カーミージーから 空寿崎(2)

画像



 きっと、沖縄の どこでも見られる フツーの海岸です。
 その 昔から変わらない海岸が、今 少しずつ姿を変えつつあります。
 だから、普通であることが とても大切になってきた 空寿崎(くうじゅざき) の風景。



画像


 空寿崎の海岸に突き出た岩礁、カーミージー は 「亀瀬」 と書くそうです。

 亀 というくらいですから 岩礁の先っぽ・・・
 我が家のベランダを仕切る カメちゃんの頭にも見えてきました。




 「カーミージー」 にズームアップ!
 波に浸食されたノッチに刻まれた 地層・・ じゃなくて、波層?? まさか ね!


画像


 美しい紋様を 残しています。




 上がってみます・・

 カーミージーの上には 沖縄を代表する海浜植物が茂っていました。


画像


 クサトベラ ・ アダン ・ モンパノキ・・・




 見下ろした水際は、浦添市内の海だとは信じがたい美しさ・・・ さすが 沖縄!


画像




 そして 皮肉にも、ここから 西海岸道路の工事の様子が いちばん よく見えたのでした。


画像



 先端に 御拝所が おかれています。

 背景との違和感は、もう 噛みしめるしか ありません。




 石灰岩から掘り出したのでしょうか、美しい香炉が 潮風と波に抱かれるように 海に向かって置かれていました。


画像


 沖縄に於ける、自然と一体化した自然崇拝って こういうのを いうのかしらん・・・

 神様に いちばん近い場所に思えてきました。


 数年後、間違いなく様変わりしている 空寿崎の海岸ですが、海と語り合える日常は、この先も 不変でありますように・・・













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック