ランチタイムは池間島

 宮古島市街地から 池間島に渡りました。  池間大橋を渡ったところのパーキングエリア ≪海美来(かいみーる)≫ の展望台からの光景。  薄日差す曇り空です、それでも見渡す限り 冴えた海色。 晴れた日の美しさは想像もつきません。  ≪ 海美来 ≫ は道の駅のようです。 最高の立地と 土産物店や食事処が 興…

続きを読むread more

はじめまして 宮古島

 沖縄本島に暮らしていても、 離島は何故か 遠いところです。  身近なだけに、いつでも行けそうなだけに、 よほど ヨイショと 腰を上げるか、行けるチャンスを逃さないか、、  今回は 後者の訪ねる理由が出来ました。  このチャンスを活かして 初めての宮古島にワクワクです。  赤瓦の冴えた ユニークなデザインの空港…

続きを読むread more

おかげ横丁のうまいもん

 お伊勢さんの門前町 おかげ横丁には伊勢ならではの美味いもんを食べさせるお店が たくさん並びます。  筆頭は ≪ 赤福 ≫  今も昔も 赤福餅。  20数年前に訪れた赤福本店は 土間のある 古い 大きな木造家屋で、 黒光りする柱や建具が 歴史の重みを伝えていました。  今も 変わらないことでしょう・・ …

続きを読むread more

参道を往く

 一瞬 モネの絵画とリンクしてしまいました・・  が、神社の原風景、もっとも 日本らしいといえる ここは伊勢神宮でした。  雨上がりの 伊勢神宮の画像が届きました。 三重県ブログは初めてです。  内宮(皇大神宮)の表玄関、大鳥居で一礼し、宇治橋を渡って 別空間に進んでいきます。  じゃ…

続きを読むread more

≪カメチヨ≫焼き鳥片手に生ビール

 焼き鳥片手に生ビール、、  でも、女性だけでも馴染んじゃう店っていうので なら行っちゃう♪  静かな住宅街のこの通りには 転々と 人気の店が並んでいます。  そんな中に ほっこりな店構えの ≪ 串焼キ&煮込ミ カメチヨ ≫  入口のカウンターは ちょっと立ち飲みの風情で、通りから吸い込まれそうです。…

続きを読むread more

サクラが咲くか??

 今朝も、名護市、 渡嘉敷島、伊是名島で 桜の木が花を付けたと、 最近、季節外れの桜の開花が 地元紙を賑わしています。  実は私も!  昨日の帰り道、 寒緋桜の並木の一本に 開花をみつけましたよ、那覇新都心の ど真ん中です。🌸  秋だって、 来たのやら、来てないのやら、、  暑くなったり…

続きを読むread more

国内唯一、国宝の墓 「玉陵」

 この角度から撮らえた 「 玉陵 」 を初めて見ます。  ここを訪れるたびに感じる 異次元的な空間が さらに パワーアップされてる様に見えます。  「 玉陵 」 が 国宝指定される事が決定しました。  沖縄県においては 初の建造物の国宝☆  「 玉陵 」 が 国民の宝になりました。  バンザーイ (^○^) …

続きを読むread more

Golden moon

 5時半、 ベランダから出て 西の空、 しばらく 体が固まったみたいに 見つめた は 見事な ゴールデンカラー。  黄色いお月さま、 青いお月さま、、 たくさん愛でてきました。   オレンジ色を少し溶かした 金色に輝く 大きな大きなお月さまは 初めて見ました。  手が震えていたようです、、…

続きを読むread more

うれしいオムライスランチ

 八重瀬町まで足を延ばしました。 昼食をとる店に悩まないよう 前もって探した店は ≪ 町の洋食屋さん シェフの台所 ≫ オムライスの人気店。  オムライスって 嫌いな人いるのかな~  昭和のレトロも感じる洋食なのに、不思議と いつも テッパン! 時代に乗っかってます。  みんな 大好きってことかな・・  外観…

続きを読むread more

描くって楽しい 「宮城健盛」展

 どの分野でも、 好きなこと、与えられたこと、目指すことに、一生かけて コツコツと取り組んでられる人は 幸せだなと思ってしまいます。  今、 沖縄県立美術館で開催中の 「 宮城健盛 」 展  その名は あまり 知られていないでしょうが、 宮城さんは 公募展でも 数々の評価を得、 沖縄の画壇や美術教育の発…

続きを読むread more

いきなりはないよ~

 近頃には珍しく、沖縄の天気予報は外れたようです。  昨日からの冷たい雨が まだ降り続いて いきなり訪れた秋に拍車をかけます、、  寒いよ~  頭は まだ 真夏日を引きずっているし、一昨日までの 夏日の体感が抜けないというのに、 昨日の最高気温は なんと、いきなり 21℃。  沖縄にいて、秋雨なんて言葉 しばらく忘れていたけ…

続きを読むread more

朝鮮国王から琉球国王へ

 琉球国と朝鮮国、 ともに中国の朝貢国であった 二つの王国の外交を伝える資料が 沖縄県立博物館に常設展示されています。  朝鮮国の イ・ユンから、 琉球国 尚真王に宛てた書簡 「 朝鮮国書 」 の複製です。  イ・ユンは 李朝10代王で 「 燕山君 (ヨンサングン) 」 と同一人物です。  ヨンサングンといえば、韓…

続きを読むread more

沖縄の誇れる知事さんに

 一昨日 開票された知事選挙、ふたを開ければ 8万票以上の差がついて 玉城デニー氏の圧勝でした。  いちばんの争点は辺野古の新基地だったでしょうが、 他の政策についても 沖縄の進め方に 大きな違いが見えていました。  政府がチラつかせる甘いアメを 経済発展の契機にするか、 沖縄のアイデンティティを活かして 経済的自立を目指すか・…

続きを読むread more

怖い・・

 不安げな目元には訳がありまして、、 外は 今季最強の暴風雨の真っ最中。  猫にもたくさんの表情があって、聴覚の発達した猫には こんな不安なことはないはず。  換気口のカバーが 叩きつける音。  少しの隙間をめがけて 飛び込んでくる音。  暴風雨が 壁にぶち当たった音。  ベランダのサッシが ガンガンと…

続きを読むread more

県民 最大の関心事

 期日前投票所のフロアは 大変な行列が出来ていました。  私が並んだ後にも 列は長くなる一方。  投票用紙を受け取るまで 20分以上掛かりました。  翁長雄志知事の死去に伴う 沖縄県知事選の投票日は 30日。  台風24号の進路や速度によっては 外出もためらう心配があります。    赤ちゃんを抱いて並ぶ 若い家族、 杖をついて並ぶ …

続きを読むread more

秋風、そろそろ羽織る?

 東に向いた窓が ピンク色に染まっていました。 今朝 6時のこと。  こんなに 鮮やかな朝焼けは そう見られるものではないので、スマホを片手に外に出ました。  眩しいオレンジ色から 澄み切った青空へのグラデーションが見せる 清々しさは 夕焼けとは違う、 紛れもない 朝です。  一瞬の光景を目にして 得し…

続きを読むread more

芭蕉布を科学する

 恩納村 谷茶の丘の上、 こんな絶景が日常にある OIST (沖縄科学技術大学院大学) のトンネルギャラリーで開催していたのは 芭蕉布の展覧会でした。  近未来的な空間の天井からは 年代物の芭蕉布の着物が掲げられ、ユニークな展示です。  展示資料の昭和初期の書物は、人間国宝の染色工芸家 芹沢銈介が…

続きを読むread more

この雲、、、

 今日の 14時49分、 恩納村谷茶の 沖縄科学技術大学院大学 (OIST) から 眺望を撮ろうと 海方向を眺めたら、細長い雲が 海に向かって伸びていました。  ゆらゆらと 微妙に形を変えるのが 目視ではっきり分かります。  通りかかった警備員が 「 竜巻だね 」 って、、 竜巻の卵、 漏斗雲 でした。 …

続きを読むread more

安室奈美恵×紅型×現代アート

 一目で 安室奈美恵さんだと分かる肖像画。  沖縄から羽ばたいた Hero を 伝統工芸の紅型で染めた現代アートです。  ≪ Heroes Ⅰ≫ 照屋勇賢  沖縄県立美術館のコレクションギャラリーで 光を放っています。  照屋勇賢さんは 南風原市出身で、アメリカ、ベルリンを拠点に活躍するアーティストです。  今までに目…

続きを読むread more

沖縄の安室奈美恵さん

 たしか、波の上ビーチだったと思う。 空手着を着た女の子数名が、はじけたような笑顔で カメラに向かって 自己紹介をした。  その中でも いちばん小柄な女の子の、なんともキュートな笑顔が強く印象に残って 忘れることがなかった。  日本テレビの 「ズームイン朝 」 の沖縄からの生中継だった。 今 思えば 沖縄では放映がないので …

続きを読むread more