沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS  「新収蔵品展」で 沖縄今昔

<<   作成日時 : 2012/06/08 23:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像



 いつの頃の写真なのか、昔々の 円覚寺 
 首里城に隣接して在る、 琉球王国 第二尚王統の菩提寺です。

 総門の向うに 三門の楼閣が見えています。

 手前の参道は現在と変らないようです・・・  参道の周りには深い木々が茂っています。



画像



 こちらは現在の 円覚寺

 沖縄戦で破壊され 総門だけが復元されているのですが、返ってポツンと寂しげです。
 手入れの行き届いた植栽が 人の気配を封じているようにも見えます。



 上の モノクロ写真は、沖縄県立博物館 「新収蔵品展」 で撮ることが出来ました。

 基本、写真が撮れない博物館ですが、「新収蔵品展」 だけは 不思議と撮影OK♪


 よくよく見たら モノクロ写真の左手前には人力車が写っています。




 画像に写り込んだ人力車では ないのでしょうが、 そんな時代の人力車も展示されていました。



 キャプションには  −那覇の町で使われていた人力車−



 寄贈者は外国人です。  

 浦添市に広がる米軍基地 キャンプキンザー の中にある 「沖縄戦歴史資料館」 に保管されていたものだそうですが・・・

 たぶん、一点しか現存してないだろう 戦前のものがアメリカ基地内にあったとは、、 ちょっと複雑。

 
 気づけば、いろいろな想いを巡らせていた 新収蔵品展でした。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 「新収蔵品展」で 沖縄今昔 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる