伊良部島、下地島、海、海、海


 「 渡口の浜 は どうしても見せてあげたかったのよ 」 と 宮古出身の同行者が言いました。
 海の美しさなら宮古島と、沖縄に移り住んでから ずっと耳にしてきました。 そんな 宮古の海を 子供の頃から眺めてきた人が薦める浜辺です。


画像


 薄日のこの日は 完璧な宮古ブルーではなかったものの、 この浜辺は 数あるビーチとは 一線を画す 汀でした。
 渡口の浜は 昔から変わらない海景を湛えているのが よく分かりました。
 
 ビーチ と呼ばず、浜 と呼ぶところが また 和んでしまいます。 


画像

  で囲んだ海が 画像のポイントです。


 
 伊良部島と小さな橋で繋がる 下地島。

 下地空港の、海に伸びる進入灯が望める スポットも 解放感にあふれた海景を見せていました。


画像



画像


 サーフィンボードの上に立つって進むマリンレジャーは パドルサーフィンというのだそう。 澄み切った 穏やかな海だからこその レジャー。



 車中から見た ゴロゴロ岩の海岸 佐和田の浜 です。 和歌山県串本町の橋杭岩を思い出しましたが、橋杭岩は岩礁の上に ゴロゴロと 岩が点在します。


画像


 こんな穏やかな サンゴのビーチに似つかわしくない たくさんの岩は 大津波がもたらしたものでした。
 
 

 伊良部島、下地島をあとにします。 


画像



画像



 伊良部大橋を渡るときは青灰色だった海も、戻る頃には パライバブルーな輝きを見せてくれました。

 快晴なら こんな宮古ブルー


画像


 天国にいちばん近い島から 天国に向けて掛けた橋のようです。




 宮古は今 バブルなんだと聞きました。 確かに 市街地には新しいアパートが多かったし、 建設中も たくさん見ました。

 極めつけは宿泊施設。  サトウキビがそよぐ 海沿いの のどかな道路を往けば、 突然、目の覚めるような おしゃれなヴィラが現れたりします。
 周辺の景観に配慮して 平屋仕様ですが、 明らかに富裕層向け☆
 
 海に向かって最高な立地なものの、周辺のサトウキビ畑も また然り。 

 空港のロビーでみた ≪ あたらかシーサー ≫ を思い出しました。
 サトウキビ畑のある風景を護ってほしいと願うのは 部外者の独りよがりでしょうか・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック