリ 》 が 那覇に来てくれて うれしかったなぁ  王国時代、貿易が盛んだった海洋国家としての拠点 「那覇港」 を中心に 繁栄した 那覇。  戦後、生活必需品の製造の拠点 「壺屋」 を中心として 見事に復興を遂げていった 那覇。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/03/06 11:42
『 木梨憲武展 』 超・ポジティブ!
 サブタイトルは  〜 INSPIRATION 瞬間の好奇心 〜    木梨さんの 生の感性が ギャラリーの中で弾けていました。  何より、ご本人こそが 芸人ならぬ 芸術人? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/03 17:47
へぇ そうだったのか〜 《ブラタモリ 首里》 
 こう きましたか ブラタモリ、、  高低差が外せない 《 ブラタモリ 》 が、丘の上の てっぺんに位置する 首里城の湧水の不思議を解き明かしました。  なんと、琉球王国に繁栄をもたらした 城としての最高の立地も、欠かせない湧水も、サンゴがあったからこそでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/29 01:29
『大気と気象展』 で 楽しく学ぶ
 沖縄で暮らしていると、気象を 身近に感じるようになります。  大海に囲まれ いたるところで水平線が見渡せる環境と、 何といっても 台風の通り道です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/02/25 08:54
今年は一斉に
 寒緋桜は どうも気まぐれで、、 その年によっては あまり花を付けなかったり、 咲いた と思ったら すでに葉桜が目立っていたり、、  樹によって 開花がバラバラだったり、、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/23 10:08
【プロ野球キャンプ】 読売ジャイアンツは5年ぶり
 巨人軍のキャンプ地にやってきたけど、 なんだかな〜  5年前と変わらず、他のキャンプ地と違って 選手を 身近に感じることが出来ません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/22 16:29
ジャズ★ナイト
 那覇市若狭にある 《 ジャズライブイン寓話 》  昨夜のジャズナイトは ジャズヴォーカリスト 中本マリさんで 大盛り上がりでした。  長く 第一線で活躍されている 中本マリさん、 今年69才とか、、    とても若々しくて、素敵に お年を重ねられたようです、、 とってもチャーミングでしたから♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/19 21:56
白梅 香る 
 国場川を見下ろす 丘の街にきました。  なんとも上品な甘い香りが あたりに漂って、、、 梅です、 白梅。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/16 13:16
気まぐれ猫だって甘えたい
 膝の上が大好きで まったりと抱かれていた 姉さん猫の みるこ を、 ちょっと羨ましそうに 見つめながらも 甘えられない・・  抱っこの嫌いな猫 と 思っていた こうこが、最近 こんな姿を見せてくれます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/13 13:24
あぁ 憧れの台湾茶
 台湾茶を飲ませてくれる 《 流求茶館 》 におじゃましてから、 脳の一部を 台湾茶が占拠したみたいに 何かにつけて現れてくる、、  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/11 15:37
『木梨憲武展 』 が いよいよ(^^♪
 美術館のエントランスが こ〜んなに なってました。  なんなんだ この華やぎ感は、、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/07 17:36
130年前の首里城
 今朝の地元紙の一面には セピア色の首里城の画像が 大きく掲載されていました。  1881年〜83年頃に撮影されたとみられる この写真は、 山形県米沢市 「上杉家所蔵資料」 の中から 発見されたと記されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/06 17:55
【プロ野球キャンプ】 晴れたっ! ヤクルトスワローズへ行こ
   冬に 貴重な小春日和、 明日からは また 雨模様で寒くなりそう、 ヤクルトスワローズが キャンプをはる 浦添運動公園に GO! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/04 17:43
生まれたての 眩しいアート達
 この作品を見た瞬間、 私は ジワジワと 胎児に 逆戻りしていくようでした。  眺めるほどに ほっこりしてくる、 癒しの空間を 創り出していました。  真ん中の大きなドームには 入って寝そべることができました、 アンチエイジングの効果大だったかもね、 入ればよかった、、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/31 00:33
絶景かな、、首里城未公開エリア(2)
 ドラマ 「テンペスト」 の最終話で 今まで見たことのなかった 首里城からの眺望が映し出されました。  私は CGかも・・ と 綴ったものでしたが、 あの眺望が見られる場所がありました、、 首里城未公開エリアに・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/30 16:07
レアな見学会 首里城未公開エリア(1)
 日傘必須の 冬晴れの1月16日、 首里城から見る 那覇市内です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/27 19:33
おぉ さぶっ!
 午前6時半、朝刊を取りに玄関を出た瞬間 頬が キーン!  午前8時、この冬初めての ダウンジャケットを羽織って 外出してすぐ 「このままだと手が かじかむわー!」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/24 16:49
沖縄にも雪は降るの?
 夕方の天気予報を見ていたら、お天気お姉さんが 「日曜日は 沖縄にも強烈寒波が来そうです。」 って!  おまけに 「今まで 体験したことない寒さかもしれません。」 って、、   うれしいーっ♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/22 20:48
尚円王の息吹を感じる 内間御殿
 第二尚王統の始祖 尚円王が 《 金丸(かなまる)》 と 呼ばれていた時代に住んだ 内間御殿 の敷地を巡ってみました。  かつてを彷彿させる 重厚な石積みや井戸、御嶽などの遺構が点在していています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/17 11:15
エステの贈り物♪
 プレゼントをいただきました、、 エステティックサロンの利用券♪  ○○才にして エステ初体験、、 行くというだけで 前日からウキウキです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/14 16:01
内間御殿の門前
 本島中東部の 西原町までやってきました。  目的地の真ん前で 思いがけない こんな歓迎を受けて テンションは大盛り上がりです。  満開のコスモスが 涼しい風にそよいでいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/11 16:00
沖縄に 「掃苔」 芽吹く
 2012年から 地元紙に連載されていた 『眠れる先人たち−墓所にたずねる琉球・沖縄史』 が 12月 最終回を迎えました。  本日付の文化面では 《 沖縄に 「掃苔」 芽吹く 》 と題して、 著者 仲村顕氏へのインタビュー形式で 連載の功績と労を称えていました。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/07 23:21
史跡 御茶屋御殿跡に 新情報
 御茶屋御殿(うちゃやうどぅん)  王国時代の 首里王府の迎賓館でした。  首里崎山町、 首里カトリック教会と付属幼稚園の建つ場所に、かつて その 御茶屋御殿が 存在しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/01/04 21:10
一月一日
 波上宮 です。  崖の上に立つ神社 に 今年も詣でました。  波の上のビーチには人影も見えます、 ビーチで遊ぼうかって気になるほど 暑いくらいのお正月になりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/01 21:13
大晦日は 博多「樋井川」風 もつ鍋で
 もつ鍋に どんぴしゃな ホルモンを見つけてしまいました、 糸満市のうまんちゅ市場で、、  「もつ鍋 食べたい!!」  それで 大晦日の、 2015年 〆の夜メニューが決定しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/31 22:49
気分転換は漫才と、、
 おせちも そこそこ出来た、 年の瀬の買物もした、 遠方にいる家族に荷物も送った、、 疲れた、、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/29 21:22
あぁ はずかしの大龍柱
 海沿いを走る臨港道路を 那覇市若狭に差し掛かったら 目に飛び込んできたのは ドデカイ龍柱でした、、 びっくりポンや!  ああ これだったのか、、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/25 12:54
佳き日
 晴れ間がのぞいた 12日、 家族の祈願詣でに 波之上宮に。  安産祈願、お宮参り、七五三、安全祈願、商売繁盛・・・  さまざまな家族の さまざまな祈りを、波之上の神様は お聞き届け下さいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/14 13:42
古城のあるところ
 ≪天空の城≫ など 城郭ブームの昨今ですが、 糸数グスク (南城市玉城字糸数) も 古城の魅力を十分に体感できる城跡です。  Google地図から頂いた画像です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/10 20:26
なんてカッコいいんだ 糸数グスク
 石積みを、グスクを見るなら ここでしょう、、、  かく言う私も 初めて訪れたのですが、 古えのグスクの気を (こんなのありましたっけ?) ガンガン感じたのでした。  こんなに カッコよかったんだ 糸数グスク。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/12/08 22:01
沖縄県立埋蔵文化財センター
 行きたい 行きたいと、ずっと片思いしていた 《沖縄県立埋蔵文化財センター》 に ようやく、、  発掘資料から 沖縄の歴史を識る、焦点を絞った シンプルな見学ができます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/30 22:20
元気になったね
 ご近所で見かける この仔は、 人懐っこくて、 ひとり遊びをしている様子が健気で、 おまけに だいたい同じ場所にいるものですから 行き交う人からも 可愛がられてる ノラちゃんです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2015/11/25 10:26
年賀状ができました
 早々と 年賀状が出来ました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/21 19:32
≪羽地朝秀の墓≫を目指してみた
 儀保の交差点を 県道241号に折れて 「末吉公園」の 駐車場に車を止めました。  公園を出て 県道を浦添方向に 1〜2分ほど歩くと 「平良」バス停。   バス停手前の細い脇道に入れば、すぐ右手に 人ひとり通るのが精一杯の山道が フェンスに沿ってあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/16 21:34
朝焼けに誘われて
 少し 早起きをした。  新聞を取りに出たら 眩しいくらいの朝焼けが 東の空を照らしていた。  昨晩 警報が発令されるほど降った大雨が、長い間 那覇の上空をおおっていた湿り気を 吹っ切っていったみたいだ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/15 14:24
結核のこと知って下さい(3) ≪投薬と管理≫
 感染症の患者に対する 医療に関する法律 第18条・第19条 をうけて、 私は 入院と同時に 保健所の管理のもとに 治療にあたることになりました。  入院の勧告、そして 就業制限がかかります。  それでも、どう考えたところで、今 自分に出来ることは 治療に専念することだけでした。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/11/13 19:43
結核のこと知って下さい (2) ≪感染と発病≫
 過去に、タレントのJOYさんや ハリセンボンのはるかさんが、結核にかかっていたことを公表しました。  結核に感染するのは 高齢者に限ったことではありません。  実際に、私と同時期に入院していた方のなかには 20代や40代の方もいました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/11/11 11:46
結核のこと知ってください (1)
 「排菌が確認されたので 入院していただきます。」  「えっ、入院ですか? 今? すぐに?」  「そうです、今 すぐに! 2か月かかると思って下さい。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/09 20:32
思いがけないこと・・
 ブログ更新のお休みを 余儀なくされました。  連れ合い、仕事、家事、猫・・・  突然のことで 簡単には開き直れないジレンマを抱えながら しばしの引きこもり。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/07 16:37
琉球初心者マーク 〜琉球沖縄の歴史年表〜
 初心者と いうからには、いの一番に 年表をもってくるべきでした。  沖縄には 日本本土の年表とは違う、沖縄独自の歴史年表も 適用されています。  本土とは 一線を画する時代もあった 沖縄の歴史の流れです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/10/14 00:00
紡木たくの 眩い静寂
 消え入りそうなセリフ、感情を抑えた表情・・ 残した余韻は すべて 画面の余白に漂わせて 読み手にゆだねる、そんな 抒情にあふれた 紡木たくの世界は いくつになっても かつてを呼び起こします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/12 12:10
永遠の マーガレット
 創刊号の表紙です。  マーガレットの花が たくさん載っていたと 記憶していました。  50円だったんですね、、 低学年の小学生には 毎週 買えるはずもなく、近所の 大きいお姉ちゃんが読んだあとに 廻してもらっていたのを思い出しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/11 19:33
時間を忘れる 『石田尚志 渦まく光』 の世界
 静かなのに 激しくて、 あふれる感性に任せているようなのに 知的で、 現代アートであるのに どこか 和の世界も感じられる・・・    こんな作品 初めて観ました。  ひと言でいうなら、、、  うん、気持ちよかった! 爽快感が あとを引く展覧会です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/10/07 16:30
わたしのブログ
 10月4日、ブログ開設 5周年を迎えました。  毎日更新とはいかないのですが、件数はいつのまにやら 615件に・・  内容は おもに 沖縄の時節、 風景・・ そして、歴史 ときどき ひとり言。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/05 20:58
私だけのマーガレット展
 水野英子の ≪白いトロイカ≫ で ロシア帝政時代の 壮大なロマンを知ってしまった。  西谷祥子が描く 口絵の 美しすぎる少女達に見入っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/01 13:23
スーパームーンの輝く夜
 午後8時40分、南東の風が飛ばす 早い雲の流れに スーパームーン が見え隠れします。  確かに いつもより大きいし、明るい・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/28 21:48
シェービングブラッシュの木
 検索で この名前を見つけるのに 一時間は かかってしまいました。  しかも 植物として ヒットしたのは たった一件のみ、 名前だけでも分って スッとしました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2015/09/25 16:40
初めましてイオンライカム ようこそルピシア
 今年4月にオープンした 「イオンモール沖縄ライカム」 に ようやく・・・  ところで ≪ライカム≫ という ネーミング、ゴロよく 響きよく 「なんてカッコいいネーミングなんだろう」 と 思ったものです。  ≪ライカム交差点≫ など、すでに浸透している 区域の名称でした。  琉球米軍司令部(Ryukyu Command headquarters) 略して 「RyCom(ライカム)」  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/23 11:35
絵が動く・・ 『石田尚志 渦まく光』
 惑星の爆発が見えた気がした。  鳴門のうず潮が見えたと思ったら、無機質な コンクリートジャングルも 一瞬 見えたような、、、  わっ、海の中に入り込んだ〜 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/17 22:54
m(__)m な オジギソウ
 11日に 見つけた ≪オジギソウ≫ は ホントに オジギソウなのか 確かめに、、、  ちょっと葉に触れるだけで 見る見るうちに 葉が閉じていきます、オジギソウでした○ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/14 14:09
オジギソウ見つけた♪
 小学校の敷地の塀を這い登っている 可愛いピンクの花を 見つけました。  綺麗な球をつくって 小手毬のようです。  見たことあるような ないような、、、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/11 11:29
成人病レクチャーのお裾分け
 350mlコーラには スティック 10本  スポーツドリンクにも スティック 10本  缶コーヒーには スティック 7本  あんぱん一個 スティック なんと 15本 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/08 16:49
☆サプライズセレモニー☆
 お祝いを 胸いっぱいいただきました。  どんなお祝いっていいますと、、、 ヒントは画像の中に・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/07 12:23
≪いゆじ≫ と いう海鮮居酒屋は・・
 昨晩 しこたま魚を食べた!  この上なく新鮮で、とうぜん美味くて、 どうやら この店の大将は、魚を、魚のいちばん美味い食べ方を 知り尽くしているような、、  大将、元海人でした? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/01 15:40
『大哺乳類展』 で感激してきた
 剥製作りは芸術だ と思って見つめた ≪リーチュエ≫ の姿  中央アフリカの 水辺に生息しているんですって、、  子供向けの展覧会と 思いきや、珍しい哺乳類を間近で見られることや、剥製になってくれたからこそ じっくり観察できることに感動してしまった 沖縄県立博物館 『 大哺乳類展 』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/28 22:20
総理、こんな沖縄に、、
 コンクリート住宅が建て込む路地を 一瞬で駆け抜ける暴風・・・  逞しい亜熱帯の植物も 右に左に泳がされて 葉音のやかましいこと。  ドンッ! 暴風が 壁に打ち当たったみたい・・・  ピューーー、 いやだ 我が家のすきま風。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/24 11:10
又吉直樹著 『東京百景』 買ってしまった・・
 3ページほど読み進んだあたりで フッと 香ばしい匂いが漂った、、 んっ?   広げた本に顔をうずめてみた・・  うん、この匂い匂い、、 新しい本の匂いが 妙に懐かしく思える。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/08/19 23:15
イリオモテヤマネコの住む島
 ジャングルの水辺で、いきなり 水面に頭を突っ込んで、なんと潜って、一瞬で魚を捕えた イリオモテヤマネコ。  闇の中で撮られた映像でも はっきりと生態がみてとれて 思わず見入ってしまいました。  NHKBSプレミアムで紹介された 南西諸島の自然の一コマです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/17 23:59
恩納村の山中の超穴場=OIST
 恩納村の山中に 突如 現れる 近未来建築。  押し寄せるカルチャーショックに ワクワクしながら訪れたのは 【沖縄科学技術大学院大学】 略して OIST  40以上の国々から 集まってきた研究者や学生、大学生活に関わるすべてが 英語で行われているとか・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/12 23:30
雑貨屋≪ふくら舎≫ は楽しめる
 手にしたとたん、ポッテリとした可愛い厚みに 更に 愛着がわきそうな 琉球ガラス器が並びます。  ただ そこに置いておくだけでも 心が満たされそう・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/08/05 19:36
≪まるどりや≫ は上質の地鶏を炭火で
 ようやく 吹く風に冷気が戻ってきた夕暮れ時の 松山あたり。  さすがの 県内きっての繁華街も、 この時間は まだ まどろんでいるように静かです。  美味しい 地鶏を食べさせてくれる 炭火地鶏焼き ≪まるどりや≫ に向かっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/01 23:12
真夜中に 見知らぬ猫がベッドにいたら・・
 これ、ほんとの話・・・  現在のマンションに引っ越した当日の夜のこと、 思い出しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/30 22:41
えっ・・・ 燃えてる?
 んっ? 左の肩が明るい・・・ 部屋が朱い・・・  あわてて 外を見たら 西の空が燃えていました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/26 00:16
忘れたくない言葉 ターシャ・テューダー
 花ガラを摘みながら、 土を掘り起こしながら、 お茶を飲みながら、 絵を描きながら・・・  ターシャ・テューダーは いつも低い声でゆっくりと、とつとつとした口調で語っていました。  その 心地いい口調が語る、まるで 紡いでいるような言葉も また、胸にストンと落ちてくるのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/25 11:37
忘れたくない人 ターシャ・テューダー
 アメリカでもっとも愛された絵本作家  ターシャ・テューダー  NHKが 過去に ターシャの暮し、育んだ庭の四季などを紹介していました。  今も頭から離れないほど、自然とともに生きる 温もりと 美しさと 優しさにあふれたスローライフは衝撃的でした。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2015/07/23 19:58
「ニシムイ」 こんな沖縄の歴史
 引き伸ばされた セピア色の写真パネルに にこやかな笑顔で納まる男たちがいます。  荒廃の様さえみせる風景をバックに、 だけれど 表情は明るく、 高らかに 明るい未来を呼び込んでいるようで 見つめながら 笑みがこぼれてしまいました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/21 16:37
おめでとうございま〜す 東急ハンズOPEN!
 本日土曜日、車の渋滞を避けて 朝一番、 昨日 那覇市 新都心に オープンした 「東急ハンズ」 に早速・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/11 14:13
台風9号の雲が掛かりだしたよう・・
 青空がのぞいているのが かえって不気味な今朝の那覇市。  モノレールも通常通り、 でも、近所の小学校は 昨夕の時点で 休校が決定しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/09 09:25
窓辺の訪問者
 こうこ お気に入りの窓辺を 珍しいこと、まるくん が 独り占めしていました。  東に向いたこの窓は 風がぬけて気持ちいいし、 おまけに ご近所の子供たちの遊ぶ声が聞こえてきて、好奇心旺盛な こうこ には 楽しい窓辺♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/07 10:40
沖縄の ノスタルジック・スィーツ
 手作りの アガラサー を頂きました。  アガラサー って、 蒸す って 意味ですって! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/03 14:28
金星と木星のランデブー
 一週間ほど前から 西の空に瞬く 二つの明るい☆ が気になってました、 あんな星座あったかな・・・  調べてみたら 1999年以来、16年振りに 金星と木星が 接近して見えていたのでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/01 22:34
猫もよろけた 石畳道
 おなじみの 「首里金城町の石畳道」 の近くを通りかかったので ちょっとだけ 寄り道! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/16 20:12
円覚寺を支えた礎盤
 沖縄戦で 伽藍は ことごとく 消滅し、 いかにも 儚げな 小さな池と 橋と、 山門に続く 階段だけが かつてを留める様を 眺めていると、 不思議と、 なにもないこの場所に 陽炎のように 寺院が ゆらめいて見えるようなのです。  僅かな遺物だけれど、きっと 多くを語っているのだと思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2015/06/13 18:10
なんて花だろ? 天使の羽根は コンロンカ
 小さな花なんだけれど、 なんだか 天使の羽根のように軽やかで 愛らしくて 目を引きます。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/10 17:20
山羊が守る? 「銘苅墓跡群」
 降ったり止んだり じめじめの梅雨空・・・  さいわい微雨、 生気に満ちて 輝くような植物なぞ 愛でながら、 今日はテクテク歩こう!             ・             ・             ・     那覇市新都心 銘苅地区には 広い緑地が保存されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/06 20:27
『 沖縄のふろしき うちくい 』 展
 ふろしき・・・ 最後に使ったのは いつのことやら 記憶にないほど 出番がなくなっています。  ところで、 風呂敷の語源は、風呂の湯上りに 衣類を身に着けるために 敷くものだった、 ですって・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/03 22:30
まるくんょ〜
 日本人は 猫や犬の どこに 魅力を感じているのかって 調査をする番組が 過去にありました。  調査の結果は、猫の場合は どうやら こんなとこのようです ↓ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/31 19:53
煙る街 背脚に容赦なき 梅雨
 ブログ記事の タイトルを 考えるのが 楽しくて、 5・7・5 調 だと ゴロよく決まって 超スッキリ!  そんな矢先に 「プレバト」 なる TVで、 キレのいい 夏井先生の俳句の添削を知ってから、 ときどき頭が 十七音の妄想を始めだした・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/25 13:47
桜坂劇場
 建物の1F、向かって右は カフェ ≪さんご座キッチン≫  黒い板張りの床や 木調の家具、 レトロ感ただよう店内は さながら 70年代 足しげく通った記憶が甦る、学生街の喫茶店・・・ てな 風情です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/05/22 17:31
桜坂の人気もん
 桜坂 と いうくらいですから この坂の先、 2005年 閉館となった 「シネコン琉映」 の、そのレトロ感を 逆手にとって 新たに生まれ変わった、観光客にも 地元の人にも人気の ミニシアター 「桜坂劇場」 があります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/20 20:22
男気入れました? 居酒屋≪ 離 ≫
 昼間の暑気もすっかり消えて 涼しい風が 久茂地川沿いの道を 通り過ぎます。  ずっと 気になっていた 居酒屋へ、 ≪ 離 ≫ へ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/17 18:03
伝説の地(4) 斎場御嶽の見学が 進化した
 リピーターに ビギナー、 御嶽が どんな処か まったく判らない方、ハイヒールで来てしまった方。  訪れる すべての方を ≪斎場御嶽(せーふぁうたき)≫ は、まるで おもてなしを するか のように迎えてくれました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/05/15 22:34
伝説の地(3) ニライカナイは見えるかーい 藪薩の浦原
 創世神 アマミキョの 国造りは 七つの御嶽 を創ることから始まります。  四番目に創られたという ≪藪薩の浦原(やぶさつのうらはら)≫ の展望台から 百名の海岸を見下ろしています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/13 10:43
伝説の地(2) 神様の仮住まい 浜川御嶽
 ≪浜川御嶽≫ 本来は (はまがーうたき) と よびます。  「カー」 と 呼ぶくらいですから 湧水のある場所で、 遥か 東方から海を渡って この地に降り立った 琉球創世の神 アマミキョ が ひと休みされるのには もってこいの場所だったのでは・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/11 17:26
伝説の地(1) 神秘の ヤハラヅカサ
 琉球沖縄 開びゃくの 伝説にまつわる史跡を訪ねて 百名(ひゃくな) へ、 まずは ≪ヤハラヅカサ≫ へ・・・  干潮時間も ちゃんと調べました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/09 13:57
首里城で拾った ちょっと お得な風景
 首里城正殿 二階、 赤漆に きらびやかな螺鈿細工が眩い 玉座のある 「大庫理(うふくい)」 の窓が 珍しく開けられていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/06 21:47
空つなぐ 小桜の塔に こいのぼり
 「小桜の塔」 に 差し掛かったら、小桜の塔 の上にも こいのぼりが 風に舞っていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/05 17:35
この あんこがクセになる ≪千日≫のたい焼き
 そういえば、沖縄で たい焼きを買ったのは 初めてです。  なかなか 美味しい あんこに 出逢えないことが 遠ざかってた理由かも・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/02 20:33
琉球国 第18代 尚育王の御姿
 研究、調査、制作にかけた期間はなんと5年。  制作にあたったのは 東京芸術大学保存修復日本画研究室、 日本画技術の 粋を結集させて甦った 「琉球国 第18代 尚育王」 の肖像画を ようやく 目にしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/27 23:10
首里城は入園者5000万人達成!
 明日で公開終了となる 「第18代 尚育王」 の 復元された 御後絵(おごえ=肖像画) を見に 首里城へ・・・  歓会門前で 偶然 遭遇したのは、開園以来 5000万人目を 迎える首里城の 一大イベントでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/25 16:34
まる君 座ったの?
 もの思いの最中ですか・・・  なにを 考えているの・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/23 19:15
久米大通りに残る歴史のカケラ(2)
 国道58号線から 久米大通り に入ってすぐ、通りの西側には 天妃小学校 があります。  その敷地の一角に 「久米村」 の名残が しっかり残されていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/20 18:04
かつての久米村 ぶらぶらぶら(1)
 中国と 深〜い繋がりがあった 琉球王国。  その歴史のカケラを ぶらりと 探しに来ました、見つけられるかな・・・ 場所は かつての久米村 です。  国道58号線の 泉崎交差点に架かる 歩道橋の上に立ちました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/14 16:51
二人の報道カメラマンが撮らえた沖縄の現実(2)
 そこだけ 時間が止まってしまったかにみえる 空き地となった土地の一角には、 小さな祠が ポツンと立ってあったり、 かろうじて 雨風をしのげるように作られた祭壇には ひっそりと香炉と湯飲みが供えられています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/10 17:58
二人の報道カメラマンが撮らえた沖縄の現実 (1)
 〜 壕は 自然の鍾乳洞を利用したものだった。 懐中電灯が照らした 澄んだ小川の中に 数体の遺骨や遺品が水底から浮かんできた。 このように 人知れず眠っている遺骨が まだ 数多く 山野や埋没壕にある 〜   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/07 13:23
なんて花だろ? 蒼い蝶・・
 あれ♪ きれいな花  見慣れているはずの 那覇新都心公園の一角に 見つけたのは 初めて見る花でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/03 17:35
うみそら公園の猫
 那覇市辻 波の上うみそら公園の 海に向かって建つ東屋で ひと息つこうと おじゃましたら 先客がいました。  4匹の猫ちゃん・・・  くつろいでいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/01 07:08
今どきの絵画 ≪デイ・ドリーム≫
 「 いちばん ワニ らしくて、 いちばん サメ らしくて、 いちばん タコ らしい 絵画 」  妙な表現ですが、まちがいなく その対象の、 これぞ ○○な イメージの瞬間を 捉えた絵画に思えて、 なにより 私には面白かったのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/30 20:03
沖縄初、泡盛蔵元の地ビールは美味いよ〜
 ≪青い空と海のビール≫ 地ビールです。  あえて 直球できた、これぞ沖縄な ピンポイントのネーミングと、 そして デザイン♪  なんと、泡盛の蔵元 「ヘリオス酒造」 が 1996年から製造している 沖縄で初の 地ビールでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/23 15:08
イノシシとブタの話はいかが?
 〜〜上顎の犬歯が ニョキリと上を向いて 角のよう    しかも 上唇をつらぬいて おでこに向かって成長する  進化の途中で、おかしいと気づかなかったのか!? (抜粋です) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/17 17:31
こんな寒い日
 本土で爆弾低気圧が発達して 被害の心配までされるときは、さすがの沖縄も(それなりに) 寒い冬に舞い戻ります。  ここ数日の最高気温 16〜17℃ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/12 20:27
沖縄の地層には人類の謎が埋まっている話
 「DNAの観点からは 日本人は 単一の民族ではなく、世界中に拡がる 様々なグループの遺伝子が混ざり合っている民族だと 念頭において下さい。」  こんな前置きから 始まった講演、 のっけから 「へぇ〜!」  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/10 21:17
≪蒼Cafe≫ の可愛いゲスト
 この日、可愛いゲストが 久高島を望む ≪ 蒼Cafe ≫ のテラスでくつろいでいました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/07 21:33
蒼Cafe・・ この蒼々たる眺望、そして空間
 琉球の時代、祭祀空間の頂点にあった 斎場御嶽(せーふぁうたき) に 向かう途中に そのカフェはあります。  のどかな田舎の風景に 不思議と馴染みながらも、美術館と見紛う スタイリッシュな外観。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/05 21:58
カンヒ? ヒカン? なごり桜
 内裏雛の男雛と女雛と、  あれ? どちらが どちら側でしたっけ・・・  天皇陛下の即位式を思い出して、お内裏様には 向かって左に お座りいただきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/02 19:41
♪ ドナドナドナドーナ
 思わず、あの もの悲しいメロディー ≪ドナドナ≫ が浮かんできてしまった 名護の とある交差点。  違うよね、きっと。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/28 00:05
【プロ野球キャンプ】 〆はカープでラッキーディ
 ほとんどの球団が キャンプを打ち上げた26日、なんとか 間に合った・・ 空模様を眺めながら 広島東洋カープに大急ぎ!  黒田選手の復帰で 大いに沸いている沖縄市の 「コザしんきんスタジアム」  真っ赤なユニフォームが フィールドに映えてきれいです。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/27 00:15
『球屋』で 生産日本一の車えびを食べたい!
 沖縄が車えび生産量日本一 って、ご存知でしたか?  先日の 阪神タイガースキャンプ見学の帰り、宜野座村野球場から ほど近くにある、気になってた 車えびレストラン 『球屋』 に寄りました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/25 22:05
右脳 目覚める 子供を通して見る世界 「ゴー・ビトゥイーンズ展」 (3)
 沖縄県立美術館で開催されている 「 ゴー・ビトゥイーンズ展 」  子供を通して、子供達を取りまく社会の問題に目を向ける、子供だった頃を呼び起こす、そんなきっかけを与えてくれる 秀逸のアート作品が展開されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/23 07:37
【プロ野球キャンプ】 2015 阪神タイガース(2)
 藤浪選手、ブルペン入りしました。  キャッチャーを座らせ、審判の判定がつきます。  「ストライクッ!」  何度も 響いていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/20 20:10
【プロ野球キャンプ】 2015 阪神タイガース(1)
 気持ちばかりが急いて 9時過ぎに到着してしまった 阪神タイガースキャンプ地 宜野座村。  報道陣と一緒に 選手の到着待ちです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/19 22:55
【プロ野球キャンプ】 つば九郎 常勤?
 いきなり つば九郎に出くわしてしまった・・・ 顔 デカ  おまけに、がに股で悠然と歩く姿は さすが 悪行のつば九郎  でも、ゴキゲンで ポーズまでとってくれた♪  どうやら今から ごはん食べにいくみたい・・ ごはん!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/16 22:46
これが ペットボトル!?
 サガリバナは月光を浴びているかのように どこまでも幻想的。   はらはらと散った一輪の花が 川面を流れていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/13 20:24
≪オリーブベリー≫で Happyランチ
 白い壁に 洒落たノスタルジーが漂う 外人住宅の可愛いお庭、 どこからか アリエッティが見つめてないですか・・  お庭の さりげない手入れが温かくて、このアプローチから すでに馴染んでしまいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/11 21:58
砂辺 ある日の風景
 北谷町砂辺の ある日の風景。  夏の頃なら ダイビングやサーフィンを楽しむ人で いつも賑やかな海岸の遊歩道。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2015/02/09 11:58
楽園のカンヴァス
 ヨーロッパの王侯貴族の館で、その重厚さに負けないくらいの 濃厚な絵画を目に前にして、その絵に秘められた画家の想いと表現を ひしひしと感じている わたし・・・ (lucky♪)  そんな 面白い読後感を味わった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/04 13:28
別れビーサの頃
 別れビーサ は 「ワカリビーサ」 と 発音します。  寒の戻りを繰り返しながら 春へと向かう この季節、 その最後に吹く北風を云います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/31 17:54
〜神秘の京の内〜 百人御物参(2)
 首里城内最大の霊的空間 「京の内」 の入り口に 神女の姿が現れました。  実は、まわりには 大勢の観光客やスタッフが 取り巻いているのですが、再現とはいえ 一種独特の空気を醸し出していて、皆、静まりかえって 巡拝を見守っています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/27 19:53
〜神女おでまし〜 百人御物参(1) 
 百人御物参 (ももそおものまいり)   琉球の時代、国の安泰を祈る独自の祭祀システムがありました。 その担い手である神女も、聞得大君(きこえおおぎみ)を頂点に組織化され、首里城を拠点に、祭祀ネットワークが琉球全土に広がり、様々な年間行事が行われていました。 (パンフレットから抜粋) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/25 23:55
気になる 気になる ネコ歩き
 気になるやつが 石畳を スタスタと散歩している  岩合さんの ≪ 世界ネコ歩き ≫  パリの街角で 洒落っ気に満ちた猫たちを とらえていました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/21 22:00
奈良美智さんのお話 ゴー・ビトゥイーンズ展(2)
 奈良美智さんのお話を聴く機会があった。  テーマは ≪自分の感性はどこから来たのだろう≫ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/17 22:41
白い慰霊碑は ≪小桜の塔≫
 昨年 6月27日、 天皇皇后両陛下が訪れ 供花なされた ≪小桜の塔≫ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/01/14 20:02
わ・ら・び・だ・ま 童玉
 おまけに キャッチコピーは 〜せつないのどに〜  キュン♪  製造する 『オキネシア』 が 創り出す商品のネーミングは ハートを掴みます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/12 17:26
師弟の碑
 那覇市若狭 「護国寺」 の境内に並んで建つ 石碑。  向って左は、「波之上の眼鏡(ナンミンヌガンチョー)」 と あだ名されるほど、実は ウチナーンチュに馴染んでいたの? ベッテルハイム。  右は、琉球において 牛痘の種痘を成功させた 仲地紀仁(なかち きじん)。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/01/09 14:43
憶えているかな、思い出せるかな、ゴー・ビトゥイーンズ展(1)
 サン・テグジュペリ 『星の王子様』 が 手元にある。    たしか 子育ての最中のことだったか、 しばらく手にしてなかったこの本を 何気に手にとって、そのまま 本棚の前に座り込んで 一気に読み上げてしまったことがあった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/04 16:39
初もうで
 早朝の境内は まだ 人も少なく、ゆったりとした 初もうで風景です。  繁華街で年越をして そのまま流れてきたのか、 もたつく足に テンションの高すぎるグループが ところどころ 溜まっていますが、神さんに手を合わせる気持ちは みんな一緒ね・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/02 22:13
こんな一年に・・・
 新しい年が明けました  2015年   平成27年  まだ 慣れないな ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/01 00:28
塩の結晶
 家相では 鬼門にあたる北東に、台所やお風呂、お手洗いなど、水回りをおかないことが好ましい・・ とはいいますが、集合住宅ともなれば そうもいかず、我が家も ご多分に洩れず 水回りは見事に鬼門のエリア。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/31 10:23
ここに行かなきゃ始まらない
 糸満市 道の駅 ≪うまんちゅ市場≫ 師走の風景です。  野菜を中心に、なんでもかんでも この上なく充実していて有り難い・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/29 19:21
宜名真沖に眠る難破船〜水中文化遺産展(3)
 822t 3本マストを持つ イギリスの大型帆船 船名 ベナレス  1872年9月13日 香港を出航して サンフランシスコに向かう途中 台風に遭い、当時 琉球、本島北部 宜名真沖の海域にて沈没。  乗組員18名のうち 生存者5名、打ちあげられた4体の遺体は 宜名真の浜辺に埋葬された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/25 21:13
喜名番所 今昔
 この角度、 かの 黒船、ペリー提督一行が訪れ、随行画家が描いた 約160年前の 喜名番所、当時のお役所。  そして この角度、 読谷村、国道58号線沿いにある 現在の 喜名番所、休憩所としての道の駅。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/18 15:13
沖縄に雪?
 新都心公園の芝に 大きな大きな雪だるまが出現♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/14 16:59
やっぱり沖縄は 化石の宝庫
 南城市 「ガンガラーの谷」 の サキタリ洞で、又 すごい発見がありました。  12日の地元紙は 大きく その快挙を伝えています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/13 17:48
未年なのに ・・ネコ
 福々しい(?) 表情の画像があったので、今年は まる君に登場いただきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/10 00:44
愛あるカフェ本 『沖縄カフェ散歩』
 著者が、自身の足と 目と 感性でセレクトした 沖縄本島のカフェ 50店舗を紹介する 『沖縄カフェ散歩』 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2014/12/08 15:32
交易の歴史がザクザク〜水中文化遺産展 (2)
 沖縄の海をイメージしたら、カラフルな魚がサンゴに群れて、 まるで宝石箱・・・  でも、そのサンゴ礁の外海では、何百年もの昔から 様々な船が行き交い、その証が 長い歴史を抱えたまま 海の底に眠っている・・・  今まで 見たこともなかった、沖縄の海の 違う側面を改めて識る  『水中文化遺産 〜海に沈んだ歴史のカケラ〜 』 を 観ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/04 14:51
ペリーの随行画家 ハイネの水彩原画 初公開
 その原画は 46×85  挿絵のイメージしかない私の目には 大きく見えました。  でも、広角的にとらえた風景に 群衆まで綿密に描かれているんですものね! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/01 21:05
早すぎるやろっ
 ・・と、 思わず 突っ込んでしまった 桜一輪。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/29 15:56
色とりどり ブーゲンビリア
 「旧暦9月のあいだは まだまだ暑いさ〜」  昔の人は 自然のサイクルに 教えを乞いながら 暮らしてきたんですね〜  近所のおばあちゃんが 何気につぶやいた通り、11月に入っても夏日が続いている沖縄です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/26 18:05
海に沈んだ歴史のカケラ〜水中文化遺産展(1)
 長さ 7.6m 巾 3.6m  ドッカーン!  これ、なんと 進貢船のイカリです。  琉球の時代、中国の皇帝への貢物を載せ、交易を繰り広げていた、あの 進貢船の舳先に装備されていました。  と いうことは  ・・・進貢船、どんだけ デカかったの〜! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/25 13:56
健さん・・ ♪時代おくれが聴こえる
 日頃、著名人の訃報を知っても、 正直なところ、瞬間 驚いては 淡々と受け流していた。  昨日の 昼過ぎ、テレビの生中継で流れた 高倉健さん 逝去の報道に 涙が ぽろぽろこぼれてきて 自分でも 不思議で仕方なかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/19 18:09
ご存知でしたか・・ 米軍基地の名称
 国道58号線を北上して、嘉手納町に入ってきました。  延々と続く フェンスに挟まれて 国道を走ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/17 19:31
リゾート独り占め 「貸別荘シャローズ」
 那覇を出発したときは 薄日が差す曇り空でしたが、時間を追うごとに青空が広がってきて、恩納村に到着した頃には 海の色も冴えきっていました。  海辺と一体になったようなロケーションの 白亜の別荘を訪れました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2014/11/14 20:06
こんなところにも琉球が
 浦添市、経塚と安波茶(あはちゃ)の 二つの区域を隔てる 谷川に下りてきました。  復元や 保存される史跡の在り様も様々ですが、 こんなところに 国指定の史跡があったとは・・・  住宅地に挟まれて ぽつねんと残る 王国時代の史跡は、石畳の一枚でさえ 愛おしく感じられる風情です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/11 14:26
マジムン(魔物)封じの 塚
 浦添市経塚 丘の上の街まで上がってきました。  この街を 「経塚」 とした由縁が この地に残されています。  ちょっと 興味をひく 故事や伝説とともにね・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/08 22:54
はくぶつかんのお庭
 この民家の中で、 たしか・・ お庭に植えられている苧麻(チョマ)から 繊維を取り出し、糸を紡いで、その糸で布を織る と いう工程を体験する ワークショップが行われていました。  機会があれば、次は是非 参加したい と 思っていることのひとつです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/05 07:50
〜往復書簡〜 もうひとつのオキナワ
 遠い遠いボリビアの地が、不思議なほど 近くに感じられた番組でした。  沖縄県のどこ? と 思えるほど、ピュアな沖縄を見せてくれた場所、 そこは もうひとつの オキナワ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/04 14:29
円覚寺 「山門」 復元へ
 タイトル そのまま頂きました。  27日付の地元に発表された 「待ってました!」 な うれしい情報です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 5

2014/10/30 12:52
カーミージーから 空寿崎(2)
 きっと、沖縄の どこでも見られる フツーの海岸です。  その 昔から変わらない海岸が、今 少しずつ姿を変えつつあります。  だから、普通であることが とても大切になってきた 空寿崎(くうじゅざき) の風景。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/26 23:20
行きたかった・・ やっと行けた 空寿崎 (1)
 浦添市、58号線沿いの西側を阻んで 延々と フェンスが続きます。  米軍基地「キャンプキンザー」 が、その多くを抱えこんでしまった 浦添市の西海岸に広がる イノーに 早く 行きたかったのには訳がありました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2014/10/25 15:58
話題の食空間 POSILLIPO〈ポジリポ〉
 正式名称 POSILLIPO cucina meridionale 〈ポジリポ クッチーナメリディオナーレ〉 むつかしいよ〜〜   今、瀬長島の高台に・・・  話題のイタリアンレストランにいます。   何はともあれ、まずは この眺め・・・ 右に見えるのは 那覇空港です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/10/18 15:06
久米村と いえば 象棋(チュンジー)
 そう、 象棋(チュンジー) 中国から琉球に伝わった 盤上のゲームです。  『久米村(クニンダ)−琉球と中国の架け橋−』 展、 展覧会場には ≪チュンジー体験コーナー≫ が設けられていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/14 21:42
久米村に 琉球史がみえる
 久米村 と書いて (クニンダ) と呼びます。  今でも 年配者を中心に通用する 本来の呼び方です。  久米島?  いえいえ、現在の那覇市久米、市内中心部に位置する この辺りが 昔のクニンダ、琉球と中国の関係維持に不可欠の土地でした。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2014/10/13 23:47
よりによって この時期に
 秋の行楽 三連休でした。  12日に予定されてた 『那覇大綱引きまつり』 は19日に延期、 関連イベントには中止となるものもあり、全体に縮小されます。  今日 開催だった 『伊平屋ムーンマラソン』 は 中止。  その他、この連休期間に予定されてたイベントは 悉く 延期 中止で、那覇の街は突風が吹きつけるだけです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/11 11:51
来ますかっ 東急ハンズ!
 来年の夏にね、、  出来るんです、、  県内2店舗目の〜  東急ハンズ!! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/09 20:18
幸せの青い鳩
 夕方、 ぼんやりとした薄日が差すベランダで、猫の こうこ が 「フニャ〜ン」 と ふがいない鳴き声を 何度もあげています。  覗いてみたら、ベランダの手摺りに 一羽の鳥。  緑色の・・・ 美しいオリーブ色の・・・ 鳩? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/10/05 23:18
ブログ4周年にみえた 今夏の気象
 「沖縄県内 9月の気温は史上最高の見込み」 との記事を 朝刊に見つけました。  統計開始の 1946年以来、9月の平均気温は最も高くなる見込みなんだそうです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/29 23:34
秋・・ 色彩と風のシンフォニー
 実物を観るまでは 水彩画 だとばかり思っていました。  こんなに たくさんの色と グラデーションが織りなしているのは、なんと 「木版画」  内間 安瑆・・  沖縄移民2世のアメリカ人で、その作品は 海外の主要な美術館が所蔵するという、沖縄に所縁の作家。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2014/09/27 22:59
沖縄そば、やっぱり ≪てだこ≫ は美味しいわ♪
 ここの 沖縄そばを食べたあと、必ず 口をついて出る言葉・・・  「 やっぱり てだこ は 美味しいわ!」  浦添市仲間  浦添市図書館 の近くにある ≪てだこそば≫ は いつ行っても行列覚悟。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/23 22:50
色彩やかに 琉球王 甦り
 公開をずいぶんと待ちました・・・ 復元された 『御後絵(おごえ)』 が ようやく お披露目のときを迎えたようです。  御後絵 とは、琉球王が薨去なされた後、在りし日のお姿を 後世に残すための肖像画のことです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/21 21:02
思ひで美術館
 困ったことに、そこに どんな作品が掲げられていたのかも まったく思い出せないのですが、その傍に 静かに座っていた女性の事は 不思議と覚えているのです。  その監視員の女性は、作品とともに 部屋の空気感をも創り出しているようでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/18 23:33
夕暮れに おなじ時刻の 西(いり) 東(あがり)
 この日の夕方、夕焼けを反射させてキラキラと、それはそれは 美しい金色の雨が降りました。  まるで、天空から 鐘の音色とともに、雨 というよりは 金砂が降りそそいでいるようでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/11 23:57
まる 改名す!?
 「まる の名前を テツ に変えよか、そうや! テツ がええわ 」  へそ天でごろ寝している まる をながめていた連れ合いが おもむろにつぶやいた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/06 20:34
秋の散策なら やちむんの街
 夏休みも ようやく終わり・・・  思った以上に もの静かな やちむん(焼物)の街は、石垣が続く裏道を 涼しい風が通り過ぎて、秋の風情さえ感じます。  市街地にいて こんな抒情あふれる風景のなかを散策できる ・・・ 琉球・沖縄の 陶器の歴史と魅力が、ギュッと詰まったような 壺屋の街です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/02 22:10
真の先駆者では・・高嶺徳明
 本島中部、西原町の 琉球大学医学部キャンパスの前に立つ りっぱな顕彰碑のことが気になっていました。   『 高嶺徳明(たかみね とくめい)』 あまり聞き覚えのない名前ではあります・・ が、実は とんでもない功績を残した人物でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/28 23:59
あっぱれな サルスベリ
 夏真っ盛りの沖縄、 至るところで見られるのが サルスベリの木です。  いろんなところに たくさん植わっているので あまり気に掛ける事もなかったのですが・・・  この咲きっぷりには 恐れ入りました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/25 17:46
≪服部コレクション≫って どんなコレクション?
 山形の 「服部天皇」 との異名をとる 実業家のコレクションのこだわりって どんなだろう・・ これも観覧の ひとつのツボ。  山形美術館が収蔵する ≪服部コレクション≫  戦後の パリの画壇に名を残す 58名の画家の60作品が、今、沖縄県立美術館で公開されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/21 23:25
バスを待つ木陰
 通り雨もなさそうな あっぱれな夏空のもと、 とある街角に 涼しげな木陰を見つけました。  あれ・・・?  心憎い配慮もステキな バス停がつくり出した木陰でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/19 20:41
お盆、終戦の日、そして もうひとつのオキナワ
 昨日 8月15日、 地球の反対側、 南米ボリビアにある ≪オキナワ≫ では、入植60周年の記念日を迎えました。  現地 17日に開催される 記念式典では 「かぎやで風」 が披露されるのでしょうか・・  勇壮な エイサーの太鼓が 会場を唸らせるのでしょうか・・  沖縄料理が振る舞われて 皆さん、故郷の味に舌鼓を打つことでしょう・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/16 23:40
紅型を 未来につなぐコンテスト
 この紅型作品のタイトルは ≪母ガメの想い≫  昨年の 「紅型デザインコンテスト」 の大賞作品です。  『りゅうぎん 紅型デザインコンテスト』 会期最終日の今日、 今年の 入賞作品を 観覧しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/10 23:24
コブラ!? 蛇じゃないですよ!
 伊江島のゆり祭り の お土産に頂いた ユリの球根、5月に満開を迎える 沖縄の テッポウユリ の印象があったので、 はて この球根、いつ植えるや・・・?  調べてみたら、球根の乾燥は禁物と あったので、植えたのは 確か 5月下旬のこと。  そして 8月  ・・・咲きました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/08 12:14
≪目利きの銀次≫で 魚 食べやがれ!
