テーマ:象棋

久米村と いえば 象棋(チュンジー)

 そう、 象棋(チュンジー) 中国から琉球に伝わった 盤上のゲームです。  『久米村(クニンダ)-琉球と中国の架け橋-』 展、 展覧会場には ≪チュンジー体験コーナー≫ が設けられていました。  かつての 久米村人(クニンダンチュ) を受け継ぐ人たちを中心に、チュンジーに親しんできた方々が ボランティアとして 来館者を楽しま…

続きを読むread more

象棋大会、えらいことになっていた!

 第7回を迎える 『象棋(チュンジー)大会』 が 開催されました。  無謀にも・・・  よせばいいのに・・・  私もいそいそと大会会場へ・・・  昨年までとはちょっと違う 物々しい雰囲気の会場。  それもその筈、今年はなんと 「県知事杯」 との タイトルがついて、その関係なのか、台湾から国会議員、国際大会のチャン…

続きを読むread more

象棋(チュンジー)大会に参加しました!

 16日、沖縄の伝統将棋である象棋(チュンジー)大会が開催されました。  学生服姿が大勢・・・     小学生も!  昨年まで 県内でチュンジーを打つ人は 30名程 と云われてきました。  琉球の時代から続く文化が 消えてしまうことを危惧した 仲村顕氏が、普及の一歩として、昨年 発行したチュンジーの入門書 『 …

続きを読むread more

象棋(チュンジー)ゲームのいいもの見つけた♪

 韓国ドラマの時代劇を見ていたら、王妃の居室に置かれた 煌びやかな調度品の中に、なんと 象棋盤を見つけました。  そういえば朝鮮王朝も 琉球王国と同じく 中国への進貢国でした。  官服や冊封体制など、時々 琉球との共通点が垣間見られて 興味をそそります。  で、その象棋盤、螺鈿細工も美しい、脚の付いた厚い盤には 白いタマが並べ…

続きを読むread more

象棋(チュンジー)大会開催!

 最近、沖縄では 象棋 (チュンジー=沖縄の伝統将棋) を テレビ局が取材、放映したり、新聞に掲載されたりと、目にする機会が増えてきました。  沖縄に復活、そして浸透、定着していく兆しを感じます。  18日(日) チュンジー大会が開催されていました。  新聞記事によると、 スゴイッ! 小学生から一般…

続きを読むread more

沖縄県博で 「象棋(チュンジー)教室」 開催!

 沖縄県立博物館で 「象棋教室」 が開催されるというので立ち寄ってみましたら、、  ご年配の方から小学生まで、皆、ホントに面白そうに 象棋盤に向かっていて、その様子は すでに象棋に馴染んでいるかの様だったので、消えかけそうな伝統の盤ゲームが 復活する瞬間をみた思いがしました。  子供達の取り組む表情が輝い…

続きを読むread more

象棋(チュンジー)の駒は面白い♪

 象棋の 駒(タマ)の動き方が 面白いです。  だから、簡単に タマの動き方をご紹介!  一人 7種類 16個のタマ。 自分のタマと相手のタマ、呼び方は同じですが文字が違います。  陣地の本丸である 城 (グスク) は、手前中央の斜め線の枠内です。      兵 / 卒 (チュク) 5個   …

続きを読むread more

ご存知ですか? 『象棋(チュンジー)』

 どれ程の時を越えてきたのか、、  蘇った沖縄の 象棋 (チュンジー)  初の入門書となる 『 はじめての象棋 -沖縄の伝統将棋- 』 が、今夏 発行されました。  沖縄県内の書店には、よく 県産本コーナー が設けられているのですが、象棋 に関する本は初めて目にしました。  しかも、小学生でも判るように解説された丁寧な…

続きを読むread more