核兵器のない世界を追求する勇気

 勇気・・
 勇気・・
 核兵器を保有する国の リーダーに問われる勇気・・


 広島を訪問した オバマ大統領は、所感の後半に 「 核を保有する国々は 核兵器のない世界を追求する勇気を持たなければならない。」 と 語った。



画像




 その勇気を 自身にも 問うてみたんだろうか、、

 その答えが 広島訪問という 一歩につながったんだろうか、、

 71年かかって アメリカが踏み出した一歩、、  大きな一歩。 





 《 原爆死没者慰霊碑 》 の 碑文  

 安らかに眠ってください 過ちは繰返しませぬから 



 この碑文については、建立前から  「日本が原爆を落としたわけじゃない」 
「日本が 犠牲者に謝っているのか」 などの 見識の狭い意見もあったらしい、、


 そうじゃない、、 

 碑文は お詫びではなく 未来に平和を誓っているんだ。

 今を生きている すべての人類が、 犠牲者に誓う 未来へのメッセージなんだ。





 オバマ大統領の所感を聴きながら この碑文のことを思い起こした。




 原爆を投下したことへの謝罪はなかった。

 国名にふれることも なかった。

 特に 冒頭では、 広島の地に立った 一人の人間としての想いを語っているようで、それが反って 本心を聴くようで 引き込まれた。



 だけれど 現職のアメリカ大統領として 広島を訪問した。


 自身が 核保有国のリーダーであることを踏まえ、 核兵器のない世界を 追求する勇気を持つ必要がある ことを語った。

 各国のリーダーの選択に 広島の教訓は生かされる とも 語った。


 謝罪はなかったとしても、 この具体的な想いは アメリカ大統領として 勇気をもって語ったのではと思えた、、 謝罪につながると思えた。

 

画像


 原爆資料館での オバマ大統領の記帳
 「 私たちは戦争の苦しみを経験しました。 共に、平和を広め核兵器のない世界を追求する勇気を持ちましょう 」

 
 



 








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック