来られて良かった


 義父と ご先祖が眠るお墓を見上げて いつまでも話しかける義母の後ろ姿を眺めながら、 ここまで 一緒に来られて本当に良かったと思いました。
 ここは 大分県北部、 福岡で親族と合流して、 翌日、車で さらに 2時間半以上掛けて ここまで、、  改めて 元気な義母に感謝したものです。


画像



 黙々と お墓を掃除する連れ合いの、いつもとは違う一面も見たようで、 遠くて そう簡単には来られない場所でも、ここは 家族の心の拠り所であった事も 改めて思いました。 私が 故郷を 聖地と想っているように。


 高齢とはいえ、すべてに健常な義母は 現実を しっかり見据えています。 強い覚悟を持って、ここまで 足を運びました。
 その覚悟も しっかりと受け止めました。


 菩提寺の本堂で 読経をしていただきました。
 飛行機に乗って、高速道路に乗って、バダバタと やって来ましたが、 ご先祖と対峙したひと時は 穏やかに 静かに流れていきました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック