スゴイ発見! すごい サキタリ洞! 凄い 沖縄!


 今日の朝刊を開いたとたん、一面トップに 「 なんじゃ こりぁ!」  で、 ビックリドッキリ!
 南城市の観光施設 ≪ ガンガラーの谷 ≫ 内の 「 サキタリ洞 」 で 発見されたのは、 なんと 2万3000年前 世界最古となる 釣り針など!


画像




 ほぼ 全身の骨格が残り、世界的にも貴重な人骨化石 「 港川人 」 の 生活圏だったのでは と 考えられて興味深い サキタリ洞からは、今までも 多くの遺物が発掘されています。



 沖縄で発掘された 主だった化石の 解りやすい 年表も載っていたので ↓

画像


 左側が サキタリ洞出土の遺物、 3万年前の幼児の人骨や、生活道具 釣り針の出土が どんなに 貴重な発見であったか、 一目瞭然です。




 サキタリ洞の発掘現場を 見学したことがあります。
 暑い日、 ひたすら コツコツと地面に向かい合う、、 そんな様子を 拝見したことがあります。


画像



画像



 旧石器時代、 ここは どんなに豪邸だったか、 風が通り、火が焚け、雨を防ぎ、川がある、、

 掘れば 必ず 何か 出てくる ・・・ 

 そう 信じた結果が 出たんですね、、 
 さらに 下には、まだまだ 化石が 眠っていますね、、


 
 これらの化石は 2012年に発見されていて、 検証を重ねて、ようやく 今回の発表に至ったのだそう、、



 ところで、この発掘場所からは モクズガニの爪や 魚の骨も たくさん出土していて、 復元された 港川人さんの モクズガニを持った この姿、 さらに リアルに思えてきました。


画像

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • サキタリ洞 化石発見の 何がスゴイのか!

    Excerpt:  「 サキタリ洞の、3万年以上から 約2万年にわたる 継続利用が明らかになった。  当時の人類は 一時は全滅したのでは との議論もあったが、 生活の痕跡から、資源の少ない環境で 生き延びるすべを持.. Weblog: 沖縄~ パライバブルーな季節風 racked: 2016-09-23 22:40