沖縄〜 パライバブルーな季節風

アクセスカウンタ

zoom RSS 『大哺乳類展』 で感激してきた

<<   作成日時 : 2015/08/28 22:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像



 剥製作りは芸術だ と思って見つめた ≪リーチュエ≫ の姿
 中央アフリカの 水辺に生息しているんですって、、
 子供向けの展覧会と 思いきや、珍しい哺乳類を間近で見られることや、剥製になってくれたからこそ じっくり観察できることに感動してしまった 沖縄県立博物館 『 大哺乳類展 』





画像



 正面入り口で迎えてくれた ≪レオポン≫
 ヒョウとライオンの 実験的な交配で誕生はしたけれど、一代雑種であり 「種」 とはいえないのだとか・・
 遠く、遥かなサバンナを見つめているような視線に 剥製にも魂があったりして、、なんてね。





画像


 上野動物園の人気者、 この仔は その ≪ジャイアントパンダの リンリン≫ でした。






 ウシ科のツノを持つ仲間たち


画像




 ツノの生えようを こんなに眺めることはないです。
 中央アジア周辺に分布する ≪アルガリ≫


画像








画像


 多摩動物園の人気者だった ≪アフリカゾウの タマオくん≫ の骨格標本です。




 ネコ科の仲間のコーナーには ≪ライオンと ネコ≫ が 仲良く。


画像



画像





 血統種のブランド猫にいそうな、 手前は アフリカ生息の ≪カラカル≫
 奥は ≪カナダオオヤマネコ≫


画像





 最強の ツーショットは ≪ホッキョクグマ≫ と ≪ヒグマ≫


画像





 海の哺乳類の仲間たちは イッカクジュウ を除いて、すべて 沖縄の海で 捕獲されたものでした。
 沖縄の海は すごいんです。
 

画像




 剥製や骨格となって 永遠の存在となった たくさんの哺乳類、 私たちの仲間。


画像

                  ≪ハイイロオオカミ≫


 小さな子供が 「人形でしょ?」 と 可愛い声で 親にたずねていました。

 「 ううん、 動いてちゃ よく見えないから、よく見えるように 剥製になってくれたの、、 しっかり見て帰ろうね。」

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『大哺乳類展』 で感激してきた 沖縄〜 パライバブルーな季節風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる