テーマ:映画・テレビ

せかほしの三浦春馬さん

 NHK 「 世界は ほしいモノにあふれている 」  一流バイヤーが、自身が求める逸品を 世界に探し求めるという視点が面白く、ハイセンスで素敵なモノと 旅先での映像が 目の保養と癒しを与えてくれる、民放では お目に掛かりそうない番組です。大好きで よく視聴しています。  そのMCを務めていた 三浦春馬さんがお亡くなりになりま…

続きを読むread more

《ぶらぶら美術・博物館》10年間のベスト3

 BS日テレの《 ぶらぶら美術・博物館 》が10周年を迎えました。  放映当初は、限られた趣味の分野なので 長く続くだろうか、と心配していましたが、芸術・文化のチカラはすごかった ( `ー´)ノ  海外に、県外に、海を越えないと観られない大規模な展覧会が 沖縄で楽しめる! この番組、私には 毎週 この上ない 至福の時間です。…

続きを読むread more

この男で、ドラマで、大丈夫!

 琉球放送創立65周年特別番組 琉球歴史ドラマ 「 尚円王 」  遅ればせながら見終わりました。 史実にもとづいた 超フィクション、見事にエンターテインメントでした (*'▽')  ざっくりなあらすじと 登場人物を踏まえて、あとは 大いに、そして 大らかに楽しみました。  ちなみに、琉球王国第二尚王統 …

続きを読むread more

このドラマで大丈夫!?

 ワクワクニュースが飛び込んできました。  琉球歴史ドラマ 「 尚円王 」  地元制作でも、ありそうでないのが 琉球歴史ドラマです。  「 尚円王 」は 琉球放送創立65周年特別番組 と銘打った チカラの入ったエンターテインメントのようです。  放送は 全3回      第1話 2月12日 夜8時…

続きを読むread more

首里城に逢いたい

 NHK沖縄放送局では、来週 16日~20日の5夜連続で 首里城の魅力が詰まった過去の名作を放送します。  16日(月)   ブラタモリ 《 沖縄・首里 》    2016年2月26日にブログアップしています。  17日(火)   首里現代音宴    首里城下之御庭で行われた一夜限りの記念的なライ…

続きを読むread more

プロジェクトX 首里城復元ふたたび

 昨日の早朝、上島珈琲店の記事をアップしました。  件には 朝4時半に起きて眠れず、パソコンに向かったことを綴っています。  その4時半頃、首里城正殿は炎の中にあったんだと、あの時間に 何と のんきに パソコンに向かっていたんだろうと、首里城が炎上するなんて考えたこともなかった、丘の頂きには いつも首里城があるものと思っていた、…

続きを読むread more

これが ZIP! これが スッキリ!

 民放テレビは 3局しか放映されていなかった沖縄で、日本テレビ系列が 見られるようになりました (^◇^)  8月1日から、沖縄ケーブルテレビ局が 「テレビにらい」 と チャンネル名を変えて、鹿児島読売テレビを受信して 日本テレビ系列の情報番組を中心に 放送が開始されています。  これが 「 ZIP! 」かー、 これが …

続きを読むread more

引き出しいっぱい ≪ ジブリの大博覧会 ≫

 「 ジブリの大博覧会 」のエントランスは 沖縄オリジナルのアプローチ。 沖縄の伝統工芸と ジブリのコラボが お出迎え。  シーサー作家の 新垣光雄さんが作成した トトロ達や まっくろくろすけ、それから 琉球ガラスの名工 稲嶺盛吉さんが創り出す トトロワールドです。  “ 大博覧会 “ と 銘打ったほ…

続きを読むread more

「ジブリの大博覧会」始まったー

 東京会場では 50万人以上、前会場の福岡では 30万人以上の来場者を記録した ≪ ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~ ≫ いよいよ沖縄でスタートします。  会期前日のオープンニングセレモニーを見学しました。  玉城デニー知事も列席されて、沖縄の今夏の話題を独り占めしそうな勢いです。  お祭…

続きを読むread more

♪唄っとります

 撮りためていた NHK 「 桑田佳祐 ひとり紅白歌合戦 」 を見ていたら、 なんせ 同年代なもんですから、桑田佳祐のトークやカバー曲が、直球で 胸に響いてきます。  缶チューハイ片手に気分良くなって 鼻歌交じりで浸っていたら、横に寝そべる 🐈 こうこちゃんが 「 ♪ふにゃーぉ 」 と 絡んでくるのです。 …

続きを読むread more

熊野観光の魅力≪ブラタモリ≫

 馴染んできた風景が とても新鮮に思えたのは最新技術、ドローンの映像でした。 橋杭岩を真上から 見られるなんてね。   真上から見ると 真っすぐに 紀伊大島に向かって立っている様子がよくわかりました。   ところで、橋杭岩の幾つかの岩は 昔は もっともっと 高かったのです。  数十年前に 崩落を危惧して …

続きを読むread more

≪ブラタモリ≫が熊野へ行ってくれた

 ブラっと行ってくれたんだ タモリさん、 熊野へ、、   でも ≪ 補陀落渡海 ≫ の件が重かったと ネットで話題になっているようで、、  私自身も 沖縄に住んで、琉球史を学んだことで 補陀落渡海を識りました。  ≪渡海舟≫   番組の中で ストレートに 棺桶舟 と解説されました。 その生々しさは確かに心に重…

続きを読むread more

ニャーニャーミャー

 2月23日 一日遅れの ニャーニャーミャー  初めて飼った みるこ は、よく 玄関ドアの前に坐って、静かに ドアを見上げたものでした。  こちらが無視していると、 鈴の鳴るような声で ≪ ミャッ ≫ と アピールして、 あれは ≪ ドアを 開けて ≫って云っていたのです。  電話も嫌いでした。  通話の邪魔をするように、…

続きを読むread more

≪世界ふしぎ発見!≫ も魅せてくれる

 「 世界ふしぎ発見!」 に 8年ぶりの登場です 琉球王国!   今回は 復元工事が終了して公開された ≪首里城 御内原エリア≫と、 戦後の困難を乗り越え 復活を遂げた王国時代からの伝統を紹介しました。  1月末、 レポーターの竹内海南江さんと ほぼ同じルートを 私も巡っていました。  なかでも、 泡盛の酒造所…

続きを読むread more

言の葉の庭

 雨の日は外出したくはありません。 ただ 雨の降る様は不思議と いつまでも 眺めていられます。  ♪ ある雨の日の情景 って歌があるのですが、、  バスが止まって [ 並木道に ] 外は雨が降っている  ガラス窓に いっぱい並んだ雨だれの [ いっぱい並んだ雨だれ ]  むこうで 誰かが [ 肩をすぼめて ] タバコ…

続きを読むread more

上質カオスの上等お祭り

 放送後は 毎年のように、言いたい放題 評価されている 紅白歌合戦、 でも、 私など 最新のプロジェクションマッピングなど スクリーン映像の、他では見られない演出の素晴らしさに、見なきゃもったいないと思ってしまいます。    あれだけの舞台を創り上げてもらえるのですから、 出場者の皆さんは その舞台に選ばれて立てる誇りと 力の…

続きを読むread more

今年の No,1は

 山田五郎さんの愉快なギャラリートークで 美術館・博物館を巡る BS日テレ「 ぶらぶら美術・博物館 」 は、毎年恒例の 出演者4人の 「 今年の №1作品 」 を紹介しました。  「 おぎやはぎ 」 の お2人、 8年前の番組スタート時の たどたどしさが記憶にあるだけに、鑑賞者としての進歩に 毎回 驚いてしまいます。  小木さん…

続きを読むread more

空港に行く道

 沖縄に住まうと 空港の存在がグッと身近に日常的になります。 その反面、空港から旅立つということは(私の場合) 非日常に向かう狭間。  搭乗手続きを終えてロビーで過ごす時間は 日常から解き放されて、旅のプロセスの中でも 自由を感じる至福のひとときです。  ≪空港に行く道 ≫ というドラマが いつになく 心に残って仕方…

続きを読むread more

沖縄の安室奈美恵さん

 たしか、波の上ビーチだったと思う。 空手着を着た女の子数名が、はじけたような笑顔で カメラに向かって 自己紹介をした。  その中でも いちばん小柄な女の子の、なんともキュートな笑顔が強く印象に残って 忘れることがなかった。  日本テレビの 「ズームイン朝 」 の沖縄からの生中継だった。 今 思えば 沖縄では放映がないので …

続きを読むread more

琉球の至宝が一堂に

 琉球の秀逸の伝統文化が 東京に集結していたとは、、 25点の国宝まで 上京していたとは、、  静謐で 美しい展示室で輝く琉球の至宝は格調高く、 ため息とともに眺めました。  BS日テレ 「 ぶらぶら美術・博物館 」 が 放映した、サントリー美術館で開催中の 「 琉球 美の宝庫 」 展 です。  ぶらぶ…

続きを読むread more

地球を信じる信じないかは・・

 昨日、 不覚にも 台風の中を帰る事になってしまった、、 傘の骨を 一本 曲げてしまった ( ;∀;)  本土の台風中継を見ていて、 暴風の中でも 必死で傘を差す人に、 ありえないっ! と、 台風をなめてるっ! と、 苦笑いしていた私が まったく 人のことは言えなくなった (/ω\)  熱低と思ってた。 それにしては 強い風だなと思…

続きを読むread more

下世話な話ですみません

 2016年8月 「 開運!なんでも鑑定団 」 に登場した 六曲一双の屏風が、今、沖縄県立博物館の 「 新収蔵品展 」 に お目見えしています。  ≪ 竹林七賢人屏風図 ≫ 作者は 山田真山 (1885∼1977)  東京美術学校 (現・東京芸術大学) で学び、高村光雲の教えも受けた 彫刻家で…

続きを読むread more

遠い? 近い? 韓国

 韓国に行ったことのない私には、メディアからの情報と 韓国ドラマが 韓国を知るすべてです。  今、1975年~80年代の韓国情勢を織り込みながら、 貧困層にあたる一家が 困難を乗り越えつつ、一家の歴史と幸福を築いていく 韓国ドラマ 「 初恋 」 を見ています。  時代は 韓国高度経済成長期、 ビルが立ち並ぶ ソウルの中…

続きを読むread more

イラっとします

 ハマっている CM が ありまして、、  ナイチャー(県外の人)が 言う、沖縄の地名のイントネーションに イラッとする ウチナーンチュの本音を コントにした ≪ スッパイマン ≫ の CM。  笑い転げないまでも、 ムフッ と 静かに受けまくっています。  「 初恋クロマニヨン 」 という お笑い芸人が繰…

続きを読むread more

沖縄にアニメの聖地誕生

 金城哲夫   ウルトラマンファンなら もちろんのこと、 沖縄を発想して生み出された 怪獣の名称や、 シリーズの中でも 秀逸といわれる 数々の脚本を手掛けた脚本家 と言われれば、 思い起こす人も 多いのではないでしょうか、、  その金城哲夫さんの、生前の仕事場だった ≪ 金城哲夫資料館 ≫ が  「 訪れてみたい日本のアニメ聖地…

続きを読むread more

超ビックリ!故郷に列島の秘密

 昭和の、紀伊半島沖を震源とする 二度の大地震を 体験している父は、 「 地震がきたら 、どこに居ても すぐ山に登れ!」 と 言っていたものです。  同時に、南紀(熊野) は 岩盤が固いとも、そういえば 言っていました。  NHKで 放映された ≪ 列島誕生 GEO JAPAN ≫ のっけから 故郷 和歌山県 熊野地域の風…

続きを読むread more

泣くな 松山、、

 10 番、長い パットを バーディーで沈めた、、 全米プロゴルフ選手権 最終日、7 番ホールで奪ったトップを いよいよ確実にした。  朝っぱら 両手をあげて ガッツポーズを取ってしまった。  猫の こうこに ガン見されて こっ恥ずかしくなった。  松山英樹 が凄い!!  手に汗握る ピンチでも、 歓喜を呼ぶ スーパ…

続きを読むread more

追悼 佐藤公彦さん

 「 ケメ 」 と いった方が 往時が蘇ります。  1970年代の初頭、 尖がったような フォークが全盛だったあの時代、 ある意味 異端児でもあった シンガーソングライターでした。  私は いつの時点で ケメの事を知って 大ファンになったのか、 記憶がないです。  気がつけば レコードを 聴く日々でした。 …

続きを読むread more

午後のティータイム

 何をするにも ゆっくりとした動作で とつとつとした語り口調、 どこまでも静かに過ぎていく ターシャ・テューダーの暮らしに 何故もこう 惹きつけられるのか、 その姿を 何時間でも 見つめていられるのか 不思議です。  また ターシャ・テューダーと お茶の時間を ご一緒したくなりました。  2015年の 生誕1…

続きを読むread more

猫も大好き! 世界ネコ歩き

 一年を通して、京都の四季と そこに暮らす猫を追った ≪岩合光昭 世界ネコ歩き≫  まったりの午後、 二匹の猫と 一緒に見ています。  10匹以上の猫が暮らす 梅宮大社の 一匹狼猫 ツキ の登場に こうこが集中しだしました。  こうこが おもむろに テレビに向かいました。  いつも すね…

続きを読むread more