沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊野観光の魅力≪ブラタモリ≫

<<   作成日時 : 2019/04/30 11:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0


 馴染んできた風景が とても新鮮に思えたのは最新技術、ドローンの映像でした。 橋杭岩を真上から 見られるなんてね。 
 真上から見ると 真っすぐに 紀伊大島に向かって立っている様子がよくわかりました。 


画像



 ところで、橋杭岩の幾つかの岩は 昔は もっともっと 高かったのです。
 数十年前に 崩落を危惧して 切断されました。
 現在よりも ダイナミックな岩が 屹立していました。


画像




 熊野観光の魅力のひとつ 温泉も ≪ ブラタモリ ≫ では外せない地質から解明してくれました。


 火山活動も絶えた紀伊半島の 山深い立地にあって、川から温泉が湧きだす 川湯温泉の秘密。

 豊富な熱源は、紀伊半島に潜り込む フィリピン海プレートのマグマでした。 さらに マグマが地下で冷え固まって出来た流紋岩が温泉の通り道になって、稀有な温泉地を創りだしていました。


画像



 実は、同じく流紋岩の橋杭岩のたもとにも 公衆の温泉があります。 弘法大師が その存在を村人に教えたと伝わる 知る人ぞ知る 「弘法の湯」  
 温泉地 熊野は流紋岩で出来ているんですかね。。 (゜-゜)




 ブラタモリが巡った 橋杭岩と川湯温泉で遊んだ 懐かしいスナップ写真が見つかりました。

 夏には川遊び、 そしてオリジナル温泉造りも出来るという 最強の川湯温泉。

画像



 橋杭岩の干潮時は磯遊びも楽しめます、 何を見つけたんだったかな、、

画像



 世界遺産 湯の峰温泉 つぼ湯 には 温泉好きの連れ合いが 勇んで湯に浸かったものです。
 小さなつぼ湯、今では 順番待ちで 簡単には入れないかな、、

画像

 タモリさんが温泉卵を茹でた湯筒のある 湯の峰温泉


 一枚岩のある古座川流域にも行っていただきたかった、 笑うしかない大きさを 実感してもらいたかったなぁ


 遠い遠い熊野、 深い深い山間にひっそりと、実は凄い見どころを抱える熊野、 だからこその神秘性で人々の深層に刻まれたんでしょうか。

 平成の終わりを迎えるこの時に、故郷を見つめなおす機会を ありがとうございました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熊野観光の魅力≪ブラタモリ≫ 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる