ガンガラーの谷


 今までに見たことない沖縄に連れてってあげるよ♪
 久しぶりに 来沖した息子を 案内したのは 「 ガンガラーの谷ツアー 」 のスタート地点、サキタリ洞 にある ≪ ケイブカフェ ≫


画像

 坂を下って じわじわと 太古の世界へ



 薄暗く ひんやりとした洞窟内で、鍾乳石をつたって滴り落ちる水滴の音を聴きながら飲むコーヒーは リフレッシュ効果大でした。


画像



 人だかりが出来てました。 皆さんは ツアー に出発する方々でした。

 ≪ ガンガラーの谷ツアー ≫  太古の沖縄の自然が そのまま手付かずで 今に残されているエリアを往く トレッキング。 ( 歩道は舗装されています )

 約1kmのコース、予約制で ガイドさんから 点呼を受け、注意事項をしっかり聴いて出発します。


 このツアーが開始された当初、 私も 一度 参加したことがあります。 



 ガンガラーの谷は、もともとは鍾乳洞の天井部分が 崩落してできた谷と 聞きました。 数十万年前のことです。
 その後、亜熱帯の植物が 我がものと埋め尽くす密林になりました。


 鍾乳洞の崩落が彷彿できる空間は、ガジュマルの大木が 主のように 威容を放っています。


画像



 雄樋川沿いの崖には 古い岩陰墓が見られたり、 鍾乳洞の奥には、かつて 崇拝の対象とされていた 生命の基といえる シンボリックな鍾乳石が見られたり、 太古の暮らしが垣間見えるポイントもありました。


画像



 太古の暮らしといえば、 今現在も 実際に発掘が行われていました。
 サキタリ洞 内、 ガンガラーの谷ツアーの 出発地点のすぐ横です。


画像


 2万3000年前の 世界最古の貝の釣り針も、3万年前の人骨も、ここから発見されました。

 タイミング良ければ、その発掘の様子も見学できる トレッキングです。

 亜熱帯の自然、考古学、民俗学、 変化にとんだ 貴重な体験や体感が楽しめるツアーです。
 専門ガイドが同行する意味が よく理解できました。



 ここ なんやねん (゜o゜)  

 カフェだけの利用でしたが、 洞窟内を見回して 写真を撮りまくる息子が吐いた ひと言。
 ( ̄▽ ̄) うん! その言葉が聞きたかったんよ♪


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック