空寿崎はどうなったろう、、


 昔からの姿をとどめる 浦添市 空寿崎の海岸は、 市内で唯一 遊ぶことができる 大切な海ですが、 西海岸道路の開発とともに その風景が変化をみせています。



画像



 久し振りにやってきました、、 
 ここまでの 道順は 前回 紹介しました、、 こちらを m(__)m

 駐車場の場所も 変わりません。


画像



 空き地は相変わらず フェンスで囲まれていますが、 草が 青々と茂っていて ちょっと ホッとしました。


画像



 カーミージーまでの抜け道も変わらず、、、  あれっ 道路の下に トンネルが出来ていました。


画像


 この先も、空寿崎の環境は保たれて、イノーに入れるのかもしれないですね、、



 橋は? 


画像

 宜野湾方向


 まだ 完成していません、、 今後 段階的に返還されていくことが決定している キャンプ・キンザー側の道路は 工事が進んでいました。



画像

 那覇方向 (キャンプ・キンザー側)


 空から見たら こんなの・・


画像



 美しい海と 宝物のようなイノーを眺めながらの、この道路の存在感は 大き過ぎました、、


画像


 大潮の干潮の時でした、 イノー遊びにはもってこいの のどかな海が広がっています。

 那覇市に次ぐ都市 浦添に こんな 見事なイノーが 残されていたとは、、 
 二度と 同じものは授かれないことを 忘れないでいたいですね、、

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック