継世門 今昔


 首里城の東側に位置する外郭の門 継世門 は 平成10年に復元されていたのですが、ずっと閉ざされていました。


画像

 門の向こうに 内郭の門 美福門 が見えています。


 復元工事中だった御内原に繋がっていることもあったからか、継世門は 長く 開門には至りませんでした。



 首里城の東側の 内郭と外郭の間の遊歩道は、御内原の公開に伴って、新たな無料エリアとして開放されていました。


画像


 遊歩道から 美福門の階段の修復工事を 興味深く眺めつつ、継世門をくぐり 外郭の外に出たのは もちろん初めてのことでした。



 継世門の古写真です。

画像


 両側に立つ石碑には、猛威をふるっていた倭寇に備え 1544年に建てられたと記されているのだそうです。


 現在の 継世門、 やはり 石碑も復元され 立っています。

画像


 いよいよ、首里城を護っていた すべての門が 開門されてきました。 
 朱色の門は、護りではない 訪問する すべての人を招き入れる 華やいだ門に様変わりしていました。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック