見守るね

 ご近所猫のキューちゃんの姿が見えないなと 気になっていました。 フードをあげる人も 「 いちばん食いしん坊なのに 」 と 気にかけていました。  次の日、元気に飛び回るキューちゃんの耳は きれいな桜の花びらになっていました。  捨てられたのか、生まれて1ヶ月ほどで ご近所に迷い込んだキューちゃん。  ご近所住人や 散歩の皆さんの見…

続きを読むread more

≪Maitoparta≫のベルギーワッフル

 頂いたベルギーワッフルが美味しくて、、 限りなく本場の味に近いベルギーワッフルを食べさせてくれる店って あったんだ、、  お店を検索!  ≪ Maitoparta ≫ マイトパルタ 豊見城市名嘉地169-1  へぇー☆ ステキなカフェです。  ワッフルメニューも豊富みたい、、 こ…

続きを読むread more

首里はあけぼの

 本日の日の出7時18分、 今朝 7時30分、 朝焼けに染まる東方の空、 首里の丘に首里城が浮かぶように見えています。  空を二色に分けた朝焼けが珍しくてカメラに収めました。  朝焼けの色を表す言葉があるのかしらと調べたら、曙(あけぼの)色 との表現がありました。  朝焼けのような淡い黄赤色 とありました。  東…

続きを読むread more

ホテルムーンビーチでアート

 毎年のように 新しいホテルが開業している沖縄、 なかでも 立地や環境をうまく活かした 素敵なリゾートホテルは数多くあり、足を踏み入れるだけでワクワクします。  最近は 気軽に入れないほど 敷居の高いホテルも多くなりました。  そんな中で、老舗ホテルはここ ≪ ホテルムーンビーチ ≫  創業は1975年、 沖縄国際海洋博覧会が開催さ…

続きを読むread more

上質カオスの上等お祭り

 放送後は 毎年のように、言いたい放題 評価されている 紅白歌合戦、 でも、 私など 最新のプロジェクションマッピングなど スクリーン映像の、他では見られない演出の素晴らしさに、見なきゃもったいないと思ってしまいます。    あれだけの舞台を創り上げてもらえるのですから、 出場者の皆さんは その舞台に選ばれて立てる誇りと 力の…

続きを読むread more

平成31年 元旦

 あけましておめでとうございます m(_ _)m  記憶に残る年が明けました。 今年も、新時代も どうぞよろしくお願いいたします。  今年も おせちは 少人数だからこそ都合いい 懐石盆で。  昨日 取り上げた ≪ウムクジ天ぷら≫ は ≪きんとん≫ と 添えました。  豆皿は ≪ニシンのなます≫ で…

続きを読むread more

紫の美味いやつ

 ≪ ウムクジ天ぷら ≫ といいます。 沖縄では馴染みの甘味ですが、メジャーではないような・・  沖縄でしか食べられないスイーツかもしれませんね!  揚げているから ネーミングは 「天ぷら」 の類になっているようですが、 揚げ餅です。  紅イモと もち粉が主成分ですから 芋餅とも◎  もち粉ではなく …

続きを読むread more

本日16 ℃

 昨日も 16 ℃。  北日本を襲っている寒波を思えば 申し訳ない気温ですが、体感温度は絶対です。  沖縄には この気温は寒いです。 何といっても 家の中が寒い!!  こたつや ストーブを使っては暑すぎる中途半端な室温のなか、ひたすら寒い寒いと一日を送るのです。  一見 仲良しの2ショット♪  ここまでの舞台裏は? …

続きを読むread more

土偶に逢いたい 「縄文と沖縄」展

 ” 縄文 ” と聞くと、なにか温かみを感じます。 そして すぐ、焦げ跡の付いた 重そうな土器を思い浮かべます。 次に ユニークな形の土偶が思い浮かびます。 イメージする 縄文時代の直球が 今、沖縄県立博物館にお目見えしています。  沖縄では なかなか目にする機会のない、縄文時代を象徴する ≪ 火焔型土器 ≫ や ≪ 土偶 ≫…

続きを読むread more

今年の No,1は

 山田五郎さんの愉快なギャラリートークで 美術館・博物館を巡る BS日テレ「 ぶらぶら美術・博物館 」 は、毎年恒例の 出演者4人の 「 今年の №1作品 」 を紹介しました。  「 おぎやはぎ 」 の お2人、 8年前の番組スタート時の たどたどしさが記憶にあるだけに、鑑賞者としての進歩に 毎回 驚いてしまいます。  小木さん…

続きを読むread more

元気かーい (^O^)/

 同期の、 生え抜きの、 長く仕事を共にした仲間というのは、 離れていても 見えないパイプで繋がっているように思える。  パイプの中には ともに経験してきた様々な思い出が巡っている。  平成の終わりに 平成の何年かを共有した仲間と再会した。  若い世代には当然のことで、 歳月はそれぞれの生活環境を大きく変…

続きを読むread more

松ぼっくり★クリスマスフィールド

 高さ13 cm 大きな大きな 松ぼっくりをいただきました。  クリスマスツリーを作りたーい★  昨年に続いて ハンドメイドツリーに挑戦!  昨年の松ぼっくりツリーはこちらに m(_ _)m  大きな松ぼっくりは ラッカーより 筆のペイントでカラーリング。  ひとつは 緑に・・  ひとつは 白に・・  昨年のツリーは …

続きを読むread more

殺処分ゼロへの決断

 沖縄では 首輪をした はぐれ犬を見かけることが多いです。  我が家を探して 必死の目つきでさまよう犬の姿ほど痛々しいものはありません。  野良猫も多いです。  猫には興味もなかった我が家が、今までに3匹も迎え入れることになったのも、多くの野良猫を目にしてきたことがきっかけでした。  県内で ≪ PET BOX ≫ …

続きを読むread more

平成31年 年賀状

 刻々と平成の日々が過ぎていきます。  ゆく時代を心に刻みながら 新時代を迎える心がまえをするなんて、当然 初めてのことです。  そんな心持ちで仕上がった 来年の年賀状・・・  んっ!?  心持ちの割にはずいぶんと シンプル過ぎる仕上がりです。  でも 「 平成31年 元旦 」 が目立つので 良しとしました。 …

続きを読むread more

街に森のクリスマス

 パレット久茂地のイベント広場に登場した今年のクリスマスツリーは 皆さん カメラを向けたくなる可愛さです。  こじんまりな森だけど、ツリーの中に入り込んで イルミネーションを楽しめてしまいます。  今年 竣工した新聞社のビルは ビル全体が クリスマスツリーを表しているよう、、 …

続きを読むread more

空港に行く道

 沖縄に住まうと 空港の存在がグッと身近に日常的になります。 その反面、空港から旅立つということは(私の場合) 非日常に向かう狭間。  搭乗手続きを終えてロビーで過ごす時間は 日常から解き放されて、旅のプロセスの中でも 自由を感じる至福のひとときです。  ≪空港に行く道 ≫ というドラマが いつになく 心に残って仕方…

続きを読むread more

1500km ヒスイの来た道は

 昨今は縄文ブームなんですね、 火焔型土器や土偶の造形を、今までにないほど 目にする機会が多くなりました。 夏に開催された 東京国立博物館の縄文展には30万人以上の来場者があったとか・・  こちら 沖縄の縄文時代は、 大きく 貝塚時代と 纏められることもありますが、 南城市のサキタリ洞で出土した 8000年前の押引文土器から …

続きを読むread more

下地島 神秘の通り池

 遊歩道の左に 池が見えます。  遊歩道を挟んで 右にも 池があります。  右の池と 左の池で ≪ 通り池 ≫ 二つの池の水底は繋がっています。  上から見たら こんなの・・  国の名勝 及び天然記念物に指定されています。  初めて見る その稀有な景観に 感激したものですが、 小さな離島のはずれの 通り池、…

続きを読むread more

南国のクリスマスシーズン

 南国のクリスマスシーズンは 毎年 ここからスタート。  那覇市 パレットくもじ前の イベント広場の今年のクリスマスツリー。  今年のイメージは 「 クリスマスツリーの森 」 ですって♪  おとぎの国が現れました。  階段には 大きなクリスマスツリーが トリックみたいに見え隠れ。  ツ…

続きを読むread more

伊良部島、下地島、海、海、海

 「 渡口の浜 は どうしても見せてあげたかったのよ 」 と 宮古出身の同行者が言いました。  海の美しさなら宮古島と、沖縄に移り住んでから ずっと耳にしてきました。 そんな 宮古の海を 子供の頃から眺めてきた人が薦める浜辺です。  薄日のこの日は 完璧な宮古ブルーではなかったものの、 この浜辺は 数あるビーチと…

続きを読むread more