テーマ:植物

緑ムックの正体は・・

 緑色に変身したムック! みたいな植物。  陽のあたる東南の方に回ると、何とも 可愛いピンク色の小花が満開です。  あまりに可憐なピンク色の花をつける メキシカンクリーパー は インパクト大で、過去にも記事にしました。  メキシコ原産の タデ科のつる性植物で、和名は アサヒカズラ …

続きを読むread more

花はいくつ?

 テッポウユリが盛んな季節です。  沖縄では自生するテッポウユリ、大して 手も入れてなさそうな植え込みや公園でも 清楚で優美な姿が多く見られます。  で、川の土手道に咲いていた このテッポウユリ、、 どうなってるの?  いったい いくつの花を付けているのやら・・  茎は? …

続きを読むread more

首が痛くなる花見

 ペットショップの駐車場で 無数のオレンジ色の落花に気づいて見上げたら、なんだ この木、気になる木 ( ゚Д゚)  おまけに、画像では見難いのですが、たくさんの野鳥が止まって 賑やかにさえずっています。  頭のてっぺんが白い野鳥、シロガシラのようです。  あまりに高くて、一生懸命眺めていたら 首が重…

続きを読むread more

人知れず

 情報番組のお天気コーナーでは、必ずと言っていいほど 🌸 が花を添える頃になってきました。  都心の桜の名所、お花見の人気スポット、大切に護られている桜の名木・・  映像に映る 圧倒的な 🌸の咲きっぷりには目を見張ってしまいます、長く本土を離れていると・・  そんな中、いよいよ満開を迎えた クマノザクラの画像が届きまし…

続きを読むread more

クマノザクラのお裾分け

 故郷に咲く桜を最後に見たのは もう 10年近く前になるかもしれません。 大阪に向かう紀勢本線の車窓から ヤマザクラを見つけては 目に焼き付けていました。  3月の声を聞くと、広葉樹の中にポチポチと、柔い薄桃色を探すことが出来るのです。 それが 桜とは気づかないほど 早春の頃。  地元では 長く 「 早咲きのヤマザクラ …

続きを読むread more

寒い朝

 外に一歩出ると 頬がキーン (>_<)  冷たさは本土の比ではないけれど、沖縄でこの体感は 一年に数度あるかないか!  本日15℃、最低気温は13℃  昨晩 長く眠っていた電気ヒーターを出しました。 猫の こうこは傍を離れず 🐈  そんな中、ベランダから見える植栽に 可愛いピンク色がチラホラと・・ …

続きを読むread more

セイロンライティアに香りなし

 長く ジャスミンの花が咲いていた場所に、負けないくらい純白の 清楚な花が咲いていました。  名札が付いていました ≪ セイロンライティア ≫  セイロン と付くくらいですから、 スリランカ原産の キョウチクトウ科の常緑低木でした。  そして、セイロン と付くくらいですから 花に顔を近づけてみたのです…

続きを読むread more

パパイヤ七変化

 初めてパパイヤを食べたのは 遠い遠い昔のこと、ハワイのホテルでした。 宿泊中、毎朝 縦半分にカットした パパイヤに レモン汁をたっぷり絞って デザートで出してくれました。 なので、パパイヤといえば 私にはフルーツでした。 沖縄に住むまでは・・  植栽に交じって 見覚えのある実が びっしり生っていました。 …

続きを読むread more

ふるさとは桜色

 ここは まるで 桜の里だったんだ・・  三月には 山肌が薄桃色の綿菓子のようになり、 里は桜に埋もれる。 桜並木は道しるべとなり、 花筏が川を下る。 当たり前のように繰り返されてきた光景。   故郷を離れて 早45年あまり、今頃になって、 この土地の美しさを 心に深く刻んでいます。   …

続きを読むread more

桜吹雪の道の上で

 大阪 毛馬桜ノ宮公園 大川添いに広がる河川公園で、 その両岸に ソメイヨシノ 約4800本の桜並木が 延々と続きます。 満開ともなれば 河川敷は 見渡す限り ピンク色に霞みます。  画像右側に写る煉瓦造りの建物は造幣局敷地内の造幣博物館。  昭和5年に建設された 鋼鉄アーチの銀橋 ( 知らなかっ…

続きを読むread more

100年振りのクマノザクラ 満開ですよー

 「 今年はカメラマンが多くなってるよー 」  そんな メッセージとともに 春爛漫の便りが届きました🌸  和歌山県南部 熊野から~  昨年 100年振りの新種発見と話題になった ≪ クマノザクラ ≫ の標本木がこれですって❣  早咲きの桜、見事な咲きっぷりですね~   新種だ…

続きを読むread more

蟹 捨てる

 フルーツです。  柿 ではないです。  割ってみますね、、  ううん、 柿 ではないです。  道の駅とかでは 見たことありますが、食べるのは初めてです。  庭の木になったのを お裾分け頂きました。  皮ごと食べられるって聞きましたが、ちょっとだけ 渋みを感じたので 実だけね、、  食感 かぼちゃで…

続きを読むread more

サクラが咲くか??

 今朝も、名護市、 渡嘉敷島、伊是名島で 桜の木が花を付けたと、 最近、季節外れの桜の開花が 地元紙を賑わしています。  実は私も!  昨日の帰り道、 寒緋桜の並木の一本に 開花をみつけましたよ、那覇新都心の ど真ん中です。🌸  秋だって、 来たのやら、来てないのやら、、  暑くなったり…

続きを読むread more

アラマンダの華麗な仲間

 街中に アラマンダの黄色い花が咲き出すと 「 あぁ 沖縄の夏だなぁ 」 と思います。  過去は そうでは ありませんでした。  真っ白なビーチと パライバトルマリンみたいな 蛍光ブルーの海、 日差しを照り返す赤瓦の古民家と 白砂の小道、、 私の沖縄の夏風景でした。  日々を送る市中にいて、 いつの間にか、目に…

続きを読むread more

なんて花だろ? 小っちゃい日の丸

 この花も 沖縄で 初めて見ました。  純白の釣鐘みたいな ガクの中に 真っ赤な花が顔を出します。  ぷっくら膨らんだ ガクも じゅうぶんに可愛い蕾の体なのですが、 そこから飛び出すように 真っ赤な花冠を付けるのです。  赤と白、シンプルで メリハリのあるカラーリングが 小さな日の丸に見えてしまいました。 …

続きを読むread more

桃源郷から桜の便り

 ここ数日、 どこの情報番組も 満開の桜と共に番組がスタートします。  カメラを引くと おびただしい数の人の流れが現れた 都内の 🌸 名所の花見風景に ドン引きしていたら、 深山幽谷のような里から 桜便りが届きました、 熊野から、、  和歌山県南部 熊野地域を流れる 古座川上流域の松根集落、 私も訪れたこ…

続きを読むread more

再発見 熱帯ドリームセンター

 まるで 太古の生物、、 確かに 生きた化石です ( ゚Д゚)  昨年の10月から 海洋博公園 ≪ 熱帯ドリームセンター ≫ の アクアリウムで飼育されている ピラルクー でした。  2m50cm まで成長した ピラルクーは珍しいのだそう、 うろこの一枚一枚まで 観察できる近さでしたよ。  この淡水魚は コバン…

続きを読むread more

≪沖縄国際洋蘭博覧会≫は 百花繚ラン

 2月に入ってずっと、 沖縄も らしくない寒い日が 続いています。  久し振りの晴れ間に誘われるように、又、本部町まで 車を走らせました。  海洋博公園 「 熱帯ドリームセンター 」 で 開催されている ≪ 沖縄国際洋蘭博覧会 ≫ に、、 32回を迎える 歴史ある ラン展 です。  アプローチを抜けたら こんな パ…

続きを読むread more

八重岳は花盛り

 沖縄のお花見事情は、他県出身者には ちょっと カルチャーショックです。  そんなこんなも 話のタネにと、茨城県からやって来た 妹家族を案内して、桜が満開の北部観光に繰り出しました。  キャッチコピーも可愛い ≪ ひとあし、お咲きに。 ≫ の 八重岳へ 、、  本部町と 名護市にまたがる 八重岳は 標高 453 m。  頂上…

続きを読むread more

リュウキュウマツぼっくりのクリスマスツリー

 何年ぶりになるだろう、 今年はクリスマスツリーを飾ろう ♪  どうせなら クラフトで ツリーを創ろう ♪  と 閃いたのが 松ぼっくりでした、 定番ですね(/ω\)  近くの公園には りっぱな リュウキュウマツがたくさん 植わっていて、 この季節、新鮮な 松ぼっくりが コロコロコロ・・ …

続きを読むread more

楽園のオーラきらめく ツリー

 バスの窓越しに見る 12月の夜の街は 少し得した気分です。  イルミネーション煌めく街並みを ひとり占めしているようで 得した気分です。  中心街 パレット久茂地の広場では 今どきのプラントハンター 西畠清順さんの ≪ 楽園クリスマスツリー ≫ が煌めいています。  雨上がりの街で …

続きを読むread more

西畠清順さんが魅せる 楽園ツリー

 那覇市中心部、デパート リウボウ前の イベント広場に 見たこともない ツリーが出現しました。  熱帯植物で 埋め尽くされています。  今話題のプラントハンター 西畠清順さんによる、題して ≪ 楽園クリスマス ≫  植え付けられている植物も 紹介されていました。  チランドシアコットンキャンディ …

続きを読むread more

なんて花だろ? 酔っぱらいの貴婦人

 プライドの高い貴婦人のように これ見よがしに咲く花、 公園を華やかに飾っています。  ≪ 酔芙蓉 ≫   アオイ科 フヨウ属 というのですから、 ハイビスカスと同じ仲間ですね、、  でも、ハイビスカスなら 沖縄のあちこちで 咲き乱れていますが、 酔芙蓉 (スイフヨウ) は初めて見ました。  もし…

続きを読むread more

ウィルソンが見た沖縄 (1)

 写真を見たときは この風景が 沖縄とは思えなかったものです。  天を突き刺すような どこまでも伸びやかな大木は 「 リュウキュウマツ 」  松に 沖縄のイメージを持ったことはなかったです。  そう、こんなふうに どんどん忘れ去られていく、 かつての、100年前の沖縄の風景を、写真で見せてくれる展覧会が始まりました。 …

続きを読むread more

真夏のゴールデンシャワー

 緑陰を創る 天然記念物の 大アカギの向こうに 降り注ぐ イエローシャワーは、これも 沖縄の盛夏を彩る 樹木 ≪ ゴールデンシャワー ≫ です。  ずっしりとした 花房は、間近で見ると いっそう 圧巻の咲きっぷりです。  マメ科の植物で 原産国はインド。    ゴールデンシャワーの …

続きを読むread more

なんて やんばるは美しい、、

 気配を感じて 木を見上げて こんな仔と 目が合ってしまったら 、、 もう どうしましょう♪  篠原太郎氏が撮らえた ≪ リュウキュウオオコノハズク ≫  沖縄本島北部 やんばる と 呼ばれる地域の 多くを占めるのは森です。  那覇自然環境事務所 『 やんばる国立公園 』 より …

続きを読むread more

幻の クメノサクラ

 寒緋桜と違い、はかなげな薄桃色の花びらで、 しかも 本土の桜のように ひとひら ひとひら 散る桜 と いうのですから、いつか 実物を愛でたいと思っていました。  久米島の固有種で、久米島まで行かなければ見られないと思っていました。  幻の、、 と、 タイトルに インパクトを狙ってしまいましたが、 私が 偶然 見つけた …

続きを読むread more

今こそ おきなわの春爛漫

 ご近所の庭先が 霞んでいるようでした。  フブキバナが 道路まで あふれんばかり、、   路地の一角は 春爛漫 🌸  寒緋桜と ツーショット 🌸  今日の日中など 夏日を体感するほどの暑さ、、 この光景を愛でるのも そろそろ終…

続きを読むread more

今年はお見事、黄色のイペー

 3月、街を歩いていても あちこちの植物が目を楽しませてくれます。  南国らしい彩りが 街にあふれてきました。  那覇新都心、 那覇国際高校のある 通りの一角、 艶やかな 黄色のイペーが 満開になっていました。  昨晩の雨で ずいぶん散ってしまったようですが、 この通りのイペーが こんなに満開を見せるの…

続きを読むread more

ニンニク、、 カズラ

 紫の花が てんこ盛りに咲いて 散歩道が賑やかになりました。  せっかくの満開を 「 てんこ盛り 」 とは ちょっと失礼な言い回しですが、 花の名は ≪ ニンニクカズラ ≫  可憐な花に もっと 失礼!  ノウゼンカズラ科の花木です。  原産は ブラジルなど熱帯アメリカというのですから、やっぱり…

続きを読むread more