斎場御嶽 男子禁制に?


 あまりに唐突な記事に驚いたのは9月21日のこと!

 昨年、世界遺産 「斎場御嶽(せーふぁうたき)」 を 訪れた人は 約43万人だったとか・・・
 ここ数年、御嶽を訪れる観光客のマナーの悪さは 時折 地元メディアを通して話題に上っていました。



 神聖な祈りの場所に置かれた香炉を 写真を撮るための踏み台にする、 腰かける、 お祈りをする地元の方を撮影する・・・
 参道の石畳のすり減りも激しいとか・・


 このマナーの悪さや 石畳の損傷を危惧して、入場者数を抑える措置として 御嶽前の駐車場を閉鎖し 少し離れた施設の駐車場を利用する。
 更に、戦前までそうだったように、男子の御嶽への入域を制限する検討がなされるというのです。




 琉球の時代、女性の神官が 宗教・精神面から 国王や王国を支える神女制度が存在しました。

 斎場御嶽は、その制度の頂点に立つ 「 聞得大君(きこえおおぎみ)」 の就任式が執り行われた、御嶽のなかでも 特に重要な聖地です。


 本来なら、神秘性を保ったまま 静かに保存させるべき場所だったのでしょう。
 



画像

              10年前 三庫理(さんぐーい)で  




 今、取りざたされている 迷惑行為は、どうも マナーが悪いという以前に問題があるように思えてなりません。

 訪れる ほとんどの人が、御嶽が 沖縄にとってどんな場所であるのか、歴史上も 今現在も、どれほど大切に守られている場所なのか まったく知識もなく訪れるのです。

 私も そのひとりでした。


 人の手も入れない自然信仰の聖地は、もちろん自然のなすまま存在するので (香炉ですら ほぼ自然石で 楚々としてそこにあります)  気づかないだけに 益々 無神経な行動をとってしまいます。



 特異なこの場所に、知識を持たない人々を迎え入れるには 受け入れ体制や準備が 足りなかったのでしょう。
 後手後手に回ってしまっているのは 管理する南城市に大いに反省点がありそうです。


 戦後から 事実上認めてきた男性の入域を禁止するというのも無理を感じます。



 一日の入場者数を設定し、又、京都の一部のお寺にあるように 事前申し込み制にしては・・・ 
 事前のレクチャーを義務付けたり、ガイドが案内する、それだけの必要性のある場所だったのでは・・・

 もともと 商業性をもつ場所ではないはず・・・

 そう簡単には踏み入れられない場所が存在して当たり前の 信仰性が息づく沖縄
 他県には無い 沖縄だけの世界観を 象徴する 斎場御嶽 であってほしいと思っているのですが・・・



この記事へのコメント

2013年10月02日 23:06
僕もこの記事読みました。
なかなか難しい問題ですね。
普通にガイドブックにのっているから、という感じで来る人に、この地の意味や高いマナーを求めるのも難しいような気がします。いろんな規制方法はあるだろうけれど、男子禁制にするのはちょっと違和感を感じます。入場料を高めに設定したり、レクチャーの義務付けもひとつの方法かも知れませんね。
世界遺産。
なかなか影と光がありますね。
2013年10月02日 23:53
世界自然遺産の熊野古道でも落書きされるなどの問題がありましたね、それは、人としてのモラルの問題でしたけど・・・
斎場御嶽は、まず、存在する意味を知っていただく必要がある場所なんでは、と思います、県外の方には 特に。
県外からみえる方々も、沖縄固有の最高の聖地に来たという自覚を持たないと勿体ないように思うのです。
知らないことは勿体ない・・ 私自身の経験から思うことです。 

この記事へのトラックバック

  • 伝説を巡る ~斎場御嶽の見学が 進化した♪~

    Excerpt:  リピーターに ビギナー、 御嶽が どんな処か まったく判らない方、ハイヒールで来てしまった方。  訪れる すべての方を ≪斎場御嶽(せーふぁうたき)≫ は、まるで おもてなしを するか.. Weblog: 沖縄~ パライバブルーな季節風 racked: 2015-05-15 22:34