テーマ:

伊是名殿内の墓の主

 那覇新都心にある 伊是名殿内(いぜなどぅんち)の墓 の前を通りかかったら、墓域の雑草がきれいに刈られていたので ちょっと 足を踏み入れたくなりました。  沖縄の雑草は成長が早いので、この 格好の機会に 画像も撮らせていただきました。  過去にも記事に取り上げて、カテゴリーの「 墓 」に含めている ≪ 伊是名殿内の墓 …

続きを読むread more

国内唯一、国宝の墓 「玉陵」

 この角度から撮らえた 「 玉陵 」 を初めて見ます。  ここを訪れるたびに感じる 異次元的な空間が さらに パワーアップされてる様に見えます。  「 玉陵 」 が 国宝指定される事が決定しました。  沖縄県においては 初の建造物の国宝☆  「 玉陵 」 が 国民の宝になりました。  バンザーイ (^○^) …

続きを読むread more

アッカンベー シーサー

 首里城正殿の欄干には、それはそれは可愛いシーサーが 擬宝珠のごとく 華を添えているのですが、それが 「 アッカンベー 」 と、失礼極まりない表情で 来客を迎えているのです、、、 と、 ずっと 思っていました。  王墓 ≪ 玉陵 ≫ を 護っている 三体の獅子のうち、 左右の二体の複製が、 最近、沖縄県立博物館…

続きを読むread more

ここだっ 護佐丸の墓

 中城城址公園の駐車場を出て 道路を右方向へ、 テクテクテクと 約10分。  大きなカーブの 下り坂の先に海が見えて 赤い屋根の民家が見えたら、 民家の手前を 左の脇道へ、、  少し進むと 道路わきに 石碑と階段がありました。  ここだっ 護佐丸公の墓!  中城城跡は何度も訪れ…

続きを読むread more

沖縄に 「掃苔」 芽吹く

 2012年から 地元紙に連載されていた 『眠れる先人たち-墓所にたずねる琉球・沖縄史』 が 12月 最終回を迎えました。  本日付の文化面では 《 沖縄に 「掃苔」 芽吹く 》 と題して、 著者 仲村顕氏へのインタビュー形式で 連載の功績と労を称えていました。    「掃苔」 という言葉、 連載の第一回でも触れていました…

続きを読むread more

≪羽地朝秀の墓≫を目指してみた

 儀保の交差点を 県道241号に折れて 「末吉公園」の 駐車場に車を止めました。  公園を出て 県道を浦添方向に 1~2分ほど歩くと 「平良」バス停。   バス停手前の細い脇道に入れば、すぐ右手に 人ひとり通るのが精一杯の山道が フェンスに沿ってあります。                『 眠れる先人たち 』 …

続きを読むread more

山羊が守る? 「銘苅墓跡群」

 降ったり止んだり じめじめの梅雨空・・・  さいわい微雨、 生気に満ちて 輝くような植物なぞ 愛でながら、 今日はテクテク歩こう!             ・             ・             ・     那覇市新都心 銘苅地区には 広い緑地が保存されています。  かつて アメリカ軍基地だったことを思…

続きを読むread more

浦添ようどれ 今昔

 「ようどれ」 は夕凪 の意味・・・  二人の琉球王が眠る 王墓です。  浦添城跡の 海を見下ろす北側斜面に 静かに佇む王墓は いつ訪れても静寂に包まれています。  「ようどれ」 と 名付けた人々の想いを 私も想います。  ( 浦添ようどれ の歴史は こちらの記事で触れています )  戦前の モノクロ写真の…

続きを読むread more

 「 ぶらぶら美術・博物館 」 でお墓トーク

 まさに タイムリー?♪  17日放送の BS日テレ 「 ぶらぶら美術・博物館 」  青山霊園で、珍しいお墓トークを繰り広げていました  いまどきの言葉では 「 墓マイラー 」  正しい日本語では 「 掃苔(そうたい) 」  掃苔は、江戸時代の頃より 文人達の高尚な趣味だったと、コラムニストの山田五郎さんが、なんか可…

続きを読むread more

 保存モノの 『 眠れる先人たち ~墓所にたずねる琉球・沖縄史 』

 地元紙に 今までになかった連載が始まりました。  『 眠れる先人たち ~墓所にたずねる琉球・沖縄史~ 』 著者 仲村 顕                             ( 琉球新報 第2・4金曜日掲載 )    以下、連載に向けて、第1回に掲載された著者の文から 一部加筆して抜粋してます。 …

続きを読むread more

 渋いっ! 王墓 山川陵

 2度目の訪問でやっと墓域にたどり着くことができました。  前回の史跡巡りで、背丈までありそうなしぶとい雑草に阻まれて断念した 首里山川町に在る 山川陵 (やまがわりょう)   琉球王家の墓の一つです。  沖縄の古いお墓によく見られる、岩肌を掘り込んで墓室とした 自然と一体化したようなお墓ですが、 そこは…

続きを読むread more

第二尚王統 王墓 「玉陵」 の秘話

 「ここは、お前ごときが来るところではないっ!」   訪れるたび、どこからか そう聞こえてくるような気がする 王墓 「玉陵(たまうどぅん)」  他に 見学客がいればいいけどなぁ と 思いつつ 踏み入った中庭には、、 誰もいない、、 たった一人、、 ちょっと足が緊張してる。  緊張する筈です、すでに …

続きを読むread more

尚巴志 伝説の王墓~天山陵~

 首里の、とある邸宅の庭の片隅に、ひっそりと置かれているこの石棺の台座!  ( この画像、携帯のピンボケでも 実はちょっと自慢のお宝画像です。)  この台座のある場所、 首里古地図には 「墓」 とその存在と規模がしっかり標されています。  一般公開もされず、地元の人にもあまり知られていない …

続きを読むread more

~浦添歴史散歩~王墓・・ようどれ

 ようどれ  ・・・夕凪 という意味があるそうです。  夕暮れ時、風が止み、静かで穏やかになる様子・・・  ようどれ・・ 夕凪・・ 口にするだけで心が穏やかになるような響きです。  浦添城跡の北側の崖に造られた王墓、「浦添ようどれ」  第二次世界大戦の際、日本軍の陣地があった為に破壊されましたが2005年に復元されま…

続きを読むread more

ペリー艦隊の水兵は琉球でいろいろやらかしています!

 貴重な歴史資料が並ぶ 静謐な展示室の中、なんと 思わず プッと吹き出してしまうような資料がありました。  琉大付属図書館・沖縄県立図書館・沖縄県立博物館 「三館合同企画展」 での展示資料のなかに、、   「三館合同企画展」パンフレットより  ペリーの艦隊は日本との交渉を推し進めるなか、琉球にも寄港…

続きを読むread more

沖縄の大きな大きなお墓の前で~

 子供の頃、一人遊びの場所は家の近くの墓地でした。  今思えば妙な光景ですが、山の斜面いっぱいに並ぶお墓に見下ろされながら、なわとびを練習したり、れんげを摘んだことを懐かしく思い出します。  おじいちゃん達が見守っていてくれるのですから怖いはずが無く、墓地は庭のようなものでした。  ・・・で、沖縄のお墓!  …

続きを読むread more