琉球初心者マーク ~琉球沖縄の歴史年表~


 初心者と いうからには、いの一番に 年表をもってくるべきでした。
 沖縄には 日本本土の年表とは違う、沖縄独自の歴史年表も 適用されています。
 本土とは 一線を画する時代もあった 沖縄の歴史の流れです。


 知っていたら入っていき易いと纏めた 「琉球初心者マーク」 としての括りは もう終了かな、と 思ってた矢先の10月5日付 地元新聞の記事。



画像



 記事の内容は、 中国 福建師範大学の研究所が、 琉球との交流を 冊封使が記録した文集など、大量の新史料を発見した と いうもの。

 琉球 三山時代の 1385年、 明の皇帝が 北山王と南山王に 王印を渡したことや、琉球への航海に不安を抱く 冊封使の心情なども記されているとか・・・



 ≪三山時代≫ と 記されています、 以前の私なら 理解できませんでした。





 沖縄の年表は 大きく ≪5 つの 時代≫ に 分割されます。

 さらに 細かく ●琉球国の区分を加えた年表 も 適用されています。 

 沖縄本島 (宮古・八重山とは区別) の年表は この 2種 の 歴史区分があり、使い分けされています。



   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 先史時代 ≪~10世紀頃まで≫

  ●旧石器時代 

    32000年前 山下町洞人
    18000年前 港川人               
             
  ●貝塚時代 (約6000年前~10世紀頃まで)

    B.C4700~B.C300 発掘資料による 縄文時代
         


 古琉球 ≪10世紀頃~1609年≫         

    1187年 舜天即位と伝わる

  ●グスク時代 (12世紀頃~15世紀頃)

    12世紀以降 各地に石積みの グスクが造られ始める

  ●三山時代 (14世紀頃~1429年)

    今帰仁が中心の北山、 浦添が中心の中山
    大里が中心の南山の 勢力争い

    1372年 中山 察渡王 中国皇帝からの求め
          に応じ冊封体制が始まる

  ●第一尚氏 (1429年~1470年)

    1429年 中山の尚巴志が 三山統一

  ●第二尚氏 前期 (1470年~1609年)

    1470年 クーデターにより 尚円王即位



 近世琉球 ≪1609年~1879年≫

  ●第二尚氏 後期 (1609年~1879年)

    1609年 薩摩の侵攻 により属領となる



 近代  ≪1879年~1945年≫

    1879年 琉球処分 により 沖縄県へ



 現代  ≪1945年~≫

    1945年 第二次世界大戦 終戦          


   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 かなり大まかな内容ですが、沖縄は 独自の区分を持つほどの歴史を重ねてきた ということを 知っていただく機会になれば・・・

 外国で発見された史料から 歴史がまたひとつ明らかにされるという このロマン、琉球の歴史に惹かれる理由でもあります。


  参考: 『ジュニア版 琉球・沖縄史』 沖縄歴史教育研究会 新城俊昭
       『図録 海と島に生きる』 沖縄県立博物館 常設展示室図録
 

この記事へのコメント

しんちゃん
2016年01月15日 08:32
 はじめまして。伊江島のことを調べていたらたどり着きました。
 私も沖縄の歴史をいろいろと勉強しており、こういった情報を発信されていることに大変頭がさがる思いです。
 そして、ふと、自分の生まれ故郷の歴史も調べたくなり、調べだしたら、これまた面白く、明治に日本いう国が完成するまで、小さい国の壮絶な戦いと群がることへの抵抗が繰り返され、多くの先人たちの血が流れたうえで自分が誕生したことを知りました。
 そしてそれが、そういったことが各地で起こっていて、人々の人格形成にまで影響していると知ると、歴史の勉強が面白くて面白くて仕方なくなりました。
 そこで、一気に視野が広がり、沖縄の歴史を見る目もより深くなってきたように思います。
 これからは、北山中心にもっと勉強していきたいという気持ちです。
 また、拝見に参ります。貴重な情報をありがとうございます。
2016年01月15日 11:52
しんちゃんさん コメントをありがとうございます。
私は 沖縄の歴史を何も知らなかった自分に向けて、今までの整理する意味も込めて纏めているのですが、それが 琉球沖縄の歴史を知りたいと思う方の参考になっているとしたら とてもうれしいです。
私も、今も 新しい情報やより詳しい情報にワクワクしている日々です。 これからも琉球沖縄にアンテナを飛ばしていただけるとこんなにうれしいことはありません。

この記事へのトラックバック

  • なんてカッコいいんだ 糸数グスク

    Excerpt:  石積みを、グスクを見るなら ここでしょう、、、  と、かく言う私も 初めて訪れたのですが、 古えのグスクの気を (こんなのありましたっけ?) ガンガン感じたのでした。  こんなに カッコよかった.. Weblog: 沖縄~ パライバブルーな季節風 racked: 2015-12-09 12:33