新しい南風を通そう


 困った、、
 やーぐまい(家籠り)が身に付きすぎて、この生活ペースに馴染んでしまったかも、、
 東京国立博物館のサイトから ぬり絵までダウンロードしてしまった、、


IMG_1228.JPG

 《桜下婦女図》川又常行筆 


 沖縄県は 5月に入ってずっと、本日も 新たな感染者無しと発表されました。

 21日には すべての業種で 休業要請が解除されます。
 那覇市の公立学校も 21日より再開され、朝には 子ども達の 「 行ってきまーす 」の元気な声が また 響き渡ります。
 市内のデパートは 15日から営業を再開しています。

 沖縄県は 徐々に 元のリズムを取り戻しつつあります。

 心置きなく 県を超えての外出が出来るようになるまで、空港にも人々が戻ってくるまで、あと もう一歩です。


 新型コロナウィルス感染拡大防止の環境は これからも続くし、その取り組みや行動は 当たり前の日常になっていくことでしょう。

 見えないウィルスを正しく畏れつつ、その上で、新型コロナウィルスの蔓延前の健全な社会を 一日も早く取り戻す為の取り組みと行動も進んでいくのでしょう。

 必要な外出も その行動のひとつだし、街の活気や経済を取り戻す歯車の潤滑油になっていきます。


 連休明けて2週間が経ちます。 沖縄には 新たな感染者がいません。 だからって、「 うん、もう大丈夫! 」と、スカッと切り替えるような油断は出来ないけれど、歯車を回していかないと、新たな生活リズムを刻んでいかないと。
 沖縄の季節がそこまで来ています。




この記事へのコメント