パパイヤ七変化


 初めてパパイヤを食べたのは 遠い遠い昔のこと、ハワイのホテルでした。 宿泊中、毎朝 縦半分にカットした パパイヤに レモン汁をたっぷり絞って デザートで出してくれました。 なので、パパイヤといえば 私にはフルーツでした。 沖縄に住むまでは・・


 植栽に交じって 見覚えのある実が びっしり生っていました。


IMG_0616.JPG


 薄緑を帯びた 白い花びら、パパイヤの花です。 パパイヤの花を見たのも、そういえば 初めてです。 こんなに 間近でね 🌸


IMG_0617.JPG


 パパイヤは、メキシコ南部から 西インド諸島が原産だそう。 沖縄には どんな所以で入ってきたのやら、とても身近な植物です。
 こんな風に、庭や露地に生育しているのを よく見かけます。


 台風で倒れることも多いので 栽培が難しいとも聞きますが、 道の駅など、地元野菜が並ぶ店舗では、この季節、新鮮な青パパイヤがたくさん出回っています。

 そう、青パパイヤ!

 沖縄では フルーツとしては あまり口にしません。 黄色に熟するまでは 待ち切れないように、ツヤツヤの青い実で もぎってしまいます。



 青パパイヤの炒め煮 ≪ パパイヤイリチー ≫ は とても身近な 沖縄の家庭料理。

 我が家の食卓にも登場します。


IMG_0693.JPG


 パパイヤのカット野菜で作りました。
 ニンジン、油揚げと一緒に炒めて、かつお出汁、薄口しょうゆ、みりん 少々で味付けしました。

 切り干し大根の煮物と 同じ感覚ですが、はるかに 歯ごたえがある シャキシャキと、この歯ごたえあっての パパイヤイリチー。

 沖縄では シーチキンや さつま揚げと合わせることが多いようです。 もっと 味にコクが出るでしょうね。

 定食で、切り干し大根? と思ったら、それは ≪ パパイヤ ≫ たぶん 間違いないです。

この記事へのコメント