「 ぶらぶら美術・博物館 」 でお墓トーク

 まさに タイムリー?♪

 17日放送の BS日テレ 「 ぶらぶら美術・博物館 」
 青山霊園で、珍しいお墓トークを繰り広げていました


 いまどきの言葉では 「 墓マイラー 」  正しい日本語では 「 掃苔(そうたい) 」
 掃苔は、江戸時代の頃より 文人達の高尚な趣味だったと、コラムニストの山田五郎さんが、なんか可愛い おぎやはぎ にギャラリーならぬ お墓トーク!



 このことは、 『 眠れる先人たち~墓所にたずねる琉球・沖縄史 』 の著者、仲村顕氏 も文中で触れていました。



 関西圏から西に住んでいると、青山霊園は、意識することもない場所でしたが、 大久保利通、 志賀直哉、 国木田独歩、 斉藤茂吉 などなど、著名人が多く眠る墓所とか・・・

 その署名人の墓の場所を標した ガイドマップまで用意されてます。


 青山霊園は 掃苔家の聖地のようです




画像



 そういえば、 『 眠れる先人たち ~墓所にたずねる琉球・沖縄史 』 の 連載3回目に掲載されていました。


 最後の琉球王 尚 泰 の六男、 尚光の息子夫婦 明さんと道子さんの墓所は、やはり著名人が多く眠る 多磨霊園


 尚 明 さんは、 NHK 「 プロジェクトX 」 にも登場した 「 ダイニングキッチン 」 の生みの親であり、 道子さんは 「 タコウインナー 」 の考案者だそうです。

 お二人は、日本の一般家庭に 便利さや楽しさを与えてくれたのですね!




 桜の花のほころぶ霊園でひとしきりお墓トークを繰り広げて・・・  

 このあと、「 ぶらぶら美術・博物館 」 の一行は、国立新美術館の 真っ白い近未来的な建物に吸い込まれていきました。

 「 セザンヌ展 」 です・・・   行きたいなぁ~



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック