テーマ:港川人

日本最古の( ゚Д゚) 顔

 少し 受け口ぎみでしょうか?  つぶらな瞳が印象的な キュートな顔立ちです。  全国的に紹介されているといいな~  石垣島 白保竿根田原遺跡で発掘された 2万7千年前の旧石器人の頭骨が復元されました。  沖縄では 地元紙トップの扱いです。  死亡年齢が 30代~40代前後の男性、 縄文人や中国南部、東南アジア…

続きを読むread more

27000年前の日本人

 昨晩の 「 報道ステーション 」 で 大々的に 紹介されてましたね、 もちろん 今朝の地元紙でも 当然 一面トップで 大きく扱いました。  石垣島、白保竿根田原洞穴遺跡から 発見された 27000年前の ≪ 白保4号人骨 ≫さん、 ご本人に 逢いに行ってきました。  「 沖縄県立埋蔵文化財センター 」 で …

続きを読むread more

面白かったなぁ 「港川人の時代とその後」 展

 地球上に存在した 最古の人類、 700万年前の チャド猿人。  320万年前、 二本足で しっかりと アフリカの大地を歩いていたんだね、 小さなアファール猿人 可愛いルーシー。  180万年前、アフリカを出た原人も、 そして旧人 ネアンデルタール人も いつか絶滅して、 4万年前以降、新人類(ホモ・サピエンス)が 知能をフルに生かして…

続きを読むread more

ここは人類史の宝箱

 日本列島には 38000年前には ホモ・サピエンスが暮らしていたことが分かっています。  35000年前~38000年前までの3000年間に ( スケールの大きさに頭がフワフワします、、) 日本全域に かなりのスピードで拡散していることは 全国の遺跡が物語っています。  ただ 北海道ではこの年代に人類がいた痕跡は見つかっていな…

続きを読むread more

2万年の安眠の場 港川フィッシャー

 ≪ 港川人 ≫ と 固有名詞を持つ古代人が 2万2千年ものあいだ 静かに眠っていた、 ここが ≪ 港川フィッシャー ≫ です。  祠のある場所が 港川人の化石が眠っていた場所、 うつ伏せの状態で発見されました。  ほぼ全身の骨格が発掘されている、世界的にも貴重な人骨化石です。  ( 遺物の年代測定値は、暦年較…

続きを読むread more

サキタリ洞 化石発見の 何がスゴイのか!

 「 サキタリ洞の、 約2万年にわたる 継続利用が明らかになった。  当時の人類は 一時は全滅したのでは との議論もあったが、 生活の痕跡から、資源の少ない環境で 生き延びるすべを持っていたことが立証された。 」  大発見にあたっての 識者の談話の一部です。  左は 大陸系の顔の港川人  右は アジア南東部系の…

続きを読むread more

スゴイ発見! すごい サキタリ洞! 凄い 沖縄!

 今日の朝刊を開いたとたん、一面トップに 「 なんじゃ こりぁ!」  で、 ビックリドッキリ!  南城市の観光施設 ≪ ガンガラーの谷 ≫ 内の 「 サキタリ洞 」 で 発見されたのは、 なんと 2万3000年前 世界最古となる 釣り針など!  ほぼ 全身の骨格が残り、世界的にも貴重な人骨化石 「 港川人 」 の 生活圏だ…

続きを読むread more

やっぱり沖縄は 化石の宝庫

 南城市 「ガンガラーの谷」 の サキタリ洞で、又 すごい発見がありました。  12日の地元紙は 大きく その快挙を伝えています。  ガンガラーの谷は 太古の沖縄を体感できる観光スポットです。  太古 というだけあって この辺り、 2万年前に生きた ≪港川人≫ が発見された 「港川フィッシャー」 にも近い…

続きを読むread more

「港川人」 この顔だってアリなんです。

 自然を相手の生活は 苦労も多いのか、深いシワを刻んで 表情は ちょっと険しい・・・  それまでの 大陸系の柔和なお顔立ちと 180度違う・・・  体格は変わらず・・ 港川人は肩幅が狭く 腕は華奢、ジャングルを駆け巡っていた為なのか 下半身はガッシリ なんだそうです。  沖縄県立博物館で開催中の 『 サキタリ洞…

続きを読むread more

国内最古の貝器 大発見!

 今日の朝刊が 羽生結弦くんの金メダルより 大きく取り上げていたのは、 南城市玉城 「サキタリ洞遺跡」 で見つかった、 国内最古で 国内初の 旧石器時代の貝器と、装飾品や人骨などの化石発見の記事でした。  沖縄では 人骨の化石は多く発見されていますが、 石器が、道具が、まったく見つかっておらず、沖縄県立博物館は 古代人の…

続きを読むread more

熱気の現地見学 「8000年前の土器」

 沖縄の 鍾乳洞で、又、大発見がありました。  南城市、 太古の沖縄が体感できる 「ガンガラーの谷」 の見学ツアー、そのツアーのスタート地点となる ≪ケイブカフェ ≫ が ある 「 サキタリ洞 」 内で発見されたのは、県内最古の縄文時代の土器・・・ この人だかりは 現地見学に集まった人達です。 私も・・  800…

続きを読むread more

日本のシュリーマン 「大山盛保生誕100年記念 発見への情熱」 展

 この企画展、港川人ファンの私は楽しみに待っていました。  「港川人」 は、1970年にひとりの民間人によって 発見されました。  ほんの偶然からではなく、情熱と信念と執念でもって 1万8千年の眠りから起こしました。  カナダに移住して成功を収め、戦後の沖縄で数々の事業を起こした実業家の 大山盛保(せいほ)さん。 …

続きを読むread more

「港川人」 はどこから来たの?

 1万8000年前の人類 「港川人」 は いったいどこからこの沖縄にやってきたのか・・・  クリスマスを前にして、 壮大なロマンのお話を聴く機会がありました。  「港川人が語る東アジアの人類史」 と 題して、国立科学博物館の研究員が、港川人 をめぐる最新の話題をいろんな角度からお話し下さいました。  …

続きを読むread more

快挙!12000年前の人骨・石器大発見! 

 すごいです!  大発見です!  沖縄本島南部、南城市にある サキタリ洞 ( 『ガンガラーの谷』 内 ) で、12000年前の人骨化石と石器が発見されました。  なにがすごいかって、同じ遺跡から同時に 人骨と石器が出土した例では 国内最古なんだそうです。  も ひとつ 快挙といえるのは、沖縄では、180…

続きを読むread more

『ガンガラーの谷』 古代人が暮した証し (2)

 ここ  『 ガンガラーの谷 』 のツアーでは、タイミングがよければ 実際の調査・発掘現場が見学できて、発掘をされている専門員から解説を聴くことができるのです。     考古や人類学に興味のある方はもちろん、沖縄人の祖先に繋がる、、 と 思えば、洞窟内は 太古の浪漫にあふれて ワクワクしてしまいます。  ちなみに、この 「ガンガ…

続きを読むread more

『ガンガラーの谷』 世にも珍しい?洞窟カフェ (1)

   沖縄県南城市玉城 テーマパーク 『おきなわワールド』 の向かいに広がるガジュマル広場の一角  ぽっかり大口を開けて私達を迎え入れるかのような鍾乳洞の洞窟は・・・    Cave(ケイブ)カフェ  今現在も成長を続ける鍾乳石に取り囲まれて、包まれて、不思議な時間を過ごせそうです  ポタポタポタ・・・…

続きを読むread more

じつは沖縄、人骨化石の宝庫です。

 この方、 姓は 「港川人」 名は「1号」  沖縄県八重瀬町 港川地区の 採石場の岩の割れ目に 約1万8千年もの長い間 眠っていました。  ほぼ 全身の骨を残して、両手を少し上に広げた うつぶせの姿で 1970年に発見されました。  同じ場所で 数体分の人骨が発見されましたが、 4体の人骨が復元され、…

続きを読むread more