琉球初心者マーク ~グスクとは何ぞや~


 「城 」 と書いて グスク   初めて耳にすると、何のこと? と 思います。

 私が、沖縄で初めて住んだ地は、浦添市 城間 でした。
 「 シロマ 」 と思いきや、 「 グスクマ 」


 沖縄ではかなりの頻度で 「グスク」 を耳にし、各地に グスク が見られます。
 キーワードは、 「石組み」? 「石積み」?
 グスクは、県内に 300~400ヶ所くらいあるんだそう・・・

画像

      うるま市 勝連城

 年表では、12世紀~16世紀の始め頃を グスク時代 としています。
 各地に有力な 按司 (あじ=領主) が現れ 勢力争いを繰り返した時代、とされています。

 聖域や集落として形作られていたグスクが、有力な按司の 居城や山城へと変化していった・・・ とは一般的な説のようです。

 石の積み方もいろいろ・・・
 自然石をそのまま重ねる 野面積み、 多角形の石を組み合わせて重ねる 相方積み、 四角形に切り取った石を重ねる 布積み・・・ 
 

 ユネスコ世界遺産に登録されている9ヶ所の内、 首里城、今帰仁城、中城城、勝連城、座喜味城 の5ヶ所が居城跡のグスクです。


画像


 沖縄の観光シンボル、首里城は最大規模のグスク。
 三重城 (ミーグスク) は城壁としての機能を持つグスクです。


 居城として?  城壁として?  聖域(御嶽)ありきの場?

 グスクは何のために? グスクの定義は?  歴史講座などでよく論じられるテーマでもあります。


 グスク はあちこちで見られるのに、現在でも十分に解明できない琉球歴史ロマンのひとつが このグスクです。


 ちなみに、私は北中城村にある、世界遺産でもある 中城城跡 (なかぐすくじょうあと) が一番好きです。
 足を踏み入れた途端、他とは違う空気が流れているようで、 「 キング・オブ・城跡 」 と勝手に信じてます。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック