やっぱり沖縄は 化石の宝庫

 南城市 「ガンガラーの谷」 の サキタリ洞で、又 すごい発見がありました。
 12日の地元紙は 大きく その快挙を伝えています。


画像



 ガンガラーの谷は 太古の沖縄を体感できる観光スポットです。

 太古 というだけあって この辺り、 2万年前に生きた ≪港川人≫ が発見された 「港川フィッシャー」 にも近いことから、古代人の生活圏だったと 想定される地域です。





 その ガンガラーの谷ツアー のスタート地点にあたる サキタリ洞は、カフェに利用されていたり、最高の音響を活かして ライブ会場に利用されたり・・・



 そして その一画では 2009年から 発掘が続けられていました。


 ここでは、もうすでに、何度も 大発見を重ねています。



 1万4000年前の石器・人骨


 9000年前の土器


 2万~2万3000年前の人骨・貝器



画像




 そして 今回、 9000年も前の地層の 更に下・・・ その人骨は 4個の石灰岩に覆われたかたちで 発見されました。


 現在 調査中ですが、弔いのかたちがとられた人骨と断定されれば、国内最古級となるやもしれません。

 頭骨も残っていて、復元の可能もありえるほど 保存状態もいいとか・・・



画像



 埋葬されていた と なれば、冷たい土のなか、9000年以上も眠り続けていた 太古の人骨にも、なんだか 温かみが戻ってくるようです。


 それにしても沖縄、 考古の分野にも 沖縄の未来につながる希望がみえて、 ここにしかない世界が どんどん 広がっています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック