ホテルムーンビーチでアート


 毎年のように 新しいホテルが開業している沖縄、 なかでも 立地や環境をうまく活かした 素敵なリゾートホテルは数多くあり、足を踏み入れるだけでワクワクします。
 最近は 気軽に入れないほど 敷居の高いホテルも多くなりました。

 そんな中で、老舗ホテルはここ ≪ ホテルムーンビーチ ≫
 創業は1975年、 沖縄国際海洋博覧会が開催された年です。 沖縄で 一番最初に リゾートホテルを確立したとされるホテル、 沖縄のリゾートは 恩納村のここから始まったと聴きます。


画像




 訪れたのは お正月3日、 目的は ホテルが併設する アートギャラリー ≪ MBギャラリー ≫ の企画展 「 オキゲイマンチャー展 2018 」 の観覧でした。


画像



 沖縄県立芸術大学出身のアーティスト 13人による作品展。


画像



 現在は、それぞれ 沖縄の枠を超えて 県内外で活躍しているアーティストの皆さんです。


 屋宜久美子さんの作品 ≪ 沈黙の海-記憶 ≫ は 水の流動性を利用しているとありました。
 流れる、 にじむ、 かすむ、 広がる、、 神秘的な色合いの 掴みどころのない水を感じます。
 不思議な絵画は時間を忘れます。


 堀本達矢さんの ≪ 在るケモノ ≫ は 昨年の芸大卒業制作作品展で 沖縄県立美術館のエントランスを席巻していました。 不思議なケモノの バランスのいい見事な肉体を 惚れ惚れと眺めました。


画像

 画像手前の立体作品 ≪在るケモノ≫


 それぞれの個性あふれる様々な表現を楽しみました。




 ホテル内はリゾートの粋を集めたようです。
 古いホテルが醸し出す温かさもあって なんて過ごしやすい、、 家族連れにも良さそうです。
 完成した当初は 目を見張るインパクトを与えた事でしょうね。


画像


画像



 曇り空の日でしたが、 ムーンビーチで凧揚げを楽しむ家族連れがいました、 お正月ですね♪

画像


 ところで ホテルムーンビーチは長く 阪神タイガースの常宿でした。
 ホテル内を歩きながら、 大柄な野球選手が、今となっては低く感じる天井高の廊下を闊歩する姿を想像して楽しくなりました。 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック