伝説の地(2) 神様の仮住まい 浜川御嶽


 ≪浜川御嶽≫ 本来は (はまがーうたき) と よびます。
 「カー」 と 呼ぶくらいですから 湧水のある場所で、 遥か 東方から海を渡って この地に降り立った 琉球創世の神 アマミキョ が ひと休みされるのには もってこいの場所だったのでは・・・




 ~ アマミキョは ここで 長い旅の疲れを癒し 山ごもりをしていましたが、 定住には向かなかったのか しばらくして ほど近くの ≪ミントングスク≫ に移り、 ミントングスク を 安住の場所と しました ~




 琉球のはじまりは このような神話として 琉球王府がまとめた史書に 綴られています。




画像



 「浜辺の湧水」 を 意味する 浜川の、 御嶽の石組みの下を 清々しい水が 今も 流れていました。






 ≪ヤハラヅカサ≫ の ある 百名ビーチから 石の階段を上がった先が 浜川御嶽 です。

 アマミキョも ここを通ったのかもしれません。


画像




 深い樹木と巨岩、 そして 百名の美しい浜辺が 創り出す この辺り一帯の空間は、自然の力を まざまざと見せつけています。


 自然を崇めてきた この地の信仰の歴史が、 ときどき振り返って 過去に教えを乞うことや、すべての始まりだった 自然の大切さを 伝えているようでした。



画像




画像




画像



 ヤハラヅカサ と 浜川御嶽 は 「 東御廻り(あがりうまーい)」 の聖地である、との 案内板が 掲げられていました。


 琉球沖縄 開びゃくの創世神 アマミキョ の 辿った足跡を詣でる 霊地の巡拝、 なかでも 首里城を中心にして 東方にあたる、 この 玉城や知念を含む 聖地巡礼行事を 「東御廻り」 と 称しました。

 かつては 国王自らも参詣した 神聖な拝所は、今でも もちろん、地域に 大切に護られています。



      参考: おおきゆうこう / 田名真之 著 『沖縄 琉球王国ぶらぶらぁ散歩』

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック