沖縄と大阪の 県民ショー ♪


 唐突ですが、、 沖縄と大阪、よく似ています。
 先日 「よしもとクリエイティブカレッジが 東京 大阪に続き、沖縄に学校をつくる 」 との 記事が、、  納得!



 沖縄に住んでいると、至るところで 大阪弁が耳に飛び込んできます。

 統計をとってみると、大阪からの観光客や移住者の数は かなりのモンかも!



画像

 大阪市立歴史博物館から大阪城を望む



 昨年、沖縄の組踊がユネスコ無形文化遺産に登録されましたが、大阪には すでに登録されている人形浄瑠璃(文楽)が、、  古くから 国立文楽劇場を構えるほどの大阪を代表する伝統芸能です。



 そうそう、 沖縄には沖縄芝居。
 大阪には松竹新喜劇に端を発する新喜劇。 

 どちらも長~い歴史をもつ 庶民が支えてきた 笑いあり 涙ありのお芝居ですよね!


 笑いの壺はどちらも方言!?

 若い人がしゃべらなくなった方言を ユーモアたっぷりに取り入れて 笑いが ドッカーン!!

 方言を楽しんでしまう、、 この気質も きっと一緒! ( ・・と、私は常日頃思っているのです) 



 方言を楽しむ と いえば、、

 大阪のお笑い芸人のあいだには、 かなりの年寄りしか しゃべらなくなったような コテコテの大阪弁 ( ~でんねん ~まんねん など ) が まかり通っていますが、 今や そんな大阪弁は ≪ お笑い専門用語 ≫ と いえそうです。

 が、 沖縄も 大阪も この方言にソウルフルを感じる、 そして 腹から笑える。



画像



 笑い と いえば、、

 沖縄人も 大阪人も、 お笑いや芸能は生活に欠かせないものと 遺伝子が記憶してるのかも、、


 お笑いや芸能を 生んで育てて アピールできる基盤が こんなに数多くあるところって、他にあるかな?
 ローカルタレントが こんなに活躍しているところって、他にあるかな?


 で、よしもとが 沖縄に更に進出してくる、、 なるほど納得!

                         

この記事へのコメント

2011年03月02日 15:17
お邪魔します。チャンママです。
島田伸介さんが沖縄好きというのをテレビで見た事があります。家もあったかな~?忘れちゃったけど、素敵な絵も描いてるんですよね。たしか。
昔の事ですが沖縄の人と縁があり本当に愉快な方達ばかりでした。沖縄県人を待ち合わせしたら一時間は遅れるのは当たり前とか(笑)冗談でしょうけど。笑いの気質は大阪の方と似ているのかもしれませんね。
2011年03月02日 20:32
訪問とコメントを有難うございます。
1時間遅れに遭遇したことないですがウチナータイムは少なからずあるかも(笑)もちろん皆ではないですが・・。

この記事へのトラックバック

  • 祭りのあと

    Excerpt:  キャッチフレーズ ” 島ぜんぶでおーきな祭 ” のとおり、県内あちこちのイベント会場で 有名人が躍動した 5日間、 その場に行かずとも メディアを通して情報が飛び込んできます。  9 回を迎え.. Weblog: 沖縄~ パライバブルーな季節風 racked: 2017-04-25 15:40