アンチエイジングな展覧会


 現役の芸大生に、 「 なぜ 今どきの作品には、名画にあるような風景画や人物画が見られないの? 描かないの? 」  ど素人ならではの ストレートな質問をしたことがありました。


 「 そのジャンルは すでに確立されているから! 自分だけの表現や技法を模索してるんです。」

 名画を超える 新しい表現を生み出す。  毎年、この展覧会に パワーを感じるはずだ。


 沖縄県立芸術大学 卒業・修了作品展



 インスタレーション、 ミクストメディア、、 耳慣れない技法のアート作品を観る機会が増えてきました。
 瑞々しい感性が 固くなった私の感性を 少し ほぐしてくれます。



 作品が揺らいでいます。

画像


 向い側に掲げた アクリルの立体作品にライトを あてて、平面作品に投影させたインスタレーション作品。
 立体作品が 空調に揺らぐので、前に立つと 光に包み込まれるようでした。


画像




 日本画の概念は 今では 一言で言い表せないようです。 
 膠を接着剤とすることと 顔料を使うことで 日本画の作品と位置付けられているようですが、今どきの日本画は 素材も 技法も 表現も自由で ダイナミックな印象です。
 おまけに 岩絵具がキラキラと輝いて 美しいこと この上ない☆ 

画像




 彫刻作品が楽しめました。

 この表情、、

画像


 ヤギと暮らしていないと この作品は彫れないんじゃないかしらん・・


 若い感性が 乱反射しているようなギャラリーです。 知らず知らずに受け止めているのかな、、 観覧後は いつも 心地いい疲労感を抱えてしまう 卒業・修了作品展です。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック