奥武島原風景


 新物を求めて 南城市 奥武島へ、トビイカ買いに。
 しつこかった戻り梅雨が ようやく上がって、久しぶりの遠出です。


 新型コロナウィルスの影響は 離島にも大きいことでしょう、今や 南部の観光に欠かせなくなった奥武島も例外ではないはず。


IMG_1390.JPG

 人気のてんぷらやさんに行列はありません。
 行列のない 中本鮮魚店さんを初めて見ました。 でも大丈夫! 地元民は知ってます、今までと変わりない美味しい味を。


 トビイカは 港近くの「 いまいゆ市場 」で扱っています。
 那覇市内のスーパーでは売っていないので、食べたくなったら ここまで足を延ばします。


IMG_1381.JPG

 店内には 観光客らしい人はいません。 買い物の皆さん、ご近所の方のよう。


IMG_1391.JPG

 この日のトビイカの干物は ちょっと小さめでした、なので 4枚で 1,000円。 サイズによって、通常は 2枚 1,000円です。



IMG_1384.JPG

 外に出たら、トビイカの干し場に 校外学習の小学生が見学に来ていました。
 子供たちの声も、潮の香りも、トビイカの香ばしい匂いも、だだっ広ーい空に 吸い込まれていってるよう・・ 閑かな風景です。



IMG_1380.JPG

 市場の隣の公園の東屋には 常連が たむろしています。
 観光客のおこぼれが頂けなくなって寂しいね、、 でも、変わらず元気そうです。



IMG_1382.JPG

 レンタカーが一台止まって、楽しげなグループがやってきました。
 良かった♪ レンタカーも来なきゃ 寂しすぎるもの。


 久しぶりの奥武島は かつての島の風景だったはず。 こんな風に 閑かな時間が流れていたはず。
 この日は いつも以上に 和んで帰りに付きました。


 7月に入りました。沖縄は元気です。
 今まで 閑かに閑かに オキナワンエネルギーを貯めてきました。あっちでもこっちでも 弾ける時を待っています。

この記事へのコメント