テーマ:城(グスク)

比べてみても

「 サンエー浦添西海岸パルコシティ 」 に 沖縄初進出の ≪ レゴストア ≫ は、フロアに レゴブロックの作品を展示して 来客の眼を楽しませてくれていました。  一見、ブロックで作ったとは思えなかった 首里城です。  色といい、全体のバランスといい すごい完成度で、写真を撮らずにいられません。  そうだ 💡…

続きを読むread more

ひっそり閑と 知念城

 梅雨の終わりを思い知らせるかのように 朝から 雨です。 南城市までやってきました、訪れたのは 知念城址  亜熱帯の緑濃い植物が、雨で 一層の勢いを増して、 誰もいない知念城を護っていました。  鳥の声さえ聴こえません。 石積みが ただ 鎮まってあるのみです。  知念城は 12世紀末~13世紀にかけて築城され、…

続きを読むread more

継世門 今昔

 首里城の東側に位置する外郭の門 継世門 は 平成10年に復元されていたのですが、ずっと閉ざされていました。  門の向こうに 内郭の門 美福門 が見えています。  復元工事中だった御内原に繋がっていることもあったからか、継世門は 長く 開門には至りませんでした。  首里城の東側の 内郭と外郭の間…

続きを読むread more

絶景かな!首里城は魅せてくれる

 駐車場確保を懸念して 朝一番、 御内原 (おうちばら) の復元が完成した首里城に登城です。  プレオープンとして 1月28日~31日に限り、 御内原を 無料公開してくれました。  守礼門 をくぐり、歓会門 を 右に見ながら 右掖(うえき)門 に向かいます。   淑順(しゅくじゅん)門 をくぐって …

続きを読むread more

未だかつて見たことない眺めを

 いよいよ全公開です ≪ 首里城 御内原エリア ≫  御内原(おうちばら) は、国王のプライベートエリアのなかでも 特に 王の家族や女官達の生活エリアでもありました。  御内原エリアは 2011年から復元工事が始まり ≪ 黄金御殿 ≫ など 一部はすでに公開されています。  今回、御内原の中でも 正殿の真…

続きを読むread more

首里城の 新・無料エリア

 首里城正殿の見学ルートを経て 外に出てきました。  復元整備の工事現場が広がっていた 東のアザナ方向に 新たな公園が完成していました。  2017年3月に公開された 「北城郭東地区 」 です。  いちばん奥の高い石積は ≪東のアザナ≫  一見、普通の多目的広場のようですが、 とんでもない!  首…

続きを読むread more

ミラクル首里城

 首里城は、1923年(大12) の 取り壊し決定の折、 県外有識者たちの 保存に向けた スリリングな奔走が 取り壊しを食い止めた という 歴史を持ちます。  今年、首里城は 開園25周年の節目を迎えました。  もし、過去に 取り壊されていたとしたら、 今 首里の丘に 首里城は存在していなかったかもしれません。 …

続きを読むread more

130年前の首里城

 今朝の地元紙の一面には セピア色の首里城の画像が 大きく掲載されていました。  1881年~83年頃に撮影されたとみられる この写真は、 山形県米沢市 「上杉家所蔵資料」 の中から 発見されたと記されています。  1879年 琉球処分の後、 沖縄県の第2代沖縄県令として、1881年から 約2年間 在職した 上杉茂憲(も…

続きを読むread more

絶景かな、、首里城未公開エリア(2)

 ドラマ 「テンペスト」 の最終話で 今まで見たことのなかった 首里城からの眺望が映し出されました。  私は CGかも・・ と 綴ったものでしたが、 あの眺望が見られる場所がありました、、 首里城未公開エリアに・・  未公開エリア見学 参加者一行は 解説を受けながら 一般客が入れないエリアにやってきました。…

続きを読むread more

レアな見学会 首里城未公開エリア(1)

 日傘必須の 冬晴れの1月16日、 首里城から見る 那覇市内です。  首里城を訪れるときは、近頃は 市内バスを利用して、バス停近くの 《 木挽門 》 から入るのだけれど、早く着いたので 遠回りして 正規の見学ルートになる 《 歓会門 》 に向かった、、 これが まずかった。  まわりは 朝一だというのに団…

続きを読むread more

古城のあるところ

 ≪天空の城≫ など 城郭ブームの昨今ですが、 糸数グスク (南城市玉城字糸数) も 古城の魅力を十分に体感できる城跡です。  Google地図から頂いた画像です。  もともとは 大きなグスクだったのかもしれないですね、、 右に見える広場には 発掘の名残が残っていました。  画像では 遺構があるように見えま…

続きを読むread more

なんてカッコいいんだ 糸数グスク

 石積みを、グスクを見るなら ここでしょう、、、  かく言う私も 初めて訪れたのですが、 古えのグスクの気を (こんなのありましたっけ?) ガンガン感じたのでした。  こんなに カッコよかったんだ 糸数グスク。  グスクを目指していると すすき野のなかに いきなり 石積みが現れました。 …

続きを読むread more

首里城で拾った ちょっと お得な風景

 首里城正殿 二階、 赤漆に きらびやかな螺鈿細工が眩い 玉座のある 「大庫理(うふくい)」 の窓が 珍しく開けられていました。  御庭(ウナー) が見下ろせます、 「大龍柱」 は左の吽形。  王様が、執務の合間に休憩をとられた 「奥書院」 のお庭、 王様だけのお庭だったと 推測される…

続きを読むread more

首里城は入園者5000万人達成!

 明日で公開終了となる 「第18代 尚育王」 の 復元された 御後絵(おごえ=肖像画) を見に 首里城へ・・・  歓会門前で 偶然 遭遇したのは、開園以来 5000万人目を 迎える首里城の 一大イベントでした。  私は残念ながら すでに帰りの途についていまして、 滅多にない機会だから 野次馬に・・・ …

続きを読むread more

琉球王の存在感がギュッ!(4)

 首里城内、 琉球国王の居住区である 「御内原」 を 巡って、 二階部分で繋がっている 「正殿」 に 入ってきました。    琉球らしい 螺鈿細工が施された 美しい玉座の置かれた場所は 「御差床(うさすか)」 と 呼ばれます。  背後には 中国皇帝から贈られた 御書の扁額が掲げられています。 …

続きを読むread more

潜入! 首里城 「御内原エリア」(3)

 「御内原(おうちばら)」 と呼ばれる、 国王と その家族や、仕える女官たちが暮らす、男子禁制の 居住エリアの一部が 今年1月 公開されました。  「近習(きんじゅう)詰所」     「奥書院」    「黄金御殿(くがに うどぅん)」     「寄満(ゆいんち)」  南殿の二階から繋がる 「近習…

続きを読むread more

首里城正殿をマジマジ見たら・・(2)

 ここからが、首里城の有料エリア、 御庭(うなー) の はじっこに立って 正殿全景を撮影するのは自然の行動です。  今回は、正殿の真下まで 行ってやりましたっ!  ( いつもと違う目線で 首里城を見てやるんだっ )  こんなに 正殿に近づいたのも 初めてのような気がします。  【順路】 の 固定観念で 城内…

続きを読むread more

いざっ 首里城に登城にござります(1)

 我が家のベランダから望む 遥かなる首里城・・・  丘の上に連なる 赤い瓦の波が 徐々に増えているのは気づいていました。  四棟からなる復元建物が完成して 公開されたのは 今年1月・・・ やっと参上の時を迎えましてござります。  もう何度足を運んだかわからない首里城、 いつも 順路に流されて、気付けば出口! なのです…

続きを読むread more

キング オブ 城跡 「中城 」

 城跡に一歩足を踏み入れれば、誰でも 「うわぁ~」 と 感嘆の声を上げるのでは・・  標高160m、180度パノラマの空の下、美しいアーチを描く相方積みの石積みは、それだけで 大きな存在感をたたえています。  沖縄の数あるグスクの中で この中城(なかぐすく)が 私の №1です。  太平洋と東シナ海を見下…

続きを読むread more

知念グスクの城跡で・・

 「カフェくるくま」 の お庭の横の坂道を テクテクテク、、  しばらく下ります。  坂道から、更に 脇に延びる 細い坂を下りますと、現れるのは 「知念城(グスク)」  城跡です。  周囲ぐるりと、鬱蒼とした杜が グスクを取り囲んで、まるで 覆い隠しているかのよう・・・  本島南東部に位置す…

続きを読むread more

神秘のトンネル 玉城グスク

 数あるグスクのなかでも、創建当時の姿は ほとんど留めていないようなのに、インパクト大な グスクが 南城市にあります。  玉城グスク   東方楽土から渡ってきた 創世神アマミキヨ の 琉球の国造りのなかで 五番目に造られた御嶽と 伝えられています。  目を引く 自然石をくり貫いた丸い城門…

続きを読むread more

北山の要 「今帰仁城」

 世界遺産 「 今帰仁(なきじん)城跡 」  正面の石門 「 平郎門 」 を くぐってタイムスリップします。  この日は所用で今帰仁村へ・・  時間の都合で城内までは見学できず、数年ぶりなのに残念!  門の右手の チケット管理棟には 知る人ぞ知る 看板猫が いつも迎えてくれていて、 今日もい…

続きを読むread more

ぜいたくな、首里城 「中秋の宴」

 大陸に向かっているはずの台風19号が、不安定な天候と強風を いつまでも沖縄本島に届けてきます。  雨のぱらつく夕暮れ、空を見上げて悩んだ末に 一念発起して 重い腰をあげて出掛けた先は・・・ 首里城です。  毎年、中秋の名月を愛でながら古典芸能を楽しむ 「中秋の宴」 が催されるのです。    それが、なんと…

続きを読むread more

勝連城の命運 『護佐丸・阿麻和利の乱』 (2)

 国王の娘を妻に迎えるほどの 地方の豪族、 勝連城主 「 阿麻和利 (あまわり)」 は どんな人物だったのでしょう。  琉球王府の絵師の流れを引き継いだ  金城安太郎(1911-1999) が描いた    『 風雲児 阿麻和利 』  琉球の歴史書に、阿麻和利 の人となりが伺える記録があります。 …

続きを読むread more

絶景かな!勝連城 (1)

 頂上からは360度の景色を見下ろせる ここは うるま市勝連、 勝連城跡 です。  足場も良い とはいえない、急な勾配を ヨイショヨイショと 登りつめて望む太平洋は、達成感も相まって 何とも爽快な気分です。  1200年前後に築城されたとされる 勝連城は ユネスコ世界遺産に登録されています。 …

続きを読むread more

王様のプライベート、覗き見!

 復元に依って少しずつ往時の姿を甦らせていく首里城!  2008年に公開になった鎖之間(さすのま)と書院(しょいん)のエリアです。  伝統的な沖縄の住居と日本家屋を融合した印象の建物です。  この建物、同じ角度から撮られた戦前の古い写真に残されている建物とまったく同じです。  写真が残されている・・ …

続きを読むread more

~浦添歴史散歩~浦添城跡

 浦添は首里に遷都されるまで 琉球の王都でした。  海洋国 琉球の都にふさわしい良港 牧港(まきみなと)や、見晴らしのいい丘陵を抱えていたから、と 考えられています。  浦添(うらそえ)の古い呼び方は「うらおそい」  浦々を襲う (=支配する)という意味があります。  浦添城(うらそえグスク)は、首里城以前の琉球王国…

続きを読むread more