テーマ:和歌山

熊野観光の魅力≪ブラタモリ≫

 馴染んできた風景が とても新鮮に思えたのは最新技術、ドローンの映像でした。 橋杭岩を真上から 見られるなんてね。   真上から見ると 真っすぐに 紀伊大島に向かって立っている様子がよくわかりました。   ところで、橋杭岩の幾つかの岩は 昔は もっともっと 高かったのです。  数十年前に 崩落を危惧して …

続きを読むread more

≪ブラタモリ≫が熊野へ行ってくれた

 ブラっと行ってくれたんだ タモリさん、 熊野へ、、   でも ≪ 補陀落渡海 ≫ の件が重かったと ネットで話題になっているようで、、  私自身も 沖縄に住んで、琉球史を学んだことで 補陀落渡海を識りました。  ≪渡海舟≫   番組の中で ストレートに 棺桶舟 と解説されました。 その生々しさは確かに心に重…

続きを読むread more

ふるさとは桜色

 ここは まるで 桜の里だったんだ・・  三月には 山肌が薄桃色の綿菓子のようになり、 里は桜に埋もれる。 桜並木は道しるべとなり、 花筏が川を下る。 当たり前のように繰り返されてきた光景。   故郷を離れて 早45年あまり、今頃になって、 この土地の美しさを 心に深く刻んでいます。   …

続きを読むread more

100年振りのクマノザクラ 満開ですよー

 「 今年はカメラマンが多くなってるよー 」  そんな メッセージとともに 春爛漫の便りが届きました🌸  和歌山県南部 熊野から~  昨年 100年振りの新種発見と話題になった ≪ クマノザクラ ≫ の標本木がこれですって❣  早咲きの桜、見事な咲きっぷりですね~   新種だ…

続きを読むread more

今年の No,1は

 山田五郎さんの愉快なギャラリートークで 美術館・博物館を巡る BS日テレ「 ぶらぶら美術・博物館 」 は、毎年恒例の 出演者4人の 「 今年の №1作品 」 を紹介しました。  「 おぎやはぎ 」 の お2人、 8年前の番組スタート時の たどたどしさが記憶にあるだけに、鑑賞者としての進歩に 毎回 驚いてしまいます。  小木さん…

続きを読むread more

避難勧告と 避難指示と

 昨晩は眠れなかった、 台風20号情報が伝える 和歌山県南部の大雨の深刻さに 結局 朝まで テレビはついていた。  2011年の 「 紀伊半島豪雨 」 が 頭から離れなかった。  親族から聞いた 2011年当時の災害の様子は私の予想を はるかに超えていた。  悠々と山あいを流れて、静かに たおやかに海に注ぐ 古座川…

続きを読むread more

歴史はじわじわ変わっていた

 鎌倉幕府の成立は 1192年ではなかったというし、 蘇我入鹿の暗殺事件は 今や =大化の改新 とはいわないのだそうだし、 国宝の 源頼朝像や かの 聖徳太子像さえ、 今では 頭に "伝 " が 付けられています。  いつのまにやら、教科書に載っていた歴史が 新しい学説に伴い、じわじわと 変化を見せています。  最近、身近な…

続きを読むread more

大人の夏休み

 和歌山県 熊野を流れる清流 古座川 から マイナスイオンの画像が届きました。  「日本の秘境100選」 や 「名水100選」 にも選定されている 清流の懐に飛び込んで楽しむ川遊び。  川の達人は、昨晩 うなぎの仕掛けをしたんだそう、、 上手く 掛ったんかな、、  こちら、カゴに餌を入…

続きを読むread more

母校の思ひで

 今年度で 母校が無くなると 聞きました。  和歌山県立〇〇高校、、 私は どんなに好きだったか この高校。  河口に広がる街の山合いに建ち、グラウンドを見下ろすように JR 紀勢線が走っています。  帰省するときは必ず 電車の右側に座り、その校舎とグラウンドを 目に焼き付けるように見つめるのですが、、  数年前 「 こん…

続きを読むread more

天空の霊地から下界へ (5)

 ≪ 奥の院 ≫ の歴史上の人物の 墓所を巡っています。 掃苔、、 墓参りです。  参道の ちょうど中間あたり ≪ 中の橋 ≫  ≪豊臣家≫  豊臣秀吉 一族の墓所は 広々した敷地にありました。  近くには 織田信長の墓所もあるのですが、その名前からすると 見落とすほどに目立たない墓所でした。 …

続きを読むread more

弘法大師のもとに眠りたい (4)

 賑やかな 門前町で 昼食と買物をすませ ≪ 奥の院 ≫ に向かいます。  ≪ 奥の院 ≫ は 弘法大師の御廟と、 御廟までの 約 2km の参道に、名だたる戦国武将や大名から 一般庶民まで、20万基を超す墓碑が並ぶ聖域です。  それにしても 高野山は 欧米系の外国人が たいへん多いです。 欧米では体感しようもない神秘性が 欧米…

続きを読むread more

金剛峰寺のホント (3)

 古色蒼然とした ≪ 金剛峰寺 ≫ は シャクナゲの花の中にありました。  もともと 「 金剛峰寺 」 とは 高野山 一山の総称だったそうです。  現在の 「金剛峰寺」 を指すのは 高野山境内の ひとつの独立した寺で、明治初期まで 「 青厳寺 」 と呼ばれていました。  それでも、高野山真言宗総本山と…

続きを読むread more

高野山 究極の御守 (2)

 霊場 高野山への入口 ≪ 大門 ≫ から 真言密教の中心部 ≪壇上伽藍≫ まで やって来ました。 門前町をぶらぶらと 徒歩で 10分ほど。  壇上伽藍の正門 ≪中門≫ を くぐります。    正面の ≪ 金堂 ≫ は 重要な年中行事の大半が営まれている 総本堂。  御本尊の薬師如来は 高村光雲の作でした。 …

続きを読むread more

高野山へご一緒に 出発進行 (1)

 行く前に どれだけ下調べ したやら、、 大阪から日帰りの高野山巡りです、 大阪からだって 高野山は遠い。  お得なチケット、 観光ルート、 観光時間、 人気のお土産、、 少しでも ご参考になれば (*^^*)  まずは 高野山観光の ≪ 全域マップ ≫ を チェック ↓  一日で すべてを ゆっく…

続きを読むread more

ふるさとの歴史

 出身地 和歌山の歴史に ほとんど目を向けた事がなかった過去を反省しつつ、ようやく ここにやってきました。  和歌山城のお隣に建つ 和歌山県立博物館。  同じ敷地内の近代美術館とは 2 Fのデッキと地下で繋がる ユニークな建物は 黒川紀章氏設計デザインで、1994年に開館しています。  外…

続きを読むread more

圧巻の 「コレクション展2018-春夏」

 描いている、 塗っている、 おとしている、、 どの表現も当てはまらないと 思えてなりません。 心象が 四角いキャンバスに乗り移ったと 思えてなりません。  そんな マーク・ロスコの作品を所蔵していると知って、どうしても行きたかった 和歌山県立近代美術館 コレクション展です。  それが、 お目当ての ロスコの他にも 思いがけず …

続きを読むread more

散歩ができる美術館だぁ♪

 第一印象が 「 気持ちのいい美術館だなぁ 」    エントランスで 少し 過ごしてしまったほど ステキな空間が広がっていました、 初めて訪れました、 和歌山県出身だのに (/ω\)  和歌山県立近代美術館 です。  エントランスの一角、 書籍を閲覧したり 休憩したり、、  彫刻作品も楽しめます。  …

続きを読むread more

桃源郷から桜の便り

 ここ数日、 どこの情報番組も 満開の桜と共に番組がスタートします。  カメラを引くと おびただしい数の人の流れが現れた 都内の 🌸 名所の花見風景に ドン引きしていたら、 深山幽谷のような里から 桜便りが届きました、 熊野から、、  和歌山県南部 熊野地域を流れる 古座川上流域の松根集落、 私も訪れたこ…

続きを読むread more

超ビックリ!故郷に列島の秘密

 昭和の、紀伊半島沖を震源とする 二度の大地震を 体験している父は、 「 地震がきたら 、どこに居ても すぐ山に登れ!」 と 言っていたものです。  同時に、南紀(熊野) は 岩盤が固いとも、そういえば 言っていました。  NHKで 放映された ≪ 列島誕生 GEO JAPAN ≫ のっけから 故郷 和歌山県 熊野地域の風…

続きを読むread more

幽玄の世界 「河内祭」の御舟行事

 ホタルの光が チラチラと舞う 茂みに覆われた小道を、 懐中電灯を頼りに 川原へと下りていくと、 かがり火の向こうに 川面を たゆたう 御舟が見えました。  和歌山県串本町 古座 「 河内祭 」 の 宵宮 でのこと 、、  華やかに飾りつけられた 三艘の御舟が、 古座川下流域にある 河内神社のご神体 「河内大明神」 の 小島…

続きを読むread more

涼風の お裾分け

 和歌山県南部、熊野の地域を流れる 「 古座川 」 から 涼風が届きました。  マイナスイオンに覆われる 清流域の涼やかなこと♪  古座川町 小川地区を流れる 古座川の川床は真っ白で、おまけに 艶やかで丸っこい岩が連なっています。  真っ白な岩肌を縫って、一気に落ちる エメラルドグリーンの滝は …

続きを読むread more

山桜の お裾分け

 広葉樹の自然林が でっかい綿菓子みたいに モコモコになってきました。  和歌山県 熊野の地域を流れる 古座川流域、 山深い 里山に咲く 山桜、、 満開です。  「17日の 古座川、 満開やで~」 って 贈られてきた 懐かしい風景。   いにしえより 桜といえ…

続きを読むread more

熊野からの春便り

 今朝、 全国ネットの情報番組は 桜前線の話題で 盛り上がっていました。  春爛漫な 話題に、 二度目の 桜前線も楽しめるなんて ちょっと 得した気分です。  映像を眺めていると 満開の桜の下に 身を置きたくなって、 この季節、無性に 懐かしさがあふれてくるのは、何年経っても 変わりません。  そんななか、 和…

続きを読むread more

鳶高く 紅葉ゆらいで カヌーかな

 深まる秋の清流を カヌーがいきます。  これ以上ないコンディション、 こちらまで清々しくなる風景です。  和歌山県南部を流れる 古座川の下流、月野瀬地区の辺りだそう、、  巨岩や奇岩も楽しめる古座川流域は カヌーが人気を集めているようです。  静かに悠々と流れる古座川は 環境に優…

続きを読むread more

晩秋の古座川

 和歌山県南部 熊野の地域から 深まる秋の風景が届きました。  清流 古座川流域の 秋景色です。  奥深い 山里の秋です。     知る人ぞ知る 古座川相瀬地区 《一枚岩》  国の天然記念物 高さ100m 幅500m の巨岩は 山一つ分。  実際に目の当たりにすると、その大きさは もう 笑うしかありません。…

続きを読むread more

秋景色のお裾分け・・ 哀愁とともに

 本土を襲った 台風18号の お見舞いメールの返信に 秋景色の画像が 添えられていました。  和歌山県 熊野の地域の、更に 山奥の僻地の、この地をよく知る彼女の哀愁とともに・・・  よろしければ、少し お裾分けなど・・・  紀伊半島南部の ほぼ中央に位置する 大塔山の麓を 源流として、熊野灘に注ぎこむ 清流「…

続きを読むread more

日曜日のわんこ

 朝 6時、ナナが そわそわと待っていたのは お父さん。  日曜日の朝は、お父さんが ナナを いつもより遠くへ 連れて行ってくれます。  ナナは 田んぼのあぜ道を歩くのが 大好き。  あっちからも こっちからも バッタが飛び出してきて ナナを誘うものだから、 あ~ 忙し! なかなか前に進めません。 …

続きを読むread more

小さな島の大きな歴史-紀伊大島-

            紀伊大島まであと一歩・・ 届かないのか 橋杭岩  昨晩、偶然 チャンネルを合わせた 「世界ふしぎ発見」 に 見覚えのある風景が流れていました。  日本とトルコ共和国が 友好を結ぶ きっかけとなった、和歌山県 本州最南端の町 串本町、 橋で繋がる 「紀伊大島」 を 紹介していました 。  陽光かがや…

続きを読むread more

最大瞬間風速70m・・・

 一日半 暴風域の中にいた、、  大きな大きな強風域の影響は 今朝まで残っていた感がある。  沖縄気象台は 昨夜、 県北部 国頭地区と 名護地区に 「過去に例のない大雨が降っている」 と 情報を発信して警戒を呼びかけた。  このような発表も 今までに聞いた記憶がなく、那覇から遠く離れた地域とはいえ 土砂災害も起こ…

続きを読むread more

琉球と熊野を引き合わすもの

 『 島たや 』  手に取り 思わず購入してしまったわけは この雑誌の特集のタイトルでした。  本州最南端、和歌山県の熊野の地域と、日本の最南端、沖縄県は黒潮で繋がっています。  和歌山県 串本町は、テーブルサンゴの北限として 日本で初の海中公園が出来たところです。   沖縄の海に乱舞する熱帯魚は、南紀の海にも 多…

続きを読むread more