いこか、やめよか、


 人生は選択の繰り返しと聞いたことがあります。 たしかに 朝起きる瞬間から 分別が問われています、 起きなきゃ・・ もうちょっと寝よ・・
 分別のある人間に育ってほしいと 子供の成長を願ったものです。


 昨日まで、ラジオ体操に参加していました。 6時半スタート、これが けっこう分別を問われまして・・
 自身の仕事があるときは無理をしないで休もう、、 いや 参加できないこともない、、

 頭のどこかで 休む理由を考えている自分がイヤになったり、 たかが 朝早く起きて スッピンで ちょこっと出掛けるだけのラジオ体操なのに。


IMG_0894.PNG


 日本でラジオ体操が始まったのは なんと 大正時代だそうで、 ラジオ放送で流されるようになったのは 1928年(昭和3年)とか。

 なんという継続、この年月を思えば もう時代錯誤とも思うし、戦前戦中には また別の狙いも込められていたとも考えると、ちっちゃな違和感を覚えつつのラジオ体操参加でした。


 それでも 眠い目をこすりながら 参加する子供たちの健気な姿が微笑ましくて、リードする6年生の頼もしさに 感心して ラジオ体操の意味を考えたり、、


 遠い昔、私もやりました。 私の子供達もやってました。早朝のひととき、友達とじゃれ合って遊べるのが新鮮みたいで、楽しそうではありました。 記憶に残ってるかな・・

 最近ブレイクのお笑いコンビ ≪ EXIT ≫ の新ネタが ラジオ体操ネタで、リアルタイムのリアルなネタに笑ってしまいました (´▽`*)
「 スタンプ ポンポンポーン 」 は 今も変わってないね。 彼らも きっと行ったね♪



 時代錯誤を感じずにはいられない ラジオ体操への違和感は別にして・・

 眠くても、たたき起こされてでも 、気持ちは入ってなくても 参加する、、でも きっと いい記憶に残ることでしょう。

 もう眠い、休む! 毎日そちらを選択して 結局 不参加。それも あり得る。


 早起きを 家族と共有できてたらいいなと思います、時々でいいから 家族も一緒に参加できていたら なお いいな♪


 しんどくても めんどくさくても 辛くても やらなきゃいけない事が これから いっぱいあるしね、ラジオ体操の思い出が、そんな時の チカラになるときがあればいいなと思いながら、一番うしろで 子供たちを眺めながら ラジオ体操してました。

 結局、ラジオ体操第二が 最後まで覚えられなくて、誰かについていかないとムリでした (/ω\)

この記事へのコメント