 らっしゃーい!!  威勢のいい声で迎えられて 入った店内は、これまた活気が あるわあるわ・・  那覇新都心の ほぼ中心にある ≪ 目利きの銀次 ≫ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/05 11:58
12年に一度のニュース
 琉球神話においての聖地 久高島。  東方の海の彼方にあるという楽土、ニライカナイ に繋がると されている久高島。  琉球創世の神 アマミキヨ は 島北端の カベール岬 に降りたった と されている久高島。  かつて、琉球王が 最高神女 聞得大君を伴い 礼拝に渡っていた 久高島。  全ての土地は 共有地、現在も 王国時代の地割制度を 唯一 残す 久高島。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/31 14:40
気持ちはわかるけど・・
 東からの風が部屋を通り過ぎて 扇風機もいらない 涼しい朝です  こうこちゃん はどこかな・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/28 08:40
熱い! 「篠山紀信展 写真力」
 引き延ばされたポートレートが、まるで 壁画のように迫ってくる 圧巻のギャラリーです。  沖縄県立博物館 ≪ 篠山紀信展 写真力 ≫ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/25 20:44
今どきの日本画 ≪イロトリドリ展≫
 首里城の 外郭を間近に見る 首里当蔵の町に 「沖縄県立芸術大学」 のキャンパスがあります。  日本画を専攻する学生のグループ展 ≪イロトリドリ展≫ を 観ました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/22 16:18
下世話な話でゴメンナサイ
 先ほどね、 『 開運 なんでも鑑定団 』 の再放送を見てましたら・・・  1964年 東京オリンピック の 聖火トーチが鑑定されてまして・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/10 16:01
茅葺屋根で台風に立ち向かってた沖縄民家
 午前7時現在、那覇市の 暴風警報は解除されましたが、激しい雨と雷、強風も吹いて 時折 突風を起こすので 外出など まだ油断できない状態です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/07/09 07:41
嵐を前に
 夕方、19時30分の光景、 明日の 荒れ狂っているだろう天候とは 真逆の夕焼けが 街を 薄紫に染めていました。  ただいま 21時18分、 時々、いきなりの突風が 窓の隙間にいやな音を残していきますが、吹き荒ぶような風の音はしません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/07/07 21:52
なんだか怖くなってきた
 安倍総理が にこやかな顔で記者会見に臨むものだから、なんぞ エライ いい事でもあったんかいな と 思ってしまった。  集団的自衛権の行使が 閣議で容認されたんだ。  こんな、国の進む方向を 変えることになるやもしれない大事なことを こんなに急いで、 国民に なんの相談もしないで・・  そうか、今の内閣は なんでも与党の思うがままだった・・ 私たちがそうした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/02 00:08
旬素材をお洒落に食す ≪BE NATURAL≫
 サトウキビ畑と民家が交錯する のどかな郊外の景色が車窓に流れます。  あ〜 っと、 見落としたっ!  カフェレストラン ≪BE NATURAL≫ は、こんもりとした お庭の樹木の中にありました・・  こりゃ 見落とすわ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/01 21:22
実は・・ ≪オジサン≫という魚
 某ソーラーシステムの会社のCM、 「実は・・・ 」 美人女優 が、あれこれ ヘ〜! な 実話を披露する。  「実は、 オジサン と いう 魚がいる!」   ・・・「はいっ! いるっ、います。」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/27 17:42
たれ猫 まる君
 まる君、元気です。  食っちゃ寝 食っちゃ寝の生活で 病院に行くたび 体重が増えて 3才にして もうメタボ。  保護者としましては 不徳の致すところ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/26 09:43
「新収蔵品展」 の レアもの
 ≪三線を弾く琉球美人≫ 兼城昌興(1866-1930) 作  三線は、原則として 王国時代から 男性が弾く楽器でしたが、例外として、遊郭などでは 女性が 芸として身につけることもありました。  チャーミングな琉球美人が 三線を弾く様子を描いた図 は、そういえば 珍しいのかもしれません。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/06/24 23:32
梅雨明け 見っけ
 きっと、いよいよ 長かった梅雨から抜け出した と 思うのです。  新都心の片隅、大きな 亀甲墓 に差しかかったら、向かいに繁る 雑木林から、 ミィーン ミィーン ウィーン・・・  えっ? セミの鳴き声?   とたんに 頭が熱くなってきた・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/20 17:02
優しさに包まれる台湾茶カフェ≪流求茶館≫
 ウッドデッキを上がって ドアの前、 オヤ? 引き戸・・ この新鮮な温もり感に 胸がキュンとします。  優しい色合いでまとめられた チャイナ仕様の店内で フッと頭をよぎったのは、 『千と千尋の神隠し』 の舞台の イメージを求めた と いわれている 台湾 九份 の街にありそうな レトロな茶館。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2014/06/13 22:16
麗しき琉球の記憶
 90年以上も前に 沖縄病にかかった 一人のナイチャー(内地の人) の好奇心が、沖縄の歴史と文化の記憶を底上げしました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/05 16:46
なんて花だろ? 金色の美眉
 金色の長い雄しべが 凛として、まるで 梅雨の中休みの青空に向けて 美しさを 精いっぱい見せつけているようです。  楊貴妃の眉に見えますか? ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2014/05/21 23:54
新鮮!鳥を見下ろす
 カワセミ  翡翠と書かれるだけあって この美しさ。  出会えたら幸せになりそう、ちなみに私は 「御宿かわせみ」 って 時代小説を愛読してました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/18 00:00
不思議なこと・・
 まる君のワクチン接種で 動物クリニックに出向いた日のこと、 壁に貼られている 「猫を探しています!」 のポスターに 連れ合いと二人でくぎ付け・・・  「まる かもよ・・」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/15 08:11
この正直者っ!
 昨年の健康検査受診で、 「腎機能の数値が良くないので 再検査を受けて下さい。」 と 言われた。  素人診断ながら 思い当たる節があったので、再検診には出向かず、思い当たる処を 気を付けたら 改善できるのか、 意識して 一年間を過ごした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/09 22:53
ボンボンツリー
 湿り気を帯びた空気が 沖縄を包んでいます・・ 昨日、例年より早い梅雨を迎えました。  梅雨に入る前に あわててカメラに収めたのは・・ 綿雪みたいなボンボンを いっぱいぶら下げた ボンボンツリー。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/06 22:54
懐古趣味も またいいもの
 1879年から96年までの間の撮影とみられる 「首里城歓会門前」 の写真です。  琉球処分後、 「熊本鎮台兵」 と呼ばれた 明治政府軍の兵士が派遣されていた頃の撮影のようです。  どうみても、首里城歓会門に 銃剣を手にした兵士は似合いません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/04 23:22
『木下晋展 −生命の旅路−』 その人に逢う
 沖縄県立美術館で開催中の 『 木下 晋展 −生命の旅路− 』 のメインギャラリーを席巻していたのは、表現の変革を重ねて到達した 鉛筆画のモノクロームの世界でした。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2014/04/29 22:21
首里の韓国100% ≪雪岳山≫
 首里寒川 の高台にある 韓国料理店 ≪雪岳山≫  ソラクサン と読みます。  那覇の街から 遠く東シナ海まで見渡せる 眺めの良い窓辺で 韓国料理のランチを頂きました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/25 21:57
城下町から
 城下町 首里の丘に上がってきました、、  以前、 ウチナーンチュ(沖縄生まれの人) の方々と 車に乗り合わせて 首里に差し掛かった時、皆さん 一様に 「首里はいいよね〜、 やっぱり雰囲気が違うよね〜」 と、感慨深く つぶやいていたのを思い出しました。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/04/23 06:53
ツーショットはまだまだね〜
 こうこ のことを 「アビシニアンのひ孫や!」 って 言ったら、 「アホか!」 って 言ってた連れ合いが、 「まる はノルウェーから来た猫の子孫じゃ、間違いない!」 って、ひとりでテンション揚がってる・・・  アホか ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/19 22:25
人気の本格中華食堂 ≪燕郷房≫
 ドアを開けた瞬間、古い時代の中国の下町にタイムスリップ。  見れば見るほど 上手く創り上げられた 店内に、しばらくは時間を過ごしてしまいます。  なんだか 不思議な空気を醸して、 那覇市泉崎にある 面白い本格中華料理店 ≪燕郷房(ヤンキョウファン)≫ です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/15 15:49
こうこ と まる の同居顛末記 「二匹の距離」
 まる の存在と匂いに こうこ が 早く慣れるように、隔離していた部屋のドアを完全に開け放ったのは 4日目のこと・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/13 23:17
59年の時の流れとともに
 1955年製のワインです・・・   う〜ん、 え〜っと、 えぇぃ もう いいや!    私が生まれた年の ワインっ!!  一昨晩 うやうやしく頂きました・・・  今ではなかなか手に入らないヴィンテージワインだと聞いて恐縮至極・・・   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/11 06:33
こうこ と まる の同居顛末記 「新事実」
 保護した翌日、動物クリニックで・・ 「名前は まるこ です。 女の仔です。」  早速、診察室へ・・ 「外にいた割には 栄養がまわっているな〜 大きい仔だね〜  男の仔よ! 去勢もしてるよ!」  「へっ!? オス?  ・・・スイマセン  ・・・じゃ、名前は まる で!」  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/09 21:32
こうこ と まる の同居顛末記 「出会い」
 ある日の夜、連れ合いが 「大人しい仔やで!」 と 云いながら 玄関に入ってきた、、、 途端、何かが どえらい勢いで ドサリ、ガザガザ・・ ビューンと 家の中を 突っ走ったかと思ったら、、 玄関に出迎えていた こうこ が、ウォーと うなりながら また ビューンと 突っ走って・・・  毛は飛んでるわ・・  訳 分からんわ・・  しっちゃかめっちゃか!! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/08 09:08
♪学校の植木の桑の実を〜
 小学校の校門脇の木を 数人の子供たちが楽しげに見上げているものですから 「何があるの?」 って尋ねたら 「クワ 」 ですって!  「エッ? やまもも じゃないの?」  「ううん、クワ!」  「へ〜、じゃ これ 桑の実?」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/06 17:46
琉球王の存在感がギュッ!(4)
 首里城内、 琉球国王の居住区である 「御内原」 を 巡って、 二階部分で繋がっている 「正殿」 に 入ってきました。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/03 12:45
ねぇ、ムーミン♪
 ムーミン谷 に住みたい!   そう思ってた頃があったな〜  ムーミンワールド・・ と 聞くだけで、一瞬で 心の中が フワフワのわた雲でいっぱいになったみたいに 愉快であたたかくなります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/30 23:42
潜入! 首里城 「御内原エリア」(3)
 「御内原(おうちばら)」 と呼ばれる、 国王と その家族や、仕える女官たちが暮らす、男子禁制の 居住エリアの一部が 今年1月 公開されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/28 22:56
首里城正殿をマジマジ見たら・・(2)
 ここからが、首里城の有料エリア、 御庭(うなー) の はじっこに立って 正殿全景を撮影するのは自然の行動です。  今回は、正殿の真下まで 行ってやりましたっ!  ( いつもと違う目線で 首里城を見てやるんだっ ) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/26 16:29
いざっ 首里城に登城にござります(1)
 我が家のベランダから望む 遥かなる首里城・・・  丘の上に連なる 赤い瓦の波が 徐々に増えているのは気づいていました。  四棟からなる復元建物が完成して 公開されたのは 今年1月・・・ やっと参上の時を迎えましてござります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/25 00:27
友達100匹出来るかな・・♪?
 沖縄の今は 本土なら 5月、ゴールデンウィーク辺りの季節を過ごしています。  つつじが満開で、本島北部 やんばるの山並みは 新芽が芽吹いて 爽やかな黄緑色に覆われていることでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/21 18:17
「ぱいかじ」 都心の ゆるり沖縄
 那覇市 新都心は 返還された基地の跡地にできた新しい町で、 区画整理された街並みは、商業地区、公的施設、住宅区域、緑地・・・  整然として 機能的な街ですが、沖縄をイメージする あたたかさを感じる街ではないようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/18 20:46
三線を愛でる壺 (3)
 その美しい音色や価値を決定づけるのは棹! だそうです。  棹の形は その三線を制作した名工の名にちなんで 大きく 7つに分類されています。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/03/16 23:40
三線の来た道 (2)
 「おうちに三線あるの〜?」   「あるよ〜!」  大阪あるある 一家に一台 たこ焼き器! の ノリで 返事が返るほど、沖縄の日常生活に浸透して在る三線は、どんな道を辿って 今 あるのでしょう・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/12 23:44
【春の花道 2014】 今日は寒くて・・・
 朝から どんよりな天気・・・ 空が、雲が、重そうです。  沖縄にも 寒のもどり・・・ とはいっても、外出に羽織ったのは薄手のジャケット。  台風並みの低気圧で大荒れの、マイナス気温の 本土の様子をテレビで見ては、南北に長い日本列島をいちばん実感する時節です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/08 22:46
沖縄は「三線の日」 (1)
 三線(サンシン) も やはり 中国から琉球を経て 日本に渡ったものの 一つで、 胴の蛇皮が手に入らないため 猫の皮を使用したものが 三味線 として広がっていったと聞きました。  ちなみに 画像は、 キング オブ 三線  『 盛嶋開鐘 (もりしまけいじょう) 』    旧王族 尚家に伝わっていた三線です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/04 17:27
新都心公園で拾った風景
 午前8時の 那覇 新都心公園・・・  ガジュマルなどの大木に囲まれた広い芝には 人はなく、朝の光だけが降り注いでいます。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/03 07:31
ほら、黄色のイペーが・・・
 愛想のない枯れ木のような枝に、いきなり こんなに嘘っぽい造花のような花を付けるんですもの・・・  「 この花 ホンモノ?」 って、初めて見たときに 思ったものでした。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2014/03/02 06:56
「港川人」 この顔だってアリなんです。
 自然を相手の生活は 苦労も多いのか、深いシワを刻んで 表情は ちょっと険しい・・・  それまでの 大陸系の柔和なお顔立ちと 180度違う・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/02/26 23:02
岩合さん 沖縄でネコ歩き
 竹富島の 石灰岩の石垣は散歩道、 赤瓦の屋根の上のシーサーは仲間?  サンゴの白砂の道で どでかい水牛を やり過ごし、、  鮮やかに咲き乱れる ブーゲンビリヤと猫はベストマッチ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/21 23:13
ここだけに流れる時間 ≪小料理 小桜≫
 那覇市の中心街 牧志あたりは不思議な街で、 終日、観光客であふれる エネルギッシュな 国際通り があると思えば、ひとつ 通りを入ると、とたんに 肩のチカラが ゆるゆると ほどけるような レトロな裏町の路地の世界に入り込みます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/19 17:07
国内最古の貝器 大発見!
 今日の朝刊が 羽生結弦くんの金メダルより 大きく取り上げていたのは、 南城市玉城 「サキタリ洞遺跡」 で見つかった、 国内最古で 国内初の 旧石器時代の貝器と、装飾品や人骨などの化石発見の記事でした。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2014/02/16 23:59
【プロ野球キャンプ】 あんな人も、こんな人も、
 11日、日ハムとの練習試合が中止になった 阪神タイガース、 室内練習場のネットの向こう側に、ほぼ選手全員が揃っています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/13 23:48
【プロ野球キャンプ】 宜野座は人口増加!阪神タイガース
 今年も宜野座にGO♪  キャンプがスタートして11日、今年は不安定な天候に悩まされているようです。  この日の午後は 日ハムとの練習試合でしたが、昨夜からの雨で試合は中止に。  小雨が降る曇天に、選手は室内練習場に集結です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/12 17:43
浦添ようどれ 今昔
 「ようどれ」 は夕凪 の意味・・・  二人の琉球王が眠る 王墓です。  浦添城跡の 海を見下ろす北側斜面に 静かに佇む王墓は いつ訪れても静寂に包まれています。  「ようどれ」 と 名付けた人々の想いを 私も想います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/11 00:29
真っ黒な沖縄そば は いかが?
 休日のたびに、ガイドブックを片手に 沖縄そばの人気店を巡った頃も そろそろ遠い昔に・・  見回せば、スーパーには 麺もスープも豊富に並んでいるので、 家で沖縄そば! も 多くなりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/08 08:32
【プロ野球キャンプ】 猫も応援? 横浜ベイスターズ
 宜野湾市、横浜DeNAベイスターズのキャンプにやってきたけれど、残念、ちょうど練習が終わったところでした・・・  でもね! ミーハーなキャンプ見学としましては、宿舎に帰る選手を見送るだけでも楽しめるもので・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/07 08:24
【プロ野球キャンプ】 落合GMも ドアラも!
 プロ野球キャンプにはいい塩梅の 曇り空が続いている沖縄です。  週末からは天気が崩れるとの予報、取り急ぎ 北谷町、中日ドラゴンズにGO! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/06 09:59
森山大道 「終わらない旅 北/南」
 国際的な注目を集める 森山大道さんの個展が、沖縄県立美術館でスタートしました。  こんなに大規模な個展は初めて と 聞きました。   ギャラリーに入る瞬間の高揚感が好きです、 どんな展覧会になっているんだろう・・・ ドキドキ♪  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/04 16:25
フクギの里 備瀬へ・・
 風よけのフクギに囲まれた古民家・・・    昔から変わらない景観を残す里は ひっそりかんとして、フクギの樹々のなかに 沈み込んでいる印象さえありました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/02 22:52
花と人が集う 山の上のカフェ
 今ではもう、沖縄を象徴するカフェといえるのでは・・  「花人逢」 を 訪れました。  ピザとサラダとドリンクのみのメニューなのに、客の絶えない人気カフェ 「花人逢(かじんほう)」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/30 22:17
ご紹介します! イペー
 冬に 本土に渡って 空港を一歩出ると、、 肌を ピシピシと突き刺さすような 痛いほどの冷感が、 これが 一気に 本土の冬の体感温度と懐かしさを呼び起こして、なんとも 心地がいいものなんです。  来た、キターッ って 感じ! ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2014/01/23 21:33
キング オブ 城跡 「中城 」
 城跡に一歩足を踏み入れれば、誰でも 「うわぁ〜」 と 感嘆の声を上げるのでは・・  標高160m、180度パノラマの空の下、美しいアーチを描く相方積みの石積みは、それだけで 大きな存在感をたたえています。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2014/01/19 07:53
宜名真沖に沈没した異国船の話−博物館講座−
 本島最北端 国頭村宜名真にある 「茅打ちバンタ」 からの眺めが、私は大好きなのですが・・  その展望台から眺める海に、イギリスの、3本マストを掲げる 822トン の大型帆船が沈んでいるとしたら・・・  140年間、歴史のタイムカプセルを抱いたまま 未だ静かに眠っているとしたら・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2014/01/13 00:28
春の兆しが・・
 これじゃ ないない!  ホンモノの 寒緋桜・・・  本島北部では そろそろ見頃を迎えるようですよ。  昨年の咲き足りなかった分まで 咲きっぷりのいい桜が見られるといいですね♪ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/12 15:39
知念グスクの城跡で・・
 「カフェくるくま」 の お庭の横の坂道を テクテクテク、、  しばらく下ります。  坂道から、更に 脇に延びる 細い坂を下りますと、現れるのは 「知念城(グスク)」  城跡です。  周囲ぐるりと、鬱蒼とした杜が グスクを取り囲んで、まるで 覆い隠しているかのよう・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/01/10 00:29
見どころ多いわ 南城市
 急な所用で 本島南部、南城市 知念 までやってきたのは 昨年末のこと、 少し時間がとれたので 足を延ばしたのは 人気カフェ 「くるくま」 のお庭、 フリースペースのお庭から 眺めだけ頂戴に来た次第・・・ スミマセン。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/07 20:51
神秘のトンネル 玉城グスク
 数あるグスクのなかでも、創建当時の姿は ほとんど留めていないようなのに、インパクト大な グスクが 南城市にあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/05 23:04
初春に・・・
 2014年を迎えました・・・ 沖縄は暖かさが戻ってきました。  街では 半袖姿も見られましたよ! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/01 22:24
みるこが逝った日
 みるこ は 私たちが初めて触れ合った猫でした。  ペットと暮らすことの幸せと 覚悟を教えてくれました。  初めて目の当たりにする 猫の魅力を 存分にみせてくれました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/12/30 23:57
「カウダ」の夜は更けゆく・・・
 那覇市おもろまち4丁目、モノレール「おもろまち駅」 からもほど近い ビルの 1F、 洒落た居酒屋は 『 ごちそうや可宇田 』    若者に教えて貰わなければ、連れてって貰わなければ 知らなかったはずね! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/27 22:22
豊潤空間 ワインバー「バーガンディー」
 悲しいことに 侘しいことに、日頃 まったく縁がない ワインバーなる空間に お誘いを受けまして・・・  一歩 足を踏み入れると、店内は ワインの魅力と一体化したようなインテリア。  ワインを愛する大人のための素敵な ワインバー 『 BURGUNDY 』 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/24 21:56
年賀状完成♪ やっぱり空がすきみたい
 やれやれ、年賀状が仕上がりました・・・  パソコンでは いとも簡単に短時間で仕上がるものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/18 22:17
百名ビーチを見下ろしながら・・・
 本島南部に点在する人気カフェのなかでも、王道をいく存在の 『 カフェ やぶさち 』  この日も ランチタイムに長い順番待ちの人気ぶりです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/12/14 23:11
那覇市久米 はチャイナタウン?
 8日、「象棋大会」 が行われた 明倫堂 がある 那覇市久米 の周辺は、琉球の頃、クニンダ(久米村) と呼ばれ 特別区のような存在だったところです。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2013/12/10 21:50
象棋大会、えらいことになっていた!
 第7回を迎える 『象棋(チュンジー)大会』 が 開催されました。  無謀にも・・・  よせばいいのに・・・  私もいそいそと大会会場へ・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/08 23:50
きみ、縄文犬?
 鍾乳洞 「玉泉洞」 を 観光の目玉とする ≪おきなわワールド≫  琉球時代の街並を復元した村もあって、 沖縄の伝統工芸や文化を楽しめる 体験型テーマパークになっています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/05 17:22
清々しい 「垣花樋川」
 南城市、 垣花の集落をテクテクテク・・  ずっと訪れたかった、全国名水百選の 『 垣花樋川(かきのはなヒージャー) 』 に 向かいます。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2013/12/04 00:24
熱気の現地見学 「8000年前の土器」
 沖縄の 鍾乳洞で、又、大発見がありました。  南城市、 太古の沖縄が体感できる 「ガンガラーの谷」 の見学ツアー、そのツアーのスタート地点となる ≪ケイブカフェ ≫ が ある 「 サキタリ洞 」 内で発見されたのは、県内最古の縄文時代の土器・・・ この人だかりは 現地見学に集まった人達です。 私も・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/12/01 23:58
カフェ≪土花土花≫ の看板猫ちゃん
 陶芸工房 『青風窯』 は、なんと 沖縄サミットの VIP を もてなす器を 提供していました。  そんな 陶芸工房が生み出した 素敵な ギャラリーカフェ ≪土花土花≫ の 看板猫ちゃんは マーちゃん。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/24 18:05
もう言葉もいらない・・ カフェ≪土花土花≫
 一歩 入ると・・・  このロケーションです、 もう下手なうんちくもつぶやけず・・  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/22 22:44
沖縄初、大規模仏教美術 『京都清水寺展』 (2)
 中央に安置された 清水寺本堂 御本尊 御前立 『十一面千手観世音菩薩立像』 を お護りするように、二十八部衆の内の 6 体が 私達を見下ろしています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/20 08:30
「琉球国之図」 を歩く (2)
 これが 200年以上前の沖縄、 『 琉球国之図 』   実物は国宝級の歴史資料!  『琉球国之図と完全復元伊能図フロア展』 では 複製が展示されていましたが、 縦47p 横85.3p、 大きくはありません。  このサイズなら、国王は自室に掲げて、日々 眺めていらっしゃったかも・・ そんなことを想像してしまいます。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2013/11/18 14:54
伊能忠敬の地図を歩く (1)
 んっ?! 伊能忠敬は 和歌山も歩いたんだろか?   隠国(こもりく) とも いい表される 紀伊の国 熊野の、見落としそうなほどに小さな 私の故郷も歩いたんだろうか?  ふっ と 思いたって、 「 いつ見るの! 今でしょ!」 と ばかりに、大急ぎで この日 最終日の 『 琉球国之図 と 完全復元 伊能図フロア展 』 に・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/11/14 17:46
月夜の 「京太郎(チョンダラー)の歌」
 チョンダラー と いえば、 思い浮かべるのは たいがい 顔は白塗りで、クバの葉のうちわを振りかざし エイサーの演舞を盛り上げる道化師役。  それでもって、酔っぱらってて なんぼ! な、ちょいと お得な役回り と 思っていたら・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2013/11/10 23:53
清水寺 森貫主による沖縄の一文字 (1)
 ここ数年、仏像に飢えてきたな〜と、 実は 感じていたところ・・・  沖縄初となる 大規模な仏教美術の展覧会がスタートしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/05 22:13
BEGIN 泣きの島唄 再び・・
 真っ青な海に 小さなサバニを押し出し、 静かに静かに漁場まで漕ぎ出す、、  網を投げ入れ 刺し網の仕掛けをして、 素潜りの海のなか、長いバチで 魚を驚かせ網に追い込む、、  透き通った海に ゆらゆらと 無人のサバニ、、   その下では、海の中までも 自在に操るかのような おじぃの姿が、、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/31 22:04
ゴイサギの、魚の一気呑み!
 舞い戻ってきましたか?  お元気そうでなによりです・・・  今日も、この河原の、この石の上・・・  いつも ここ! お気に入りですね! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/27 20:43
素通りできない 「道の駅」 許田
 県北部 名護市 まで行ったら 立ち寄らずにはいられないのが、許田(きょだ)インターチェンジからも ほど近い 「道の駅」 許田 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/24 22:48
ご紹介します! 食える クワンソウ
   今帰仁(なきじん)城跡の カンヒザクラ は有名ですが、秋になると 地元紙の紙面を飾るのが 今帰仁村で多く栽培されている クワンソウ です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/10/22 21:09
北山の要 「今帰仁城」
 世界遺産 「 今帰仁(なきじん)城跡 」  正面の石門 「 平郎門 」 を くぐってタイムスリップします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/21 23:55
静寂の 羽地内海
 潮が満ちてきました、、  まだ、台風が残す風が 時折り 強く吹くというのに、この汀の おだやかで美しいこと、、 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/10/18 00:21
水牛車にゆられて・・・
 「 こんなとこ、一生 いくこともないやろなぁ〜!」  そう つぶやきながら 旅行社のパンフの写真を ながめた事は、不思議と よ〜く覚えています。  もう何十年も前、大阪に在住の 独身の頃のこと・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/10 21:55
『緑の抒情 安次嶺金正展』 で癒される・・・
 陽光降りそそぐ バナナ畑のなか、大きな葉をかき分けて 入り込んでいきたくなりました、、  ザワザワと 風にそよぐ葉の音が あちこちから聞こえてきそうな ギャラリーの中です。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2013/10/09 00:10
コンパクト・急激・猛烈
 今朝、久々に清々しい青空が広がりました。  日中、日差しは強いものの 汗とは無縁の気温です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/08 16:52
伝説のニシムイ美術村
 「北森」 と書いて 「ニシムイ」  住所としての表記はなく、モノレール儀保駅のある辺り、 儀保十字路近くの 一定の地域を指す呼称です。  「 ニシムイ美術村 」 は、終戦後 アメリカ統治下の沖縄に存在した 美術家の共同体でした。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2013/10/03 01:05
斎場御嶽 男子禁制に?
 あまりに唐突な記事に驚いたのは9月21日のこと! ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2013/09/30 23:15
ちょっと秋・・・ かな?
 窓を開け放して眠ったら、朝方の涼しすぎる風に 早く目が覚めました・・・ (でも、まだ、掛布団など必要ないんですよ!)  ここ数日、本土を直撃した台風18号や、大陸に向かった19号をやり過ごしたあたりから、沖縄は北東の風が入ってきて 朝晩は涼しくなりました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2013/09/26 17:51
ぜいたくな、首里城 「中秋の宴」
 大陸に向かっているはずの台風19号が、不安定な天候と強風を いつまでも沖縄本島に届けてきます。  雨のぱらつく夕暮れ、空を見上げて悩んだ末に 一念発起して 重い腰をあげて出掛けた先は・・・ 首里城です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2013/09/22 23:38
戦前の沖縄にタイムスリップ
 古い古い モノクロの写真を見るとき、 胸の奥がホッコリ温かくなって、感情がじわじわと胸を突き上げてきて・・・ 気づけば、写されたその場所に 必死に何かを探している自分がいます。  リアルタイムで見ているはずもない場所なのに・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/20 22:57
国宝 『琉球国王尚家関係資料』 から
 沖縄の国宝は 今 現在 1件、 『 琉球国王尚家関係資料 』 です。  古文書はじめ 王冠、衣装、調度品など 美術品も含まれた 1200点余りの 歴史資料 です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/19 20:51
ご紹介します! 沖縄版ガジュマル
 「ガジュマルは歩くんですよ・・・」 って 教えてくれたのは、南城市玉城にある観光スポット 「ガンガラーの谷」 の専門ガイドさんでした。  「えっ、どういうこと?」 と、いろいろ想像を廻らせてみたものでしたが・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/12 22:55
和みと凄味のガジュマル
 どこかで見たことあるわ、この絵とおんなじ木立  ・・・思い出した!   新都心にある 「ガジュマル公園」  ほらっ、絵とそっくりなガジュマルの樹 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/09/07 22:28
散る瞬間は見たよ♪
 早起きは三文の徳! とはよく言ったもので・・・ サガリバナ  名残の花が 朝の爽やかな風に 吹かれていました。  夜 咲きだして、朝に散っていきます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/09/03 21:47
なんて花だろ? 豪華な緑のカーテン
 名前を 「インドシクンシ」 と いいます・・・    シクンシ は漢字で 「使君子」  君子が使わしたような有り難い薬 と いう意味なんだそうな・・・   種子は 昔から 回虫駆除剤に使われたそうです。  原産地はインド南部、更に ミャンマーなどの熱帯アジア。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/30 21:36
「目からウロコの大生き物展」 サンゴ話 (3)
 毎週のように、シュノーケルを楽しみに出掛けたときもありましたが、今まで サンゴのことを 気に止めたことがありませんでした。  沖縄県立博物館で開催中の 「目からウロコの大生き物展」 では、沖縄に密着した自然も 解りやすく 楽しく 紹介していました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/28 23:02
「目からウロコの大生き物展」 ヤモリ話 (2)
 「キュキュキュキュ・・・」 夜になると どこからともなく聞こえてくる この鳴き声を、今まで 気にすることもなく やり過ごしていたのですが、妹猫の こうこ が、夜な夜な 目と耳を研ぎ澄まして 声の主 ヤモリを探しまくるものですから、近頃 やたらと存在感が増した ヤモリ! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/25 23:24
「目からウロコの大生き物展」 ヤマネコ話 (1)
 こちら、 イリオモテヤマネコ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2013/08/24 22:28
エイサーの壺
 夕刻ともなれば、遠く、近く、どこからともなく太鼓の音や地唄や囃子が流れてきて、夕食の準備もままならないほど こころが逸って すぐにでも観に行きたくなるのです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/20 23:43
海上にかかるカーテン
 海の上をスコールが走っています。  まるで レースのカーテンが風にゆれているように見えるのは、周辺に陽が差す 「狐の嫁入り(天気雨)」 の現象だから・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/19 22:58
黒毛和牛食べ放題 「蔵の釜」 教えたくないけど・・
 今年2月にオープンした 穴場の焼肉店 見つけました、 教えてもらいました♪  困ったな〜 誰にも教えたくないな〜  ・・・行列が出来たら困ります。  でも、納得の焼肉店なので・・・   那覇市壺屋2−26−11   「 黒毛和牛食べ放題 蔵の釜 」   なんと、A4ランクの黒毛和牛をバイキングで堪能させてくれる焼肉店。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/16 23:46
ジミー大西作品展★ジミーちゃんはスゴイ!
 ギャラリーに入ってすぐ、掲げられている作家の挨拶文に まず惹かれました。  テレビで観る印象とはまるで違って、とつとつとした語り口で 言葉を選んでは 噛みしめるように、偽りない心情を話す様子が目に浮かぶようです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/08/05 22:20
琉球初心者マーク 〜(2) 分断?独立?沖縄の行方〜
 廃藩置県で 「沖縄県」 と 改名した琉球・・・   なぜ沖縄?     古くから 人々が自分たちの住む沖縄島を 「ウチナー」 と 云っていたことが基になっているようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/01 23:35
琉球初心者マーク 〜(1) 琉球処分って何ですか〜
 「琉球処分ってなんですか?」    ほんの数年前、私が尋ねた言葉です・・  初耳だったのです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2013/07/25 23:45
見れば見るほど変わった形
 食べられるそうですが、市場でもスーパーでも売っているのを見たことはありません。  居酒屋のメニューにも見当たりません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/22 22:46
トンネルを貫けたら 空だった。
 那覇空港から 「うみそらトンネル」 を 若狭側に貫けたら この空でした。  あ〜 気持ちいいなぁ♪   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/17 17:55
草間彌生についていけるか やってみよ!
 なんで水玉なのか、どんなに右脳を働かせても、これはきっと 草間彌生さんにしか分らないのだ・・・  でも、よく分からないなりに ドットにまみれたら 何だか楽しそうな気がして、ぶれない 佐喜眞美術館 の 『 草間彌生展 』 に出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/12 23:30
阪神タイガース 沖縄初の公式試合
 沖縄セルラースタジアム、 阪神タイガースを迎えるには最高の観戦日和 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/09 23:41
佐喜眞美術館は ぶれない
 とてもコンパクトだけれど、私は ここの美術館としての佇まいが 好きです。  宜野湾市上原 にある 私設の 佐喜眞(さきま) 美術館。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/07 22:30
満天の星に抱かれる・・・
 砂浜に打ち寄せる 波の音が聞こえてきました。  夜の海です・・  浜をとり囲む木々が 月の光で 黒いシルエットになって浮かび上がりました。  群青の空に 満天の星が現れました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/04 17:30
なぜなに? 「さいおんスクエア」
 便利な立地なんだけどな〜  ここに 東急ハンズが出来てりゃな〜    従来の狙い通り、人の流れを変えられたと 思うんだけどな〜 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/02 13:26
波止場の 「港町食堂」
 あ〜 びっくりした!  こんなにギャップが押し寄せる食堂は初めてです。  港の真ん前、 そう、波止場!  この建物は 倉庫?  簡易の事務所?   ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2013/06/29 22:37
水納島で見た パライバブルー
 この海の色に パライバトルマリン の石をかざしてみたら 染まってしまって見分けられないでしょう。  それほど パライバブルーなこの海は、本部半島沖に浮かぶ 水納島(みんなじま) 別名 クロワッサンアイランド です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/06/27 21:33
みんな暑い日
 真夏日が続く沖縄  でも、風が吹くので 日陰は涼しいんですよ  最高気温だって 33℃ を超える日はほとんどありません   ただ紫外線の強さは厳しいです、、 痛い! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/25 14:26
竹富島抒情
 空気感が違う という表現が こんなに 当てはまる島は 日本中探しても 唯一 ここだけでは、、  石垣島から フェリーで10分の 竹富島。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/06/19 22:22
琉球風 廻遊式庭園(3)
 ユネスコ世界遺産に登録されている 琉球王の別邸 「 識名園 」 の お庭を廻ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/17 22:51
王様の別邸をご紹介(2)
 識名園の 御殿(うどぅん) におじゃまします。  沖縄の 伝統的な民家風ですが、 格式の高い家屋の造りです。  絢爛豪華ではなく 一見 素朴な印象ですが、ゆったりとした空間は、なるほど 王様の別邸です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/10 21:26
識名園におじゃまします(1)
 梅雨時の雨のすき間に、6年ぶりに訪れた 識名園(しきなえん)  1799年、15代 尚温王 の時に 完成以来、 冊封使などを歓待する 迎賓館としての役割も持つ 王家の別邸でした。  世界遺産に 登録されています。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2013/06/07 22:43
完熟までお楽しみ♪
 パッションフルーツの実がなっていました・・・  植わっているのを見るのは初めてです。  ここは那覇市おもろまち、 「那覇市緑化センター」  緑のカーテンよろしく 壁をおおっています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/04 22:30
那覇市内の移動にいいかも!
 6月1日、那覇市内を巡る 新しいカタチの周遊バスが 運行スタートしました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/06/03 00:09
まだ 梅雨だったよね・・・
 いくら暑いとはいえ この恰好はないわ、 こうこちゃん!  昨日、元気に3才を迎えたよ♪  娘盛りだよ! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/02 00:17
「 佐川美術館所蔵 平山郁夫展 大唐西域画への道 」 (2)
 展覧会の作品は、仏教伝来の道筋に沿った風景の 日本画、水彩の素描画で 展開されています。  仏教生誕の地、インド・カンボジアから シルクロードを経て、中国、韓国、そして 日本へ・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/06/01 00:05
「平山郁夫展」 に臨む (1)
 平山郁夫画伯の作品が 眼の前にあります。  私はただ 静かに、与えていただくのみ の心持で 作品に対峙しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/31 17:34
ペンギンみたいな野鳥
 我が家の近くを流れる川で 時々見かける 野鳥。  首をすくめた時の立ち姿、 横から見ると ペンギン にそっくりなので 「この子、何モノ?」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/27 22:10
最強家系図 「家譜」 を 拝観
 沖縄には最強の家系図 「家譜」 が あります。  琉球王国時代、士族階級に義務付けられた一族の記録で、公的に管理されていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/26 23:14
テビチを作りました♪
 沖縄ではテビチ・・  豚足の煮物のことをいいます。  沖縄そばのメニューに 「テビチそば」 は 定番だし、居酒屋では、味付けして煮たテビチを 更に揚げてみたり、焼いてみたりの バリエーションメニューが楽しめます。    沖縄料理に欠かせないテビチ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/20 21:35
北斎が描いた琉球(3) 「仲島の大石」
 那覇市泉崎のバスターミナルに、この場に一見 似つかわしくない 大岩 が保存されています。  葛飾北斎は、この大岩が タイムスリップしたような風景も描いていました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/17 21:25
北斎が描いた琉球(2) 「波の上宮」
 葛飾北斎が琉球を描いた木版画 『琉球八景』 のうちの一枚  「 筍崖夕照 (じゅんがいせきしょう) 」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/14 23:20
北斎が琉球を描いていた(1)
 あの 葛飾北斎 が琉球を描いていた!  えぇっ!  このビッグネームと琉球との繋がり??  180年あまりも昔のこと、 正直、ピンときません・・・  ですが、その版画は浦添市美術館 に収蔵されていることは 聞いてはいました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2013/05/10 22:40
月桃と 雨と・・・
 気が付けば、月桃の花が 重そうなつぼみの房を たくさんつけていました。  今日は 少し肌寒い曇り空、、、  朝方には小雨がパラパラと 月桃の花をゆらしていました。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/01 21:21
この言葉はない!
 「主権回復の日」 の 式典の翌日の沖縄県地元紙。  サンフランシスコ講和条約が発効され、日本がアメリカから 実質 独立したこの日、 沖縄が日本から切り離され アメリカの統治下に置かれたこの日を、 沖縄では 「屈辱の日」 と呼ぶ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/30 21:53
ふしぎ・・不思議・・の三色玉
 又、なんか やらかしています  お気に入りの玉をくわえてきて ボトン・・  こうして、しばらくの間 ひとり(?)遊び  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/24 21:35
伊江島 城山(タッチュー)の頂上へ
 「伊江島ゆり祭り」 日帰りバスツアーの行程では、伊江島のシンボル、城山(タッチュー)にも立ち寄りました。  まさか、てっぺんまで登れるとは・・・ 着いて初めて聞いたのでビックリ! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/04/19 21:26
伊江島 リリーフィールド公園
 沖縄ではテッポウユリが見ごろを迎えていて、しばしばローカルニュースに登場します。  なので、数年前にいそいそ出掛けた、伊江島のリリーフィールド公園の思い出話。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/16 21:55
今日はここ!
 こうこちゃん、居心地はサイコーですか?  だけれど、何とも つまんなさそーな顔・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/11 21:47
ひねもすのたり な 奥武島で
 ひんやりとした風も心地いい この日、向かったのは、南城市玉城 奥武島(おうじま) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2013/03/21 23:29
楽しさと迫力の 「スタジオジブリ・レイアウト展」
 一言でいえばアニメの下書きの鉛筆画・・・  でもそれは、 キャラクターの位置や背景、カメラワークや色指定まで決定づけた、仕上がりに基づいて描かれています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/19 21:34
あの日から・・・
 我が家の近くは 海抜 4 m  那覇市の各地に、この表示が見られるようになりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/11 16:42
【春の花道 2013】 南国に吹雪く花
 台風の塩枯れで、長い間 寂しかった花の道に 春の花が還ってきました。  雑草が生い茂るばかりだった 川沿いの道に、近所のおばさんが たった一人で造りだした花の道です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2013/03/06 21:21
美ら海水族館を裏ワザで!
 もう二度と 撮れないかもしれない 貴重なショット!    朝 いちばん乗りで 受けた恩恵は 「美ら海水族館」 世界最大級の水槽の前に たった2人だけ・・・    独り占めには コツがありました。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/28 21:26
王妃をギロチン台に導いた首飾り
                              「なら、身に着けてごらんになりますか?」 と 問われれば、 「とんでもございません、 これに見合う風格も 服も 持ち合わせておりません。」 と なるのですが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/25 22:02
「マリー・アントワネット物語展」 ため息の衣装
 ヴェルサイユ宮殿 「鏡の間」 をイメージした空間に、浮かび上がるように展示された マリー・アントワネットの 5点の復元衣装、 絹やアンティークレースなどの素材から制作、着せ方まで、史料をもとに忠実に再現されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/15 23:21
朝方のおともだち
 いつ頃からか ベランダの庇と 排水管のすき間を寝床にしている 一羽の イソヒヨドリ  どうやら ここで夜を明かしているよう ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/11 22:36
40万本 真冬のひまわり畑
 本島中部 北中城(きたなかぐすく)村の ひまわり畑、なんと約40万本の ひまわり だそうです。  訪れたのは5日、真冬に 想像以上の見事なひまわりに囲まれて いっぱい元気をもらってきました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2013/02/08 17:12
【プロ野球キャンプ】 キー太 は大忙し♪
 沖縄キャンプで この可愛い仔を見たのは初めてです。  選手に負けないくらい 取り巻きを従えて・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/07 00:33
【プロ野球キャンプ】 今年はイケるで! 阪神タイガース
 朝 10時、 室内練習場でのウォーミングアップが そろそろ終わるころを待ち構えるファン、選手はこの前を通って球場に向かいます。  周りでは 楽しくなるほど大阪弁が飛び交っています・・・ 私にも 懐かしくてうれしい 年に一度の宜野座村。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/06 21:53
「スタジオジブリ・レイアウト展」 が待たれます
 ちょっと面白いチラシをゲットしました。  沖縄県立美術館では、2月22日から 「スタジオジブリ・レイアウト展」 が 開催されるのですが、 そのチラシ! ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/02/03 17:05
プロ野球キャンプスタート!
 プロ野球 春のキャンプ開幕です。  日本プロ野球チーム 9チーム、 あまり知られてないですが、韓国プロ野球チームも 6チーム。  なんと 県内の いたる地域のスポーツ施設で、ひしめき合うようなキャンプ状況です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/02 09:51
粋でおしゃれで美味しいビストロ 「モンマルトル」 
 モノレール おもろまち駅・・・  陸橋から、真っ赤なアクセントカラーも粋な ガラス張りのお店が すぐそこに見えていました。  美味しいフレンチがいただけるレストランが 昨年末にオープンしたらしい、、 との噂が気になって気になって!  行ってきました、 フレンチレストラン 「モンマルトル」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/31 23:16
ワイルドな遊び場 真栄田岬
 海へのエントリーには この階段を下りていきます。  夏休みの頃ともなれば この階段、下りる人 上る人で大渋滞・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/27 23:12
やんばるの満天ロッジ 「沖縄かぐや姫」
 実は 教えたくはないんだけど、こんな素敵な処が あることも知ってほしい、、  複雑な想いで、やんばるにある ロッジの思い出を綴っています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/24 23:44
なるほど 人気の沖縄そば 「玉屋」
 沖縄に住んで ひと段落して・・・  フッと周りを見渡して驚くのは 沖縄そば の店の何と多いこと!  県民が どんなに沖縄そばを愛しているか 分かるってもんです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/18 22:51
 はじめての美術館
 美術館に 小学生の団体が訪れていたのに出くわしました。  美術館の学芸員に ボランティアも参加して、 驚いたのは 子供達を5〜6人のグループに分けて、グループごとに 1人のボランティアが付いて解説していたこと・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/16 21:05
1月 満開のコスモス畑
 一昨日の午後、沖縄地方を通過した低気圧が 関東に あんな大雪を降らせるとは・・・  うって変わって 沖縄は、申し訳ないほど穏やかで 気温も上昇、上着もいらない天気に 久し振りのプチ遠出です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/15 16:52
精いっぱいの甘え方
 ソファにかかったジャケットフードの中を シャカシャカ掻いて もぞもぞと入り込んできた こうこ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/14 22:41
幻の中国人画家 孫本長
 孫 本長 (そん ほんちょう) という 中国人作家の作品を 初めて目にしました。  中国 黄河の中流から上流にかけて広がる 黄土高原の 農村の生活を描いた作品です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/13 16:27
変化していく市庁舎です。
 新しく建て直された 那覇市市庁舎が 1月4日から起動を始めました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/10 20:58
日本のシュリーマン 「大山盛保生誕100年記念 発見への情熱」 展
 この企画展、港川人ファンの私は楽しみに待っていました。  「港川人」 は、1970年にひとりの民間人によって 発見されました。  ほんの偶然からではなく、情熱と信念と執念でもって 1万8千年の眠りから起こしました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/08 21:28
イノーは楽園! 大渡海岸 
 かの ジョン万次郎、 アメリカから 帰国の際、この海岸に漂着・・・ とされていますが、 実際は その漂着は 装ったようです。  当時、日本は鎖国の最中でした。  琉球に漂着! は、帰国し易い 道筋だったのかもしれません。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2013/01/06 22:48
女で溢れかえった 「アジアをつなぐ− 境界を生きる女たち」展
 画像の現代アートの作品は 「 PinkRoom 」  ピンクは女の怒りや愛、美しさの裏には不安定もある  ビー玉の床はきらびやかだが 誰もそこに立つことはできない  椅子は私の体、女性としての誇りを持ち 欲望や希望もある  鉄の爪は強さと不安定・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/04 11:14
スポーツ・祭り・参詣 「奥武山公園」
 那覇空港から 国道58号線を那覇市の中心街に向かうと、右手には 読売ジャイアンツが春季キャンプをはるセルラースタジアムが見えてきます。  銀色の、変わった形のドーム屋根を持つ武道館も・・・  大きなガジュマルの大木 (明らかにつくりもん!) にツリーハウス・・・ これ、未だに何なのか よく分かりません・・ たぶんレストラン?  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/02 00:50
沖縄は暖かなお正月です。
 2013年、新しい年が明けました。  沖縄は 雲は多いものの 薄日が差す穏やかな天気、でも 鮮やかな初日の出は望めなかったかもしれません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/01 15:40
沖縄本島 北の果て 国頭村 茅打ちバンタ
 夢の中でしか見られない光景じゃないか、、 と 錯覚をおこすような眺めなんです。  国頭村宜名真(ぎなま)  「茅打ちバンタ」 の展望台から東シナ海を眺めています。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2012/12/31 01:13
年の瀬の 一コマ
 年の瀬・・・  年賀状も送ったし、お歳暮も済ませた・・・  いらないモノをいっぱい捨ててきたし カーテンも洗った・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/25 22:12
「港川人」 はどこから来たの?
 1万8000年前の人類 「港川人」 は いったいどこからこの沖縄にやってきたのか・・・  クリスマスを前にして、 壮大なロマンのお話を聴く機会がありました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/12/23 17:11
本部町 瀬底ビーチの思い出
 10数年前、初めて訪れた 瀬底ビーチ は のどかな イチャンダビーチ (無料の穴場ビーチ) で、広〜い ビーチに 人は数えるほどの寂しさ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/21 22:22
象棋(チュンジー)大会に参加しました!
 16日、沖縄の伝統将棋である象棋(チュンジー)大会が開催されました。  学生服姿が大勢・・・     小学生も! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/18 20:13
恩納村 万座毛の楽しみ方
 沖縄きっての景勝の観光名所、万座毛 (まんざもう)    第13代 尚敬王 がこの地を訪れたとき、「万人も座することができる」 と 評したことが名前の由来とか!  毛(もう) は、芝や原っぱのことです。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/14 23:45
リゾートのメッカ! 恩納村
 少し変色も見られるフィルムのスナップ写真・・・  沖縄に縁ができた当初、 100%観光気分で、瞬きもする暇もないほど あちこちに車を走らせていた頃のものです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/13 23:13
伝説の「銘苅子」 のその後 (2)
 子供の頃に聞いた天女のおとぎ話の記憶は もう おぼろげになってしまいました。  沖縄にもある 羽衣伝説 は、ユネスコ世界文化遺産の 「組踊」 の演目 『銘苅子(めかるしー)』 となって、現在も しっかりとこの土地に息づいています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/06 23:00
都会の真ん中に羽衣伝説 (1)
 わざわざウォーキングを実践してはないけれど、 歩ける機会は逃さずに 楽しんで歩くようにしています。  那覇市新都心界隈・・・   新しい街ですが、少し歩いただけで 車の移動だけでは絶対見つけられない、歩いていればこその発見がたくさんあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/03 22:28
「南洋桜」 とも称される トックリキワタ
 トゲトゲのある 如何にも南方系の幹に、こんなに綺麗なピンクの花を咲かすのです。  このアンバランスは一度見たら忘れられません。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2012/12/01 23:17
博物館関わり記念の公募展
 写真の公募展というものに 初めて応募させていただきまして・・・  テーマは 『 沖縄の現代生活 』 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/26 23:22
五月晴れのような 秋晴れ♪
 秋晴れの今日、心地いい風も吹いています・・・  湿度もどっかに吹っ飛んでいったかのような 爽やかな一日です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/21 16:02
オススメ! 本場韓国家庭料理
   チヂミ       ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/18 16:52
象棋(チュンジー)ゲームのいいもの見つけた♪
 韓国ドラマの時代劇を見ていたら、王妃の居室に置かれた 煌びやかな調度品の中に、なんと 象棋盤を見つけました。  そういえば朝鮮王朝も 琉球王国と同じく 中国への進貢国でした。  官服や冊封体制など、時々 琉球との共通点が垣間見られて 興味をそそります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/13 20:50
どーもヘンだと思うんだ・・・
 亜熱帯 沖縄も、さすがに夜は寝やすくなって、掛け布団にくるまる幸せをかみ締める今日この頃! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/12 01:02
勝連城の命運 『護佐丸・阿麻和利の乱』 (2)
 国王の娘を妻に迎えるほどの 地方の豪族、 勝連城主 「 阿麻和利 (あまわり)」 は どんな人物だったのでしょう。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 2

2012/11/11 01:22
絶景かな!勝連城 (1)
 頂上からは360度の景色を見下ろせる ここは うるま市勝連、 勝連城跡 です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/08 23:38
首里城外郭 南エリア 御茶屋御殿まで (2)
 首里城の東側から、城壁の外郭を時計回りに、 更に 南の方向に下ってきました。  首里崎山町、 「 崎山公園 」 から 正殿の横側と 未公開の 「 二階御殿 」 の赤瓦の屋根が見えています。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/30 23:30
首里城外郭 南エリアを歩く (1)
 那覇市国際通りでは この時間、 『 首里城祭 』 の大イベント、「琉球王朝絵巻行列」 が 華やかに繰り広げられていたことでしょう・・・  首里城公園 開園20周年を迎える今年、10日間に亘って、首里城周辺を中心に 琉球王朝を堪能できる 祭りのイベントが目白押しです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/28 23:20

トップへ | みんなの「沖縄」ブログ

沖縄〜 パライバブルーな季節風 沖縄のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる